ブログを運営している人は画像をどこから取ってきていますか。

Googleで画像検索して?

「ちょっと待った!」

それは使っていいでしょうか。

ネット上の画像にも著作権というのが存在するのでGoogleで出た画像を使うのはよろしくありません。

ここでは、ブログ運営者に向けた画像を使う上での注意点と、僕が実際に使っていておすすめできるフリー画像集サイトを紹介していきます。

 

画像を使うときに気をつけること

ブログに画像は必要なものですが、どこから画像を引っ張ってきているかを気にしていますか?そこでまずは使える画像と使えない画像を確認しておきましょう。

 

使ってはいけない画像

まず使ってはいけない画像を説明していきます。特には著作権の関係で使ってはいけない画像があるので、ここは注意が必要です。

【使ってはいけない画像】

  • 他のサイトで使われている画像
  • ロゴやサイト名が書かれている画像

基本的に他のサイトで使われている画像はそのサイトの管理者が独自に引っ張ってきた画像だったり、撮影したものだったり、加工した画像だったりする可能性が高いので使用NGです。

ロゴやサイト名が書かれている画像は著作権があることをしっかり主張しているものなので使うのはこちらも使うのは避けましょう。

主にGoogleの画像検索から引っ張ってきたものは他のサイトの画像なので、どうしても使いたい場合は、相手に使用許諾を取る必要があります。

許諾を取る際は、そのサイトのお問い合わせページから、

「当ブログで◯◯という記事内で△△という形で貴サイトの〜〜の画像を使わせていただきたいのですが〜……」

といった内容のメッセージを送るのが一般的です。

 

使っていい画像

使っていい画像はこういった画像です。

【使っていい画像】

  • 自分で撮影、作成などして、著作権が自分にある画像
  • ロイヤリティフリーの画像
  • クリエイティブ・コモンズの画像

自分で作成した画像というのは自分のカメラなどで撮影してきた写真であったり、画像編集ソフトなどで作った画像のことです。自分で作ったものなら著作権は自分にあるため、使用して全く問題ありません。

「ロイヤリティフリー」とは、画像を自分で使用する際の使用料金を払う必要がないものと考えてOKです。(他人に貸したり売ったりするのはNG!)

事前に取り決められた使用許諾範囲内であれば、知的所有権に関する追加の使用料(ロイヤルティー)の発生が免除されている著作物や技術のこと。

 

勘違いしてはいけないのは、「ロイヤリティフリー」の画像は著作権がないものという意味ではないことです。

ロイヤリティフリーの画像にも著作権があります。あくまで、「正しい使い方なら使用料なしで自由に使えますよ」というものであることが理解しておきましょう。

ではここから実際に僕が利用しているフリー画像集サイトを紹介していきます。

 

僕がおすすめするフリー画像集サイト

1.pixabay

pixabay
出典:pixabay.com

こちらはパブリックドメインの画像集サイトです。

「パブリックドメイン」とは著作権の期限切れのことで、これらの画像も自由に使うことができます。

日本語でも検索でき、商用利用もOK、画像のクオリティも高いので非常に使い勝手が良いサイトなのでおすすめですよ。

僕もpixabayの画像をかなり使っていますので、一番お世話になっている画像サイトと言えますね。

 

また、WordPressを利用してブログを行なっている人なら、pixabayはプラグインも用意されているのでこちらもおすすめです。WordPressの記事執筆画面内でpixabayの画像検索を行うことができ、そのまま画像挿入もラクラク行えます。

詳しい操作方法などは下記の記事にまとめていますのでぜひ参考にしてください。

画像挿入が格段に楽!プラグイン「Pixabay images」はとりあえずインストールしとけ! | NET BIZA
ブログを書くときって画像入れるの結構面倒くさかったりしませんか? 記事に合う画像を画像サイトとかから探してきて保存し、WordPressとかのブログシステムにアップロードして挿入… 1記事に1枚とか2枚くらいの画像なら別…

 

2.IM Free

IM Free
出典:imcreator.com

こちらも商用利用OKな無料画像サイト。個人的にはサイトデザインが好みでよく使っています。

画像もクオリティの高くてデザイナーチックなものが多く、使い勝手が良いですよ。

カテゴリ分けされているので欲しい画像を探しやすいのも特徴です。

 

3.Free Images

free images
出典:www.freeimages.co.uk

こちらもカテゴリ分けが細かくされていて探しやすいサイトです。英語表記なのが若干見づらいかな〜と思いますが、慣れれば問題ないでしょう。

画像のクオリティは高いのでこのサイトもお気に入りにしておくと良いですよ。

 

4.every stockphoto

every stockphoto
出典:www.everystockphoto.com

こちらも海外のフリー画像サイトなので英語表記ですが、きれいな画像が多くあるのでおすすめです。検索にも英語を用いる必要がありますが、画像の数が多いのが最大の長所ですね。

ベストな画像がきっと見つかるはず。

 

5.PAKUTASO(ぱくたそ)

pakutaso
出典:www.pakuktaso.com

こちらは日本のフリー写真素材サイトでです。もちろん日本語表記であり、カテゴリも分かりやすく分けられていて非常に使い勝手がいいですよ。

画像はクールでデザイナーチックなものというよりは、サイトの中で使いやすい場面を切り取った画像を多く取り揃えています。

知名度もあり、最近では「あれ?このサイトのこの画像ぱくたそのかな?」と思うようなこともちらほら。

それほど人気のあるサイトということですね。

 

6.photo AC

photo AC
出典:www.photo-ac.com

商用利用も可能で自由に使えるフリー画像サイトです。

会員登録が必要ですが、画像の種類も豊富でぜひ押さえておきたいサイトの一つと言えます。

使い勝手の良いサイトなので、お気に入りに入れておいていつでも見られるようにしておきましょう。

 

7.写真素材 足成

ashinari
出典:www.ashinari.com

こちらは風景や人物の写真などが豊富にあるフリー画像サイト。会員登録などをしないで使えるのが嬉しいところですね。

人物の画像は、細かい動きの違いや表情の違いが揃えられているのでかなり重宝するサイトと言えるのではないでしょうか。

カッコイイ画像というよりはありのままを撮った写真であるので、自分で画像加工をして味を変えてみるのも良いですね。

 

まとめ

いかがでしたか。著作権と聞くと「うっ!」となってしまいそうですが、しっかりと知識を持っていれば大丈夫なので、フリー画像サイトを存分に使って、より見やすいサイト作りをしていきましょう。

また、良いサイトが見つかれば追記で更新していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SPONSORD LINKS

コメントを残す