ブログ書いてますか?

ブログを毎日か2日に1回くらいの頻度で更新していると毎日がブログの更新作業かネタ探しに必死だと思います。

僕も毎日のようにパソコンに向かって記事作成に取り組んでいます。

すぐに書きたいことが決まっていてスラスラと筆が(タイピングが)進めば良いのですが、そんな日ばかりではないと思います。

んー何書こうかなーって思いながら無駄にネットサーフィンしちゃったりして1時間が過ぎ、2時間が過ぎ…

こんな不毛な日もあるかと思います。

そんな時はGoogleキーワードプランナーを使っていわゆるお宝キーワードを探すと良いと思います。

お宝キーワードとは検索数が多いにも関わらず競合性が低い(検索上位を狙いやすい)キーワードのことを言います。

今回は「何書くか決まらない!」って人、「書くことは決まっているけどタイトルが決められない!」って人のためにGoogleキーワードプランナーの使い方を紹介していきます。

ブログを運営していく上でキーワードは重要な要素ですのでぜひ参考にして頂ければと思います。

 

「Googleキーワードプランナー」とは?

まずはGoogleキーワードプランナーについて。

これはGoogleが提供しているツールの一つで、知りたいキーワードが月間でどれだけ検索されているのか、そのキーワードではライバルが多いのか少ないのかなどの情報を知ることができるものです。

ブログで記事を書く時、タイトルには1つ2つキーワードを盛り込むことでSEOにおいて有利と言われています。

なので記事を書く時、ある程度書きたいことが決まっているなら、キーワードプランナーで検索上位を狙うキーワードを見つけ、タイトルを決めるというような流れになります。

また、書くことが決まっていないのならキーワードプランナーでどんなキーワードが良いかリサーチしてから書くことを決めるというやり方もあります。

お宝キーワードというのは結構多くあります。

それを見つけるとしっかりとした質の高い記事を書けば比較的すぐに検索上位に表示させることが可能なので、アクセスアップにはお宝キーワードを一つ一つしっかり狙っていくことが重要なのです。

そんなお宝キーワードの探し方にもつながるので次からキーワードプランナーの有効的な使い方を紹介していきます。

 

「Googleキーワードプランナー」の使い方

細かく使い方を見ていきましょう。画像も使って説明していきますので、使い方に慣れたらバンバンキーワードを検索していきましょう。

その前にキーワードプランナーを使うには、Google Adwords(グーグル・アドワーズ)のアカウントを持っておく必要がありますので、まだの人はここから登録をしておきましょう。

>>Google Adwords

 

1.キーワードプランナーを開く

Google Adwordsにログインしたら上のナビゲーションメニューの中から「運用ツール→キーワードプランナー」をクリックしてキーワードプランナーを開きましょう。

スクリーンショット 2015-05-28 16.42.05

 

2.キーワードを検索する

キーワードプランナーを開いたら、オプションの中の「新しいキーワードと広告グループの候補を検索」を選びましょう。

一番上の入力欄 (宣伝する商品やサービスの欄)に検索したいキーワードを入力しましょう。

右下の「キーワードオプション」の設定を開いて、「入力した語句を含む候補のみを表示」をオンに切り替えましょう。

これで 候補を取得をクリックしましょう。

追記 2015年5月30日

キーワードプランナーのホーム画面が少し変わりました。

キーワードを入力する場所が「新しいキーワードと広告グループの候補を検索」から、

「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリをを使用して新しいキーワードを検索」に変わりました。

スクリーンショット 2015-05-28 18.30.28

スクリーンショット 2015-05-28 16.58.02

 

3.キーワードの検索結果を並び替える

試しに「ダイエット」で検索をかけてみました。

検索結果は下の図のようになりましたが、注目すべきは「月間平均検索簿ボリューム」「競合性」という2つの項目です。

「月間平均検索ボリューム」はひと月の間にどれだけそのキーワードでGoogle検索がかけられているのかを示しています。

「競合性」はそのキーワードでの競争具合を示しています。「高」「中」「低」の3段階で表示されますが、競合性が高いものは検索上位に表示させるのは難しいキーワードと言えます。

素晴らしい記事を書いたとしても検索結果のトップページに出てくるのは数ヶ月〜1年以上はかかるか、もしくはライバルがひしめき合っていて表示されない可能性も大いにあります。

ブログを始めたばかりでいきなり競合性の高いキーワードを狙うのはちょっと冒険しすぎです。

野球を始めたばかりなのにプロ野球の入団テストを受けるようなものです。

まずは競合性が「低」になっているキーワードでコンテンツを作っていき、アクセス数を上げていくのがセオリーと言えます。

スクリーンショット 2015-05-28 18.45.49

 

「競合性」の項目部分をクリックすると降順・昇順に並べ替えることができます。

1回クリックすると降順となり、競合性が高いものから順に並び、2回クリックすると昇順となって競合性が低いものから並びます。

昇順にすることで競合性の低いものからズラァーーっと見ることができます。

これで月間検索ボリュームも見て検索数の多いお宝キーワードを見つけやすくなります。

スクリーンショット 2015-05-28 19.05.23

最初に入力したキーワードの関連したキーワードが出てきますので、また別のキーワードを打ち込んで競合性を並べ替えればまた別のお宝キーワードを見つけることができます。

 

4.キーワードフィルタでさらに細かく

必要に応じてキーワードフィルタで細かい設定をしましょう。

キーワードフィルタは左のメニューバーにあります。

スクリーンショット 2015-05-28 19.21.36

 

例えば、平均月間検索ボリュームを「≧ 1000」とすれば検索ボリュームが 1000以上のキーワードのみを表示してくれます。

この状態で競合性を低いのから並べれば検索数がある程度多くかつ、検索上位を狙いやすいキーワードばかりが表示されます。

これでどんなキーワードを狙おうか探しやすくなります。

書くことがなくなったらこの方法で調べると、「あっ!これで書こう!」と思うキーワードが出てくるはずです。

 

まとめ

今回はGoogleキーワードプランナーの使い方について紹介しました。

いかがでしたか?

結構ブログを書いている方はキーワードプランナーを利用して狙うキーワードを特定しています。

キーワードプランナーをうまく使って、検索上位表示を目指しましょう。


SPONSORD LINK