FXを始めて最初の1~2年はなかなか利益を出せずに苦しむ人は少なくないでしょう。経験と知識の蓄積によりその壁を乗り越え、3年目くらいからようやく軌道に乗り始め、徐々に利益が出始めた!と喜びたいところですが、ある一定額以上の利益が出始めると、税金を払わなけばなりません。利益が出たらすぐに得たお金を使いたくなるかもしれませんが、税金のことも考慮に入れてお金を使いたいところですね。

 

FXの税率

income-tax-491626_640

FXの税率は、2012年1月1日の取引以降、雑所得として申告分離課税の対象となり、所得額にかかわらず、税率は一律20%(所得税15%、住民税5%)と決められています。
結構高いですよね。ちなみに株も同じく20%の税率が課せられます。
その税金は、確定申告によって徴税されますので、一定額以上の利益が出た方は年度末に確定申告に自分で行くことをお忘れなく。サラリーマンの方は会社で確定申告がありますが、FXなどの雑所得は別途自分で確定申告に行く必要があります。
確定申告の際に提出する取引証明書類は、だいたいどのFX会社も用意をしていると思いますが、「期間損益報告書」を利用することになります。1月1日から12月31日までの1年間の取引利益がいくらになったか、「期間損益報告書」で確認してみましょう。

 

課税対象の条件

dollar-exchange-rate-544949_640

先ほど「一定額以上の利益が出た場合に課税対象となる」と書きましたが、その一定額は人それぞれに異なります。ほとんどの方は下記のどちらかの例に当てはまると思います。
①給与年収が2,000万円未満で、FXでの利益が年間20万円を超える方
②給与所得が無い方で、FXでの利益が年間38万円を超える方
要は、普通のサラリーマンであれば20万円以上の利益で、主婦や学生であれば38万円以上の利益で、課税の対象となります。(お金持ちの方は1円の利益でもすぐに課税対象になります。しかし、お金持ちの方は課税も気にすることないくらいお金持ってますので、何も気にすることはないですね。)
また、その金額には、為替利益の他にスワップ利益も含まれますのでご注意下さい。
一方で、確定申告対象期間終了日時点で、決済していない(ポジション保有中の)含み損や含み益は金額の計算には含まれませんので、この点もご注意下さい。

 

知って得するFXの税金

さて、ここからは知って得するFXに関する税金3連発です!

必要経費

まずは必要経費について知りましょう。
雑所得では必要経費が認められるので、FX取引で得た利益にも必要経費が認められることがあります。たとえば、FX取引の勉強をするために購入した書籍代、FX取引のために購入したパソコンの費用などが必要経費と認定される可能性があります。詳細は所轄の税務署にお問い合わせください。

FXに関連する出費があれば、念のため領収証を集めておくことをお勧めします。私はそれを知るの遅すぎて、領収証を残しそびれてしまいました。

 

損益通算

entrepreneur-696969_640

次は損益通算が可能ということ。
FX取引は、取引所に上場されている日経225miniなど先物取引、オプション取引との損益通算が可能です。

例えば、FX取引で50万円の利益、日経225miniで30万円の損失が生じた場合、FXで得た利益から、日経225miniの損失を差し引くことにより、20万円が課税対象額となります。
ただし、株式や投資信託によって生じた損益と通算することはできないようです。

 

過去損失の繰越

さいごは、繰越控除が可能ということ。
繰越控除とは、その年に控除し切れなかった損失を翌年以降に持ち越すことができるというものです。その年に発生した損益と取引所に上場する他の先物取引、オプション取引と損益を通算し、その年に受けられる控除額を差し引いても損失が出ている場合、確定申告することでその損失額を翌年から3年間繰越控除できます。
ただし、3年間に利益と相殺し、損失額がゼロになった場合は繰り越せず、相殺して利益が発生した場合の利益に対して課税されます。また、損失額を4年目以降に持ち越すことはできません。

例えば、年間のFX取引の損失が200万円、その他の利益が100万円で差し引き100万円の損失が発生している場合、その年に控除しきれなかった損失100万円分については、確定申告することで翌年から最高3年間に渡って損失を繰り越すことが出来ます。

翌年から毎年40万円の利益が発生した場合では、1年目と2年目の利益は、それぞれ繰り越した損失と相殺することが可能で、いずれも課税されません。3年目は、残り20万円の繰越損失を相殺した20万円の利益が課税対象となります。

 

最後に

私もそうでしたが、「少しくらいなら確定申告行かずに税金払わなくてもバレないでしょ」と思われる方は多いのではないかと思います。FX口座をお持ちの方は分かるかと思いますが、口座作成時にマイナンバーや免許証などの身分証明書を提示しています。その情報を元にFXの利益も筒抜け状態です。なので、「少しだから」と思わずに確定申告には必ず行きましょう。
2012年3月9日、シンガポール在住の会社役員がFXで稼いだ所得を確定申告せず、約1億4000万円を脱税した容疑で逮捕されました。この様なことにならないように、皆様気を付けて下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。