社会人生活をしていると、なにかと頭をよぎるワードだったりしますよね。脱サラ。。。成功する確約があるなら、誰でも脱サラしたいものです。脱サラする方法もインターネットビジネスが急速に発展しているため、増え始めていますよね。
改めて、脱サラについて考えてみたいと思います。
脱サラとは、脱サラリーマンの略で、サラリーマンをやめ、組織に属さずに生きることを言います。脱サラで検索すると、メリットばかりが書かれていて、つい、脱サラしても成功してしまうんじゃないかと妄想が膨らんだりしますよね。
今回は、メリットばかりを強調せず、デメリットも含めて脱サラについて考えて頂ければと思います。
脱サラは、サラリーマンとは、メリット・デメリットがほぼ、逆転します。特にインターネットビジネスにおいては、世界を変え始めています。これほど影響力があるのに、今もなお定職でサラリーマン的生活を送るのが、素晴らしいとマスコミや国は働き方の多様化について、あまり真剣に取り組んでいません。

 

脱サラする前の心得

child-1183465_640

・リスクを恐れてはいけません。
・会社人間を逃げる人は、独立開業もうまくいきません。
・仕事を辞める準備をする。お金のあてがないのに、いきなり辞めるのは無謀。
・入ってくるお金より使わない
・フランチャイズ情報を集める。
・様々なビジネス、説明会、成功より失敗談を中心に情報を選別する。
・自分にあったやりがいある仕事を選ぶ。
・借金をとにかく減らし、余裕をもった資金計画を立てる。
・入念な事業計画作りが、脱サラ成功のカギ。
・成功するカギは、在職中の準備。
・信頼できる知り合いを見つけたりすることが重要。
・事業計画には6つのWと2つのHが必要「Why?」「What?」
「Where?」「Whom?」「When?」「Who?」「How To?」「How Much?」
脱サラするにあたり、どんなビジネスが世の中に溢れているのでしょうか。
人気のあるフランチャイズとインターネットビジネスに分けてご紹介します。

 

オススメ、フランチャイズ

    オフィスコンビニ

「オフィスの中にミニコンビニエンスストア」を作るという発想で着実に広がっ
ているビジネス。店舗を持たずに営業ができてしまう非常に効率的な仕組み。
 http://www.office-conveni.com/service.html

はんこ屋さん21

stamp-1415724_640

標準的なフランチャイズ店舗の月商で約150万程度という事もあり、決して大き
なビジネスではないものの、利益率が高く、需要の波が乱高下しない点が魅力。
 http://www.fc-hanko21.com/

 

 トレードカービュー中古車輸出業

メールや電話を通じて世界200カ国以上、45万人以上の自動車バイヤーと商談が
行え、インターネット時代の知恵と利便性をフル活用したビジネスモデル。
 http://biz.tradecarview.com/about/

 

オススメ、インターネットビジネス

 クラウドワークス

自宅に居ながら収入が得られるとして根強い人気の在宅ワーク。
 http://crowdworks.jp/

 

ランサーズ

近年副業や独立開業の助けになるサービスとして、急速に伸びているインター
ネット上の仕事マッチングサイト。
 http://www.lancers.jp/

 

ファンくる

様々な飲食店をまわってお店のサービスや味、雰囲気などを調査し、依頼主のア
ンケートに回答する仕事。いわゆる「覆面調査員」。
http://www.fancrew.jp/

比較的人気があり、急上昇中のビジネスをご紹介しました。
これらを踏まえて、脱サラのメリット・デメリットを押さえてみます。

 

メリット

achievement-1238472_640

・モチベーションが高まる。
・企業の奴隷(社畜)にならない。
・通勤ラッシュからの解放。
・時間の使い方が自由、人気のあの場所へ平日に行ける。
・月収の何百倍にも増やせる、夢がある。
・通常の社会人で知り得なかった、新しい出会いがある。

 

デメリット

疲れた犬

・毎月の固定給が約束されてない。
・稼げるまで時間・期間を必要とすることが多い。
・孤独との闘い。
・確定申告が面倒。
・クレジットカードなどが作りにくい。
自由を手に入れる以上、社会的な評価がまだ低くになることを予め理解したうえで行動しましょう。特に、切実な資金繰りにおいては、ローン関係も厳しくなります。住宅ローン、カードローンやクレジットカードは、脱サラする前に作るまたは見直すことを強くオススメします。

 

最後に

脱サラするかしないかは、最終的に自分自身または家族でよく話し合って進めることですが、やらないよりはやって後悔したほうが納得できるはずなので、もし、やると決めたなら入念な事前準備をしっかりしましょう。
これからは、「お金」より「心」と「時間」のゆとりが大事になる時代です。ゆとり世代がと言われた時期がありましたが、ぜひ、あなたの転機のきっかけが脱サラとしたとき、その先にゆとりが見える未来が描けるよう事業設計をして欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。