パソコンの周辺機器といえばマウスやキーボードなどがメインでこれまではHDDなどがスタンダードでした。しかしそれ以外にも近年ではたくさんの周辺機器が発売されているようです。

今回は特に仕事の能率をアップしてくれるようなPC周辺機器をピックアップして紹介します。気に入ったものがあれば、ぜひご自身で手にとってみてください。

 

データ共有の主流?「NAS」

大容量データもこれで安心?

出典:www.amazon.co.jp

PC周辺機器といえば、多くの人は一番に思い浮かべるのが「データの外部保存」についてではないでしょうか?

かつてはUSBメモリだけで問題ないと思っていた人も、いつの間にかストックしておきたいデータが増加し、人によっては数テラバイトものデータを保存しておきたいと思う人も今や多数派といえるほどになってきました。特に仕事に関するデータならば、しっかりと保存先を考えなければならないものでしょう。

大容量のデータを外部保存するといえば、まず思いつくのが「buffalo」や「IO-DATA」などのHDDですが、近年はNASと呼ばれるネットワークハードディスクが台頭してきています。NASはPCだけでなくスマホのデータも簡単に保存できるので、仕事でどちらの機器も使っている人にとって、データの保存が非常にやりやすくなりました。

 

そもそもNASとは?

そもそもNAS(Network Attached Storage)とは、ネットワークに繋いでデータをやりとりするハードディスク(ネットワークハードディスク)ですから、パソコン自体がなくてもデータにアクセスすることができることが大きな特徴といえるでしょう。

これまで主流だったHDDはUSB経由でPCと繋いでいたわけですが、NASはLANケーブルで接続することが主で、既にネットワーク上に組み込んだ状態のNASに対してこちらのパソコンからLANで接続するのが主な使い方になります。

ですからこれまでパソコンと直接USB接続で繋いでいたときに生じる可能性のあった幾つかの問題(こちらのパソコン側の都合によってデータの転送に時間がかかる場合があったことや、HDD内のデータが破損する危険があったことなど)を回避できるという意味でも安全性と利便性が高まったといえます。

またパソコンではなくNAS自体にアプリを追加することが可能ですから、今後ますますネットワークとしての利便性が高まっていくことが期待されるでしょう。

 

HDDとNASの具体的な違い

ではより具体的に、パソコンに内蔵されているHDDやUSBで接続する HDDではなく、NASを導入する利点について考えてみましょう。

まず挙げられるのはNASとして独立して動いているので他者とファイルを共有する場合でもわざわざこちらのパソコンを使う必要がないということでしょう。HDDの場合は、結局パソコンは起動したままにしておかなくてはなりませんが、NASはパソコンからすれば外部ネットワークに組み込まれているようなものですから、アクセスするのにこちらのパソコンの電源を常時起動する必要がないのです。

また既に説明しましたが、パソコンと直接USBで接続するよりもデータの転送という面で安全性が高いですし、そもそもHDDで収まらないほどの大きな容量のデータを保存しておくことができますので、これまでの外付けHDDでは満足できなかった人もNASを導入することによって大容量のデータを安心して保存しておくことができます。

特にビジネスで扱う大容量のデータがある場合、アクセスのしやすさでも安全にデータを保存するという意味でもNASの方が安定しているといえると思います。

 

機器同士の連携を「マルチデバイスキーボード」

これ 1台で全てに対応!

keyboard
出典:www.amazon.co.jp

今ではPCだけでなくスマートフォンやiPadなどの機器で仕事をこなす人がどんどん増えています。それに伴ってパソコンと同じ感覚で使えるキーボードの需要が高まってきたといえるでしょう。パソコンの扱いに慣れている人は、どうしても普通のキーボード操作の方が作業がはやいと感じることが多いようです。

そういった外付けのキーボード1台でパソコンだけでなく、スマートフォンなどの機器も操作したいという人のための「マルチデバイスキーボード」が近年売り上げを延ばしています。全てパソコンと同じ感覚で使えますから、タッチ操作で文字入力するよりも素早くかつ正確な入力ができるでしょう。またこれまでデバイス毎にキー配置が違ったりして混乱している人もいましたが、その必要もなくなりました。

人によっては入力するデバイスを切り替えるためにわざわざ接続先を変えるのは面倒だと思い込んでいるかもしれませんが、現在はBluetoothを利用してすぐに接続先を切り替えるものが主流ですから、そういった問題は生じないでしょう。

 

いつでもどこでも仕事ができる

また複数のキーボードを目の前に並べるといったことも不要ですから、置き場所にも困ることはありません。

有名どころとしてはエレコム「TK-FBP067IBK」やロジクール「Bluetooth Multi-Device Keyboard K480」などがおすすめでしょう。特にロジクール製は「K780」なども便利で、テンキーがしっかりついていたり、またキーボード自体にiPadなどの機器を立てかけられるような仕様になっているので出先でも複数台のモバイル機器で簡単に作業をすることができます。

キーボードにお金をかけない主義の人も多いですが、仕事で毎日お世話になっていて商売道具といっても過言ではありません。ぜひこの際に少しお金をかけてこういった商品を導入してみてはいかがでしょうか?少し値は張りますが使い勝手の良い商品ばかりです。

 

作業中のデータを守る「無停電電源装置(UPS)」

急な停電による悲劇から守る


あなたも一度ぐらいは作業の途中で停電になってしまい、パソコンに保存していなかった作業分がダメになってしまった・・・という経験はないでしょうか?
ノートパソコンならばそういった問題は起きませんが、デスクトップで作業中の停電は本当に怖いものです。場合によってはパソコン自体が故障してしまうことも・・・。

誰もがこういった電源が落ちてパソコンが止まってしまったという経験があるはずです。また停電でなくても何かの拍子に電源プラグが抜けてしまってパソコンが落ちてしまったりすることも誰もが一度や二度は経験があるのではないでしょうか?

昔は皆、こういった事態は仕方がないものだと諦めていたものですが、近年ではこのような問題を解決してくれる強力な周辺機器が登場してきました。

それは「無停電電源装置(UPS)」と言われるものです。これ1台あれば、たとえあなたの家が職場で停電になったとしても、あなたのデスクトップ上の大事なデータを牛なくことなく安心して作業ができるのです。

 

UPSとは

そもそもUPS(無停電電源装置)というのは、突然起こる停電や機器への入力電源に何らかの異常が発生した場合に、電源供給先の機器に対してメイン電源の代わりに一時的に電力を供給し続けることによって、特にパソコンなどの機器や作業中のデータなどの保護をはかることを目的として製作された装置全般を指します。

つまりはじめから「停電対策」あるいは「電源異常対策」としてつくられた装置なのです。パソコン周辺機器というよりも電源異常対策用機器と表現したほうがいいかもしれません。
要は急な停電などが起こっても、必ず一定時間は変わりに電力を供給してくれる機器ということです。

ただし、あくまでも「ほんの僅かな時間」だけ代わりに電源を供給してくれる安全対策のためのものですから、停電が復旧するまでずっと電源を供給し続けてくれるわけではありませんので注意が必要です。もし停電が発生してこの機器が作動したならば、速やかに作業中のデータを保存してパソコンの電源を切るべきでしょう。

 

デスクトップパソコン以外でも大活躍!

値段は5,000円~15,000円程度で現在はたくさんの種類のものが発売されていますが、基本的にどれも「停電対策」としての機能はしっかりしていますからどれを選んでもしっかり役割を果たしてくれるでしょう。特にオムロン社製のものが種類が豊富なようです。

人によってはパソコン以外のブルーレイレコーダーに導入していたり、先ほど紹介したNASの停電対策として使うなど様々な機器の保護に使っている場合もあるようですので、万が一のために気になる機器に導入するのもおすすめです。

あなたがビジネスでデスクトップを使用しているならば、あなたの作業データは会社にとっても価値の高いもののはずです。ぜひ大事なデータを日常的に扱っている人はこの機器を導入してみてはいかがでしょうか?

 

意外と便利?「フットペダルスイッチ」

最近の流行りは足で操作!?

フットペダルスイッチ
出典:www.amazon.co.jp

これまで様々なパソコンへの入力機器が登場してきましたが、最近は「足」でパソコンの操作が可能な「フットペダルスイッチ」なるものが登場してきたことはご存知でしょうか?
これを導入してデスクの下などの配置することで、両手に加え両足でもパソコンの制御ができるようになりました。きっと驚かれる人も多いはずです。

当然、どの操作を足に割り当てるのかも決めることができますし、足のほうでマウス入力を代替させることもできますので、やり方次第では作業の効率を格段に上げることができます。実際、同時に様々な作業が要求される人でこの機器を導入している人は決して少なくないようです。また、パソコンのゲームでも重宝しているようですね。

ちなみにその使い道やパソコン環境に応じて3台まで増設することまでできてしまいますので、さらに複雑な作業をすることもできるようです。そこまでの同時作業を要求される仕事が果たしてあるのかわかりませんが・・・。

人によってはキーボードのショートカットを代替させたりしている場合があるようですし、たとえば3つ以上のキーを同時入力する必要がある場合は非常に重宝するようですので、そういった作業を行う必要がある人は導入してみてはいかがでしょうか?

 

マウス操作が快適に「ワイヤレストラックボール」

今ではスタンダード?

ワイヤレストラックボールマウス
出典:www.amazon.co.jp

近年ではいかにパソコン上でスムーズな動きが実現できるかがマウスを選ぶための基準となってきているのではないでしょうか?

特に長時間パソコンを使う場合には手が疲れてしまったりするものですし、またカーソルの移動で手首などが疲労することもあります。そんな悩みを解決してくれるマウスがいわゆる「トラックボールマウス」です。これは比較的有名な商品で種類も豊富ですので一度は見たことのある人もいるのではないでしょうか?

簡単に説明すると、このトラックボールマウスは本体の横に付加されている大きな「ボール」を動かすことによってカーソルを制御します。ですからマウス本体を上下左右に動かす必要がありませんので、これまでマウスを動かす場所が確保できなかったような狭いスペースでも作業ができるようになりました。

当然、それ以外の操作もマウス本体を動かす必要がないので場所に難儀することはありません。手首を動かさなくてもこれまでのマウスと同じ操作を楽にすることができるのです。細かいことのように思えますが、長時間パソコンで作業する人にとっては有難い話ではないでしょうか?

こういった細かい部分で快適さを実現していくことが、私たちが周辺機器を選ぶ基準だったりするはずです。

 

まとめ

いかがでしたか?一口に周辺機器といっても、実に多種多様な製品が存在します。使い方によってはPC作業の効率を上げてくれますし、スマートフォンやiPadで作業を分担して、簡単にデータのやりとりを出来たりと、工夫次第で作業効率を格段にアップできるでしょう。

こういった周辺機器は毎年のように新しいものが登場していますから、ぜひ定期的にチェックしてみてください。

 

この記事を読んだ方は下記の記事もおすすめです!

Amazonで買える!おしゃれなPCケース4選 | NET BIZA
Amazonで購入できるおしゃれで機能性が高いパソコンケースを紹介します。   PLEMOノートパソコンケース PCスリーブ15-15.6インチ 丈夫なポリエステル繊維の層と柔らかい毛織地で傷防止や衝撃吸収性に…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す