現在企業に勤めている人のなかには、そろそろ独立して自分のビジネスをやってみたいと考えている人もいるかもしれません。

事実として、会社を興すには至らないけれど、温めてきた自分のアイデアを事業にしてみたいとか、あるいは手に職をもっているので個人として仕事をしていきたいと思っている方は、近年増加傾向にあるといいます。ですがその一方で、独立前には知る由もなかった現実に直面して苦しんでいる人が沢山いるという現実があるのです。

そこで今回は、個人事業主の実態と、実際に独立するにあたって気をつけるべき点について紹介するとともに、どういった「覚悟」が必要となるのかお話したいと思います。

個人事業主・フリーランサーは人気!?

個人事業主やフリーランスが注目されるワケ

laptop-1246672_640

一般的に、個人事業主という立場は、企業に属することなく一個人で仕事を請け負いながら生計を立てる人のことであるのは、皆さんもよくご存知でしょう。いわゆる「フリーランス」と呼ばれる人も個人事業主のカテゴリーに入ります。あくまでも個人として仕事をしているわけです。

特にインターネットが一般的なインフラとして確立された近年、ネット環境を利用して個人事業主として独立する人も増えています。特に個人でWEB制作やライティング業に携わる人は目に見えて増加したといえるでしょう。企業に勤めながら、副業としてこういった事業に携わっている人も多くいます。

 

好きな時間に好きな仕事ができる?

人それぞれ独立した理由は様々あると思いますが、特に近年では「自分の好きな仕事を好きなやり方でやりたい」という理由が多いのではないでしょうか?
個人事業主・フリーランスというスタイルを好む人の多くは、このような「時間的自由」を念頭に置いていることが多いのです。

しかし、そういった自由な印象とは違い、このような仕事のスタイルには「企業人」とは違った「現実」があることを覚えておく必要があります。それに実際に個人で仕事をしてみなければわからないことが沢山あります。

そういう事情を知った上で、独立という選択肢について自分なりの覚悟が必要となることを覚えておく必要があるのです。

 

思い描いた生活は実現するか?

個人事業主の「理想」と「現実」

keyboard-1628579_640

実際は、冒頭で述べたような「願望」のために独立して個人事業主になったにもかかわらず、企業人であった頃に思い描いた生活が実現できずに後悔している人も少なくありません。

より厳密には、自分の理想としていた状況が、実際には予想もしていなかったところから裏切られてしまったと感じる人が沢山いるということです。

特にWEB系の仕事に従事している個人事業主ならば、自宅や出先でもパソコン一台で仕事ができるという人は多いと思いますし、他の業種でも場所や時間に囚われずに仕事ができ、自分のプライベートタイムを大事にできると思い描いている独立志望の人は、今も増え続けています。

しかし残念ながら、そういった人々の多くは「常に仕事に追われている」状態になっているのです。

確かにそのような理想的な生活を実現できている人も多くいますが、たいていの独立志望者は、実際に独立した後、常に時間や仕事に追われる生活になってしまっているのです。

 

多くの個人事業の実態

仕事に追いまわされる人々

smartphone-1684636_640

彼らは自宅でも、外出先でも、場合によっては休暇で訪れた先でもパソコンなどで仕事をし続けています。まるで締め切りを過ぎて担当の編集者に追い回される作家のように、どこにいっても仕事に追いかけられてしまっているのが実態なのです。

個人事業主やフリーランサーのほとんどは、独立前には企業に勤めていたという人がほとんどだと思います。そういう人々は企業内で「仕事」をしてお給料を貰って生活していたはずです。

毎月、あるいは毎年決まったお給料のもとで決まった仕事をするのが企業人ですから、経済的に安定はしていますが、多くの独立志望者の人が望むように、自分の好きなライフスタイルで仕事をすることは難しいでしょう。

それに対して個人事業主は、自らが働けば働くほど収入は上がりやすいわけですが、逆に言えば常に働き続けていなければ収入が止まってしまうということです。ほとんどの個人事業主・フリーランサーがこのような状態だといえるでしょう。経済的には不安定だということです。

 

社会インフラが仕事に追われる人々を量産している!?

特にネット環境の発達によって、どこにいても仕事ができてしまう社会になりました。今の時代、町の図書館やカフェ、あるいは駅の待合室に至るまで、本当に様々な場所で仕事に追われている人を見かけます。

自分がいなければすぐに収入が止まってしまう状態である限り、たとえ病気になっても休むことができないことさえあるかもしれません。万が一過労などで倒れてしまえば、途端に無収入になってしまうのです。

 

「仕事」ではなく「ビジネス」をする覚悟こそ必要

まずは一番の「原因」を知ること

notebook-1587525_640

これが多くの個人事業主の置かれている現状です。
それでは、このような状態から抜け出して、自分の思い描いた生活を実現するためには、具体的にどうすればよいのでしょう?

実は、こういった生活を強いられることになる一番の原因は「自分だけが必死に仕事をし続けなければ、ビジネスが運営できない」という状態になっているからです。

この「ビジネス」という考え方が、個人事業主では非常に重要です。

個人事業主の仕事は「ビジネスを運営すること」です。企業人ならば自分に任された仕事だけをこなせばいいわけですが、事業主はそうはいきません。事業に関わるありとあらゆることを個人で責任をもたなければなりません。あくまでも自分でビジネスの全責任を持つという「覚悟」が必要となるのです。

 

ビジネスは「こなす」のではなく「設計」するもの

ビジネスの「システム化」こそが重要である

monitor-1307227_640

そして個人事業主にとって何よりも重要なのは、自分のビジネスをしっかりと「作り上げる」という視点です。人によっては「事業のシステム化」といったり「起業家になる」と表現する人もいます。

収入源が自分のビジネスだけである事業主にとって何よりも優先しなければならないのは、継続的に売り上げを得ることのできるシステムを作り上げることなのです。そのためにはお客さんやクライアントを惹きつける「マーケティング」が事業主にとって最重要の仕事となります。

 

事業主の最優先の仕事は「マーケティング」

マーケティングとは「お客さんに自分の商品やサービスの価値を認めてもらい、購入してもらう仕組み」のことです。多くの成功している事業主はこの部分に最も力を入れており、他のビジネスの要素はなるべく外注したり自動化したりして自分の労力を減らしているのです。

逆に、常に仕事に追われている事業主は、ビジネスに関するあらゆる要素を自分でやろうとしてしまっています。その結果、常に時間に追われているにも関わらず、思うように売り上げが上がらずに四苦八苦しています。一番重要なマーケティングに集中できていないからです。

そして、ビジネスの工程において、常に自分自身が作業をし続けなければならない状態から脱却することを考えなければなりません。そして最終的には、自分がいなくてもビジネス自体が自律的に売り上げをあげられるように「設計」するのです。思い描いた理想の生活は、その「先」にあります。

 

あなたのビジネスを見直してみよう

もし、あなたが今、個人事業主やフリーランサーとして独立を考えているのならば、この視点を重要視しなくてはなりません。
あなたは仕事を「こなす」人ではなくて、ビジネス全体を「設計」する人なのです。それを忘れないようにしましょう。

そして今現在事業主として活躍されている人は、自分のビジネスを見直してみましょう。そして他人に任せた方がよいところはないか探してみましょう。
あなたに必要なのは、職業人としてだけでなく「起業家」としての覚悟なのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SPONSORD LINKS

コメントを残す