ブロガーが世の中に誕生してから、すでに10年以上が経過しています。
その間に本当に様々なタイプのブロガーが誕生し、ブログを利用してビジネスを成功させた人も少なくありません。

しかし世の中に存在する多くのブログには、あまり読者にも恵まれず埋もれてしまっているのが現状ではないでしょうか?
特にビジネスブログの場合はしっかりとビジネスに結び付けなければならないので、見込み客である読者がつかないブログは存在意義がないといっても過言ではありません。

そこで今回は読者からの反応を得られるブログを執筆するためのコツを紹介します。

 

ブログの「目標」を決める

何のためのブログなのか?

今現在ブログを運営している人も、これから始めようと考えている人でも、何のためにブログを書こうとしているのか「目標」が明確になっているでしょうか?

特にビジネスでブログを活用したいと考えている人は、それによってビジネス上の何を達成しようと考えているのかを明確にする必要があります。
数え切れないほど存在する他のブログに埋もれないようにするために、あなたがブログで書く文章は、できるだけより大きな「目標」とリンクしていなければならないのです。

たとえばビジネスブログでは、ブログ自体をマーケティングツールとして利用することがほとんどだと思います。

新製品の認知を高めたり、あるいは情報コンテンツを紹介したり、売り上げに繋げるための無料レポートを提供したり・・・。そういったプロモーションの要としてブログを活用している起業家やビジネスパーソンも多いのではないでしょうか?

いずれにせよ、あなたはそういった目的のためにブログを書いているはずです。その目的を達成するために、あなたの文章はどういう役割を果たすべきなのかについて、あなた自身が明確にする必要があるのです。

 

アイデアを反映させる

ブログに書くための文章が何のためのコンテンツかを明確にしたら、次にブログの想定している読者について考えなければなりません。
より具体的には、あなたの書く文章が「なぜ読者にとって重要となるのか?」を考えてみるのです。

あくまでもあなたのブログの価値は読者が決めるものです。それがビジネスに利用されているのならば、どの価値を決めるのは見込み客である読者なのです。

彼らの支持を得られるならば、あなたのブログへの反応は良好なものとなるはずです。逆に、読者の共感を得られるものでなければ、当然、反応率は巷に存在するほとんどのブログと同様にほとんどなくなってしまうでしょう。

 

読者はどうしてあなたの文章に目を通す必要があるのでしょうか?
この質問に対する答えは、あなたのブログの存在意義を示すものでもあります。あなたが読者に受け取ってもらいたいメッセージは何でしょうか?

ビジネスの目的は「価値の提供」ですが、あなたのブログも読者に対して価値を提供しなければなりません。あなたは読者にどういう価値を提供することができるのでしょうか?この質問をあなたのブログに投げかけ続けてみてください。

そして同じ質問を何度か繰り返してみるのです。そのたびにあなたの文章の方向性が明確になっていき、あなたが読者との繋がりをどうやって構築するべきなのか、徐々に明らかになってくるでしょう。

 

どんな構成にするのか?

「ソース」をできるだけ明確にする

繰り返しますが、あなたは目的があってブログを書いているはずですし、そのために読者に対して明確な価値を提供しなければならないことも自覚しているはずです。
では、あなたの読者に伝えたい主張を裏付ける客観的で信頼できる根拠とは何でしょうか?つまり、あなたの提供する情報の「ソース」は何か?ということです。

具体的な事例やデータ、体験談、格言、時事ニュース・・・そういった読者を納得させる情報源を探してみましょう。そういった情報ソースに裏打ちされた文章ほど、読者の納得や共感を引き出しやすくなります。

 

そういった情報をもっていないという人でも、読者に自信をもって提供できる「事実」があるはずです。即ち、あなた自身の経験や体験談です。
特にあなた自身が過去に乗り越えてきた試練や、そこから得た教訓などはそれを経験したことのない人にとっては価値ある情報となります。あなたが自分自身の話をすれば、読者との距離を縮めることができるはずです。

そしてそういった経験に加えて、それを裏付ける客観的な統計や事実はないか探してみましょう。あなたの主張を補強する科学的なデータや統計があれば、読者のあなたの主張への信頼感はアップします。

もしくは、あなたと同じような成功体験・失敗談をもつ人はいないか探してみましょう。特に有名な人でそういった経験をしている人がいれば、調べてみてもよいかもしれません。そういったことも考えながら、あなた自身の体験を語ってみましょう。

 

論理的かつ感情的に

これまで述べてきたような、あなたが読者に伝えたい主張を的確に提示するにはどういう構成がよいのかを考えてみましょう。
ビジネスブログならば積極的に体験談を紹介していくのもよいでしょうし、読者があなたの主張の重要性に気づくような質問を投げかけるのもよいでしょう。

そのストーリーに最も適した形式を選んだら、文章全体の構成を考えてみるのです。
ポイントは論理的に、要点がよく伝わるような構成に

ただし、単に事実をわかりやすく述べただけでは共感される文章にはなりません。
読者の心を動かし、記事に共感してもらうには「その人に向けた文章」を心がけなければいけません。

ポイントとしては、読者をあなたの語るストーリーの登場人物であるかのように書くことです。理想をいえば、読者があなたの語る物語の情景をありありと思い浮かべられるようにするのです。あなたの提示する問題意識について、読者がまるで自分のことのように考えられるようにするわけです。

読者が文章に気を惹かれる一番の要素は「自分に関係があることかどうか」です。あなたはブログに読者を巻き込まなければなりませんが、読者の方から積極的に関わってくるように文章という武器を使って惹き付けるのです。

 

下書きしてみる

はじめは下手でいい

巷に溢れる多くのブログのほとんどは文章の下書きをしていません。

しかしあなたの下書きを何度もブラッシュアップすることで、読者の反応を得る文章へと変えていくことができます。むしろ初稿は下手な文章でも構いませんから、自分の言葉でしっかりと書くことです。読みやすさや文法の正しさなどは後から修正すれば問題ありません。とにかく書いてみることです。

場合によっては、少し時間を置いてから自分の文章を見直してみるのもよいかもしれません。そうすることで、あなたの文章に対する見方にある程度の客観性が加えられ、どのように整えていけばよいか考えられるようにもなります。

そして初稿にさらに磨きをかけながら、どのように文章を料理すればよいかさらに検討を加えます。この時点では、あなたのなかである程度の見込みができているはずです。それをもとに、あなたの想定している読者が共感し、読みたいと思うように文章を整えていきましょう。

 

タイトルや見出しも重要

ブログで最も重要なのは「何を書くか?」「どんな内容が扱われているか?」ということであり、決して「うまい文章」や「巧みな表現手法」などではありません。
しかし読者の目を惹き付け、読み始めてもらうためには「見出し」に対する工夫もそれなりに必要となります。

特にタイトルは慎重かつ時間をかけて検討しなければならないでしょう。
あなたが読者にどのような価値を文章で提供しているのか端的に表現し、読者がなぜあなたのブログを読まなければならないのかを理解させる重要な要素がタイトルです。

 

いわゆる「煽り文句」にする必要などありませんが、あなたが想定している読者が気になった読まずにはいられないようなタイトルにするかしないかでは、結局反応率に大きな違いが出てきてしまいます。

たとえ本文がすばらしい内容だったとしても、タイトルがありきたりで面白くなければ、なかなか読んでもらえるブログにはならないのです。

しかしタイトルと本文との間に整合性のないものにしたり、明らかに「誇大表現」と思われないようにしなければなりません。
決して読者が「騙された」と思うようなことのないように、しっかりとブログ全体の価値を認識してもらえるようにする必要があります。

 

体裁を整える

読みやすさを考えて

下書きが完成したら、もう一度文章が読者の読む気をそそるものであり、魅力的に映っているか、読みやすく親しみやすいものになっているか確認しましょう。
段落などは適度にまとめられていて、適切な見出しがつけられているでしょうか?

たいていの場合、行間が狭く冗長な文章は読者に小難しい印象を与えてしまい、敬遠されがちです。あなたは論文を書いているわけでもなければ書籍用の文章を書いているわけでもありません。

ブログは読みやすさが非常に重要であり、読者にとっては「リズミカルに」読めることがとても大切なことなのです。そのため適度な行間や改行は欠かせません。無意味に長い文章や回りくどい表現は避け、要点を簡潔に述べるようにしましょう。

そして実際に文章をアップしてからも定期的に見直してみることも重要です。

 

ただの宣伝ツールにするのはNG!

ブログはビジネスにとっては有効な販促ツールであることは間違いないでしょう。
しかしだからといって、販売目的だけのメッセージをブログとして投稿することは避けるべきです。

前項で述べた「タイトル」にしても、あからさまに「売り込み」を連想させるようなものであれば、たとえそれまであなたのブログを読んでいた人ですら読むことを躊躇してしまうかもしれません。

あなたはあくまでも「読者にとって信頼できる情報源」である必要があります。ただのセールスパーソンとして認知されてはいけないのです。

繰り返しになりますが、優れたブログの条件のひとつは有用な知識や経験を読者に提供するものであるか、あるいは悩める読者に解決策を提示するものであることです。そういった情報が読者にとっての価値となるわけです。

そういった解決法や改善策を通じて、読者との間に信頼関係を構築することがブログの目的であるといっても過言ではないのです。
ブログを利用したあからさまな売り込みや営業によって、読者との繋がりを断ち切ることのないように注意しましょう。

 

まとめ ~あなたの提案・提言は?~

あなたのブログは有益な「情報源」としての地位を確立させる必要があります。

事実、大企業であっても情報提供者としての立場を築くことこそが成功の秘訣だといわれているのです。あなたが個人でブログを運営しているにせよ、企業人としてビジネスブログを執筆しているにせよ、その秘訣に変わりはありません。

ブログを通じて読者の生活にどのような価値を与えられるのか考えてみましょう。
あなたの提供する情報がどう使われ、いかにして読者の生活に活かされるのか。その視点を忘れずに日々のブログの執筆に取り組みましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す