あなたは会社からのお給料で満足していますか?

おそらく満足している人は一部の大企業に働いている人だけでしょう。

お給料は良いのだが激務過ぎるという人もいるかもしれませんね。

多くの人は「もう少し収入があればなぁ」、「もう少し贅沢できたらなぁ」と思っています。

月収15万円の人も月収100万円の人も、もう少し、もう少しと考えます。「欲」というやつですね。

ということで今回は「収入の増やし方」について紹介していきます。

ブログ自体のタイトルにもなっていますのでこういう記事も必要かと思いました。

今回は収入の増やし方を大きく分けて「副業」「投資」と分けました。

次から細かく見ていくことにします。

 

副業で収入を増やす

office-614273_640

やはりてっとり早く収入を増やすのには副業ということになります。

副業とはその通り、本業とは別にビジネスを持つことです。

分かりやすいのは芸能人ですね。

芸能人の方でテレビ出演以外に、焼肉屋だったり居酒屋だったりラーメン屋だったりを経営している人は多くいます。

テレビでは副業していると言っていますが、実際は副業と言っている方がかなりの収入になっていたりもします。

どっちが本業なのか、というよりも、どちらも真剣に取り組んでいる本業なのかもしれません。

しかしサラリーマンには副業禁止規定があるところも少なくありません。副業ができない人も多くいます。

でもそんなサラリーマンでもこっそりと副業している人もいますね。

どんな副業をしているのでしょうか。

 

1.アルバイト

一つはアルバイトですね。すぐに取り組めますし、収入を増やす手段としては簡単です。

昼間はサラリーマンの仕事をして、夜は居酒屋のアルバイトだったり、早朝に新聞配達をやったりと、空いた時間をアルバイトに充てる人は多くいます。

実際サラリーマンの4人に1人は副業としてアルバイトをした経験があるというほどです。

本業に支障が出ない程度にアルバイトでちょっとでも収入を増やすことは良いことだと思います。

 

2.ネットビジネス

一昔前から副業としてネットビジネスに取り組むという人が多く出てきました。

ネットビジネスは自宅で空いた時間に、しかもパソコン1台で仕事ができるというのがとても副業に向いている点だと言えます。

行なうビジネス内容にもよりますが、初期費用がほとんどかからないことも利点ですね。

しかし、ネットビジネスは始めたからと言って収入が増えるとは限りません。ここに注意が必要です。

始めて何ヶ月にもなるのに1円の収入にもならないという人も大勢います。

お小遣い程度でも稼げるようになるまでは相応の行動量が必要となってきます。

アルバイトでしたらほとんど時間給なので1時間なにもしなくても1000円前後がチャリンと加算されます。

それがまとめてアルバイト給料として支払ってくれますが、ネットビジネスとなると自分がビジネスオーナーになるので、うまくいけばそれなりの大きな収入に、うまくいかなければ収入はなしという状況になってしまいます。

時代にも合っていてとても始めやすいネットビジネスですが、始めるのも簡単なら辞めるのも簡単です。

簡単に辞められるので、数ヶ月やってみて1円にもならないから辞めるという人が多すぎるのです。

ネットビジネスを副業として始めようと思っている人は決して舐めてはいけません。

いちビジネスなので真剣に息を長く続けることが肝要と言えます。

ネットビジネスにも数百種類の方法があるのでググってみると良いでしょう。

 

投資で収入を増やす

euro-641911_640

次に副業とはちょっと違う、投資をして収入を増やす方法を見ていきましょう。

「投資」とは、「お金を生み出す買い物」になります。

逆に「お金を生み出さない買い物」は「消費」ですね。

お金を持っている人は「投資」をするのか、「消費」をするのかでその先の収入が変わってきます。

お金を持っている人というのはなにも金持ちというわけではなく、月収15万円の人でも給料日になると15万円のお金を持っていることになります。

その15万円をどちらに使うのかで変わってくるのです。

15万円を「自分へお金を運んでくれる何か」に使うのか、贅沢品や嗜好品につぎ込むのかで未来が変わってきます。

贅沢品を買ってその一瞬だけ満足し、またお金がないお金がないと言い出すのです。あわれです。

では「投資」にはどういうものがあるのかを見ていきましょう。

 

1.株式投資

「投資」と言って代表的に思いつくのが株だと思います。

実際に株でサラリーマンのお給料以上を稼いでいる人もいます。

しかし、注意して頂きたいのは株はハイリスクハイリターン。やってみようかなと思ってパッとやってみてうまくいくことは稀です。

株式投資をするにも知識とスキルが必要になります。

まずは株に関する知識を得るところから始めるべきです。

知識を得るために書籍を購入したりするのは「投資」と考えることができます。

ただ、書籍購入しても大して読まずにいるなら「消費」となります。同じものの購入でも「投資」になるか「消費」になるかはその人次第となります。

 

また、株への投資は自分の余剰資金から出すことを心がけましょう。

生活に必要なお金から出してしまっては失敗したときに失うものが大きいので、余剰資金から出すようにしましょう。

 

2.国債

国債とは国が発行する債券(借金)のことです。

国債は株とは違ってローリスクローリターンな投資方法になります。

国が財政破綻でも起こさない限り損をすることはないと言っていいでしょう。

また、国債の中でも個人向け国債というのは1万円程度の少額からでも国債投資を行なうことができますので、比較的取り組みやすい投資方法の一つです。

定期預金よりも比較的高めの利回りが期待できるのも特徴です。

 

3.FX

ネットビジネスの中でもFXに関する情報が商材として販売されていたりしますが、ここでは投資方法の一つとして紹介しておきます。

FXは外国のお金を売買し、為替の変動による差額で儲けを得る投資方法です。

こちらはハイリスクハイリターンの投資方法と言えますが、堅実なやり方であれば比較的ローリスクでも行えます。

諸外国のお金が対象となりますので国が潰れない以上買ったものの価値がゼロになることはないと思います。その点が株とは違う点と言えます。

株は会社の業績に左右されるので持ち株の会社が潰れてしまっては株券は紙くずになってしまいます。

FXも知識と経験を必要とする投資方法となりますので書籍などである程度知識を得てから取り組むのが良いでしょう。

 

4.不動産賃貸

不動産は資産運用コラムでも多く取り上げられる投資方法ですね。

アパートやマンション、ビルなどを所有することで賃貸収入を得られる形です。

お金持ちの人が行なうイメージですが、最近は決して高い年収とは言えない人も銀行からお金を借りて不動産投資を行なうケースが増えています。

賃貸収入から定期的に銀行へ返済を行なっていく形ですね。何年かかけて返済し、返済し切ったらあとは全て自分の収入となります。

不動産関連の知識は複雑なので多くの勉強が必要となります。

成功すれば自分は遊んでいても海外旅行をしていてもお金が入ってくるのでまさに「不労所得」と言えます。

 

5.駐車場運営

不動産賃貸と似ている部分がありますね。

土地を持っていても建物を立てるには適さない土地を駐車場にすることでお金を生み出すシステムを作っています。

この投資方法も成功すれば不労所得となりますのでぜひ知識として知っておきたい投資方法です。

お金が多少かかってしまいますが、「運営委託」をすることで本格的な不労所得を目指すことができます。

やはりどの時代でも土地を持っている人というのは強いですね。

 

6.コインランドリー運営

梅雨の時期は特にお世話になりますね。コインランドリーの運営をするのも投資の一つです。

アパートやマンションなどの賃貸収入も魅力的ですが、コインランドリーは立地条件に左右されずに立てることができるのです。そこが魅力の一つですね。

また、比較的初期費用も抑えられ、知識が少なくても始めやすいのが特徴と言えます。

 

まとめ

お金はあるに越したことありませんが、収入を増やすのって難しいですよね。

お金が出て行く道を作るのは圧倒的に簡単ですが、お金が入ってくる道を作るのは決して簡単にできません。

だからこそ日々の思考を支出ばかり向けるのではなく、収入の思考に変える必要があります。

自分がどういう知識があってどういうことができて、それをお金に変えることができるのかを考えなければ、収入は増えません。

もちろんお金なんてどうでも良いという人なら何も言いませんが、それで貧乏を愚痴るのはやめてほしいものです。

お金がないお金がないと愚痴るくらいなら、ちょっとでも収入の増やし方を考えてみましょう。

 


SPONSORD LINK

コメントを残す