「Macって本当に良いの?」

Macを使ったことがない人はきっとこう思うでしょう。そしてMac製品に比べるとWindowsのパソコンは安いものも多くあるので、また新しく買うパソコンもWindowsにしようと思ってたりしますよね。

ちょっと待ってください。

 

僕も実際Macを初めて買う前は同じように思っていましたが、思いきって買って使ってみると感動ものでした。

そして使っていくうちにWindowsには戻れないと思うほどMacが使いやすいと思うようになりました。

と言っている僕はMacを初めて買って5年ほど経ちます。それ以前はずっとWindowsユーザーでした。

また、最近は仕事でWindows(バージョンは7と10)を使っていますが、Windowsを使ってみても、やっぱりMacの使いやすさがよくわかります。

プライベートで使っているApple製品は多く、iPhoneは6〜7年ほど使っていまして、それ以外はMacBook AirとiMacとiPadを愛用しています。

そんな僕が、実際にMacとWindowsを使ってみて感じたMacのメリットとデメリットを紹介していきます。

新しくパソコンを買おうと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

Macのメリット

1.デザインがカッコイイ

Mac

まず言えることはデザインがカッコイイ!

MacBookにもiMacにも言えることです。

スティーブ・ジョブズの妥協を許さないデザインの追求は本当に魅了されます。

そのデザインの追求はパソコンの内蔵機器から梱包パッケージにまで及び、買って初めてパッケージを開けるときにも感動を与えてくれます。

僕自身も初めて買ったのはMacBook Airでしたが、商品が届き、初めて箱を開け、生のMacBook Airとご対面した時はなんとも言えぬ感動を覚えました。

このように製品を手に取るだけで感動を与えてくれるものは数少ないでしょう。僕はこのデザインに惚れて買ったと言っても過言ではないほどです。

Macを買うか迷っている人はぜひこのデザインに触れて欲しいと思います。

macbook   macbook

 

2.洗練されたインターフェイス

macos_sierra

そのデザイン性はインターフェイスにも妥協を許していません。

直感的に操作ができるように計算し尽くされたインターフェイスにより、ストレスフリーに作業ができます。

普段ブログを書くときもとても作業しやすいので、書くことに集中できます。

Windowsは新しいOSが出るとインターフェイスがガラッと変わり、どう操作をすればいいのかわからなくなる時がありますが、Macの「OS X」は大きくインターフェイスが変わることもないのでアップデートしても使いやすい。

Windowsを長年使っていてMacになったら操作がわからなくなるという心配をしている人もいるかもしれませんが、その心配は必要ないでしょう。Macの操作にはすぐに慣れ、むしろWindowsよりも操作方法はすぐに分かるはず。

 

3.フォントがきれい

こちらをご覧ください。

font
出典:lifequest-blog.com

Windowsはカクカクした印象のフォントなのに対し、Macは丸みも表現されたきれいなフォントでとても見やすくなっています。

いろんなサイトを見比べてみてもWindowsで見た後にMacで見ると、なんだかサイトがきれいに見える。フォントなんてさほど変わったものじゃないだろってWindows時代には思っていましたが、Macのフォントを見てフォントの重要さに気付かされました。

それほどMacのフォントはとても見やすい。

ブログを書いていると特にフォントは気になるところなので僕はその点でもMacを買って正解だと思っています。

 

4.ウィルスに感染しにくい

これは単純に「Macだからウィルスにかかりにくい」というわけではありません。Macが良いとは言っても、世界的にOSのシェアはWindowsが約90%と圧倒的なので、ウィルスの対象となるのもWindowsが多くなってきます。

「ウィルスの対象とされにくい」程度と言えますが、Macはウィルス対策もしっかりしています。

Gatekeeperやファイヤウォールなど、セキュリティ関連の設定を有効にすることで、最低限ウィルス対策を行うことができます。

 

5.Apple製品との連携が快適

出典:www.macworld.co.uk

やはり同じ会社の製品だと連携は取りやすいですね。特にiPhoneやiPadを使っている方はMacとの連携はとても快適で便利に感じると思います。

iPhoneから写真をMacのパソコンに送る場合もAirDropを使って超簡単に送れますよ!

 

 

6.キーボードが打ちやすい

Mac_keyboard

これは人によって感じ方が変わってくるとは思いますが、僕はMac製品以外のパソコンとMacを比べると感覚的にMacの方が打ちやすいと思います。

「いやいやWindowsの方がいいよ」という人もいるとは思いますが、打感がMacの方が気持ちがよく、スイスイとタイピングができます。いいキーボードを買えばWindowsでも問題ないとは思いますが、Mac以外のデフォルトのキーボードだとミスタイプが多くなってしまうのです。

また、感覚の話ではありますが、Windowsのキーボードはタイプする時、押し込まないといけない感覚があり、Macは軽く押すだけで良いので、その点もMacの方が打ちやすいと感じるポイントですね。

 

7.トラックパッドが快適!

Magic-Trackpad

トラックパッドは主にMacBookで使用(iMacはMagicMouseかトラックパッドを使用)するものだと思いますが、これが革命的に便利なもの!パソコンがiPhoneのように自在に指で動かせるのです。

ただトラックパッドはApple製以外のノートパソコンでもついてますが、すごいのは精度の高さ!本当に思った通りに動いてくれます。

他社のトラックパッドも触ってみましたが、コンマ数秒の反応の違い、スクロールした時の流れが少しカクカクしているなど、感覚的に「うぅ〜ん」と感じるところがありました。

Apple製のトラックパッドは、より感覚的に操作できるのでぜひ試してみてほしいです。

触り心地もサラサラとした感触でとても気持ち良いです。トラックバッドの肌触り、操作精度の高さは実際に触って使ってみないと分からないところですが、ぜひMacを買おうかためらっている人には体験してもらいたいです。

 

8.持ち運びに便利

MacBook

これはMacBook Airに言えることですが、とにかく薄い!軽い!

僕はノートパソコンにMacBook Airを買おうと思った時は持ち運びやすさを考慮して、最も軽いMacBook Airの11インチタイプのものを購入しました。

これは本当に正解でした。

小さなカバンにもすっぽり入るのでどこに行くにも荷物になりません。

やはりノートパソコンは持ち運びやすくないと意味がないのでこれはかなり助かりましたね。今も旅行に行く時はMacBook Airは必ず持って行ってます。旅行先でブログを書くこともできるので非常に便利です。

ちなみに僕がMacBook Airの11インチがピッタリ入るフェルト製のケースを使ってますので、もしケースも検討されている人がいましたら価格も1,000円ちょっととお得なのでおすすめです。

 

9.Mac OS も Windows OS も使える

bootcamp

Macは、Boot Camp(ブートキャンプ)というソフトウェアでWindowsを入れることもできます。

しかし、逆にMac以外のパソコンでMacを入れることはできないのです。

僕はMacBook Airはブートキャンプを使っていませんが、(Windowsを入れるとメモリを食うので)メインPCであるiMacはWindows10を入れています。

こうやって両OSを使えるのもMacならでは。Windowsも使いたいという人はブートキャンプを使ってみると良いでしょう。

 

10.デスクトップを複数作って作業効率化できる

仮想デスクトップ

Macでの作業でとても便利に感じたのは、デスクトップを複数分けることができ(仮想デスクトップ機能)、デスクトップ1ではこの作業を、デスクトップ2ではこの作業というようにマルチ作業がしやすいという点です。

複数のデスクトップを切り替えるのもトラックパッドでシュッと一発でできます。

Windowsでは10になってやっとこの仮想デスクトプ機能ができましたが、正直作業しやすいとは言えません。機能としては同じでも、操作はしづらいです。

一番驚いたのは、デスクトップ1でExcelのファイルを開いていて、別の作業をしたいと思い、デスクトップ2を作ってそちらで別作業で使用するExcelファイルを開こうとしたら、勝手にデスクトップ1に戻ってそこで開くのです。

デスクトップ1でExcelファイル1が開かれた状態で、デスクトップ2でExcelファイル2を開きたいのに、デスクトップ1でExcelファイル1も2も開かれてしまい、結局また操作してExcelファイル2をデスクトップ2に移すというアクションが増えてしまいました。

仮想デスクトップ機能に限ったことではありませんが、Windowsでは所々でストレスに感じる操作の無駄が出てきます。

 

Macのデメリット

ここまでMacのメリットを紹介してきました。Macにはまだまだ底知れぬ魅力がありますが、やはりデメリットもあります。

Macのパソコンを購入しようか考えている人はこの辺りも考慮に入れた方が良いでしょう。ここからは僕が感じるMacのデメリットを紹介していきます。

 

1.価格が高い

やはり押さえておきたいMacのデメリットは価格の問題ですね。Windows搭載のノートパソコンは安いのであれば2〜3万円ほどで買えますが、Macのノートパソコンは安いものでも8万円を超えてきます。

決して安いものではなく、いや、正直言うと高い!ノートパソコンにしては高い買い物ですよね。僕も買うかどうか迷った時はこの価格がネックでした。

しかしMacのパソコンはやはりそれだけの価値があると言えます。もし価格で悩んでいるならAppleの整備済み製品というのを見てみてください。

 

【整備済み製品とは】

Apple認定整備済製品とは、Appleの厳しい整備プロセスを経て販売される、新品ではないApple製品です。

(出典:Apple Store ご利用ガイド

この整備済み製品だと少し安い価格で新品同様の製品を手に入れられるのでおすすめです。壊れているわけでもないし、傷があるわけでもないので安心して使うことができます。

僕はMacBook Airをこの整備済み製品で購入しました。

 

2.電池の減りがはやい

Mac充電

Macは結構電池の減りがはやいです。iPhoneやiPadよりも電池の減りは早い。

これは開いているアプリの数や液晶の輝度によっても左右されてくるものですが、気がつけばすぐに30%程度まで消費してしまっているので慌てて充電をしています。

Apple Storeによると最大9時間持続するバッテリーだと書いてありますが、いろいろ作業をしているとまずそこまではもたないです。なので外へ持ち運ぶときは充電器必須ですね。

 

3.ソフトウェアやツールはWindows対応のものがかなり多い

世界のOSのシェアはまだまだWindowsが圧倒的で約90%ほどはWindowsが使用されています。やはり多くの人が使っているからこそ、ソフトウェアやツールもWindows対応のものが多く、Macには対応していないというものも少なくありません。

もちろんWindows対応のツールで人気なものはMacでも対応されていたり、Macでほとんど同じ機能のツールが作られていたりします。

ですがそれでもやっぱりWindows対応のツールは圧倒的なので、その点はMacから見るとデメリットとなるでしょう。

 

4.カスタマイズ性の高さならWindowsが◎

windows

Macはとても操作しやすく、便利でサクサク動いてとても良いですが、パソコンを長く使っていくと考えると、自分なりにカスタマイズしたくなることもあるでしょう。

また、自分で自由にカスタマイズしていきたいというパソコン上級者もいますが、やはり自由にカスタマイズできるのはWindowsです。MacのパソコンはApple独自の規格で作られているので、それに沿って作業をするのであれば最高のパフォーマンスを発揮できますが、その型にとらわれず自分なりのものにしていきたい場合には、Windowsを選ぶと良いでしょう。

 

5.パソコンでゲームをするならWindowsが◎

ゲームをしない人であれば関係ないかもしれませんが、もしパソコンでのゲームが趣味の人はWindowsの方が良いでしょう。

Macはゲーム向きではありませんし、そもそもゲームはWindowsでたくさん作られ、Windowsでのプレイが前提となっています。

 

まとめ

いかがでしたか。パソコンはもはや一世帯に一台は持っているほどです。価格とスペックとを考えてコストパフォーマンスの良いものを選びましょう。

Macを検討している方で、すでにiPhoneを所有している人なら特にMacにしていただいた方がiPhoneとの相性もよく、最大限パフォーマンスを発揮できるのでおすすめですよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

11件のコメント

  1. chieofmomonga様
    コメントを頂き、ありがとうございます。
    不快な思いをさせてしまったようで申し訳ございません。
    私が個人的に感じたことを書いたまでですのでお気になさらないようお願いいたします。

  2. 私は、先月 macを購入しました。若葉マークです。今も解らないまま興味だけで操作していますが、windowsの方が慣れている分使いやすいと思いますが、何故かmacを使っています。プライベートで使うなら確かに面白いし画面も綺麗で楽しいですが、仕事では、あまり使いたくありません、価格も割高です。しかし買って良かったと思っています。ちなみに私は、スイートはlibraofficeを使用しています。

    1. suikamann様
      コメントありがとうございます!
      確かにWindowsに慣れている方は初めのうちはMacの操作は分かりにくいかもしれませんね^0^;
      プライベートだけでもMacを使っていると徐々にMacの魅力に気づいていくんじゃないかとも思います!
      これからも両方使っていくのが良いと思いますよ!
      貴重なご意見ありがとうございましたm(_ _)m

  3. ゆづる様
    貴重なコメントいただき、誠にありがとうございます。
    ゆづる様のおっしゃる通り、僕はパソコンに関して全くの素人です。
    素人の僕なりの意見ですので、詳しいゆづる様には全く参考にならなかったかもしれませんね。
    参考にならなかったとしても大変貴重なコメントを頂けたことに感謝致します。
    パソコンに関してもう少し勉強しようと思います。
    ありがとうございました。

  4. 素子様

    貴重なコメントをいただき、ありがとうございます。
    素子様のおっしゃる通りです。
    私の以前持っていたWin機のスペックが悪かったようです。
    とても為になるコメントを頂けたことに感謝致します。
    もっとしっかりとした記事を書けるよう精進して参ります。

  5. 僕はWindowsユーザーで、Macは使ったことがありません。
    いま僕はデザインの勉強をしていて、転職のためならMac環境にも慣れておきたいと思い、Macへの乗り換えを検討しています。
    賛否両論あるみたいですが、Macのメリット・デメリットをわかりやすく説明して下さり、とても参考になりました。

    1. Roland様
      コメントをいただき、誠にありがとうございます。お役に立てたようでとても嬉しいです!
      Macを購入されましたら、ぜひとも楽しいMacライフを送ってください!

  6. かなり昔、G3とか言ったようなマッキントッシュのノートを買って以来、価格設定に支払い能力が追い付かず、その後ずっとウインドウズノートユーザーをしておりました。最近になって久しぶりに買ってみようかと思い、検索してみてここに来ました。ビジネスのデータをプライベート環境に持って来れた大昔と違い、今はウインドウズ環境がプライベートに必須と言う訳ではないのと、iphoneユーザーであることと、相変わらず魅力ありそうなので、macbookを買ってみようかと思います。

  7. macなどlinuxなどはターミナルを使用したい場合かなり敷居が低くなる点が最大のメリットです、しかしexcelなどwordなどの機能も低いのが最大のデメリットです。Windowsのメリットは安い値段で高機能なPCが買えるのと初心者でもわかりやすく、ビジネスでよく使われてるexcel,word等、拡張機能、ゲーミング機能などがしっかり機能します。デメリットを上げると普及してるためウイルスに狙われやすいです(しかし、そのため情報も手に入りやすい)、プログラミングをする場合は異常に環境を作るのが難しい等、使ってると遅くなってくるなどいろいろあります。

コメントを残す