ブログというサービスが誕生し、普及され始めた頃は「インターネット上で書く日記」といったイメージであった人も少ないだろう。

実際、私もブログというものに興味本位で飛びついたのは高校生の頃だったが、その時書いていたのは毎日の何気ない日常だった。

そして現在でもブログは日記という形で利用している人は多い。

芸能人などはブログにプライベートの載せることで、見る人は普段テレビでは見られない姿を見ることができる。

 

しかし、ブログというものはビジネスに大いに活用することができる。

アフィリエイトという広告媒体として利用し、収入を得る。

非常に参入しやすいビジネスであるだけにブログアフィリエイトを行っている人はかなり多い。

そして稼げないと言って辞めていく人もかなり多い。

 

中にはとても良いブログを書いているにも関わらず、収入に結び付けられないと嘆く人もいる

諦めてしまった人も少なくないだろう。

これは非常にもったいない。

 

そこで、ここではブログアフィリエイトを始めようと思っている人、ブログをやっているけど収入にはなっていない人に向けた、

「ブログを収入に結びつける方法」を紹介していく。

ぜひ全て実践して、あなたのブログを「お金を生み出すブログ」にして欲しい。

なおここではブログの書き方などではなく、ブログをビジネス化(収益化)するための戦略について紹介する。

 

1.最も重要なのはコンテンツの質

diary

ブログで収益をあげる前に大前提としてコンテンツ(記事)はしっかりとしたものでなければならない。

これを疎かにしては次に進めない。いわば土台のようなものだ。

中身がしっかりしていないものは収益に結び付けられない。

従ってコンテンツの質にはしっかりこだわって欲しい。

 

良質なコンテンツとは、このようなものを指す。

  • 読む人が欲しがっている情報がある
  • そこでしか読めない、得られない貴重な情報がある
  • 読むことで悩んでいることを解決できる、または手助けとなる。

これらのような内容の濃いコンテンツで満たされたブログであれば、自然に被リンクが生まれ、検索で上位に表示され、アクセスがぐんぐん伸びる。

逆に低質なコンテンツとはこのようなものだ。

  • 他のサイトからコピー&ペーストばかりしている
  • 内容がどこにでも書かれているようなありきたりな情報
  • 画像や文字の色分け・行間など、読みやすさを全く意識していない文章

スカスカな内容のコンテンツでは全くGoogleYahoo!の検索から相手にされない。

それどころかコピー&ペーストばかり、不自然に多用されている被リンクがあると悪質コンテンツでペナルティとなり、ドメインが検索からはじき出されてしまう。

そうなってしまえば当然検索訪問者はゼロになり、コンテンツを作りなおしたり最悪の場合はブログ自体を捨てることになってしまう。

結局のところ時間の無駄ということになってしまうので、コンテンツの質が大事であることは理解しておこう。

 

極端な話をすると、コンテンツの質に全力を注いでいれば勝手にブログは育っていくのである。

そしてアフィリエイト広告をピタッとサイドバーなどに貼っておけば少しは収入になるだろう。

しかしそこで満足してはいけない。

そこから更に収入を伸ばす方法はいくつもある。

 

2.SNSを最大限利用する

SNS

今の時代、SNS(ソーシャル・ネットワーキング)を使わない手はない。

この記事を見ているあなたもおそらく何かしらのSNSを利用していることだろう。

SNSはかなり有効な宣伝・拡散手段である。

特に抑えておきたいのは、

________

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+

________

の3つである。ユーザー数も多く拡散力も高いこの3つを最大限使おう。

詳しく一つずつ見ていこう。

 

Facebook

facebook-button

Facebookを最大限使うには「Facebookページ」というものを作らなければならない。

Facebookページは個人アカウントのページとは違い、商用利用が可能で、世界中の多くの企業や店舗、ウェブサイトなどがFacebookページを開設し、宣伝に利用している。

こちらがFacebookページの一例である。

facebook

参照:「毎日に幸せを」 

 

「いいね!」の数がいわゆるファンの数である。

ページ自体に「いいね!」をしていると、そのページが新しく記事を更新した時に自分のタイムラインに表示される。

つまり、あなたのブログのFacebookページを作って、ブログの最新記事の宣伝をしたり、プチコラムなどを掲載していくのである。

これにより、「いいね!」の数をどんどん増やすことだ。

「いいね!」が増えれば増えるほど、ブログで新しく記事を投稿し、宣伝した時の拡散力もグングン増していく。

 

Twitter

twitter-clipart-twitter-logo-2

 

TwitterはFacebookよりも圧倒的に拡散力が強い。

若者が不謹慎な行動などを軽い気持ちでツイートしたものがいつの間にか広まりに広まってネットニュースに取り上げられていることからも拡散力の凄まじさが分かる。

本名登録のFacebookよりも気軽に共有できるのだろう。

TwitterはFacebookページのような個人ページとは全く別物というものではなく、同じようなアカウントをブログ用にもう一つ作るのだ。

こちらもFacebookと同じようにブログの記事更新の旨をツイートしていけば良い。

フォロワーというのがファンの数にあたるのでどんどんこの数を伸ばしていこう。

 

Google+

google-plus-140312

Google+はFacebookやTwitterと何が違うのか?

簡単に言ってしまえば、FacebookとTwitterのいいとこ取りをしたサービスがGoogle+である。

また、Google+は投稿がGoogle検索の対象になるのも特徴の一つと言える。

Google+では「サークルに追加する」というのがTwitterでの「フォロー」にあたる。

同じようにファンの数を増やしていこう。

 

3.成果報酬型アフィリエイトで稼ぐ

ブログで収益をあげるにはアフィリエイトは必須である。

「初心者必読!知っておくべきアフィリエイトの4つの基礎知識」でアフィリエイトの種類について紹介しているが、

その中でもブログで本格的に収益をあげるなら成果報酬型アフィリエイトに特に注力すべきである。

その理由は大きく3つある。

________

  1. 単価が比較的高め
  2. 広告案件の種類や数が多く、安定している
  3. 膨大なアクセスを必要としない(アクセス数が少なくても成果をあげることが十分可能)

________

この3つの理由の中でも最も大事なのは、3番目の「膨大なアクセスを必要としない」ということである。

アクセスが必要であることは間違いないのであるが、アクセスの多くが積極的なアクセス(濃いアクセス)であることが求められる。

積極的なアクセスとは例えば、

中古車を購入する時の注意点について紹介しているブログ記事に、初めて中古車を買おうと思っている人からのアクセスはかなり積極的で濃いアクセスと言える。

こういったアクセスを逃さずしっかりと記事を見てもらい、

その中でアフィリエイトとして紹介している商品などに、「これ良いな!欲しい!」と思ってもらうことが非常に重要なのである。

これには徹底したマーケティングと買いたいと思ってもらえる文章を作る必要がある。

マーケティングは具体的に、

________

  • 中古車を買う人はどんな人なのか(年齢層、職業など)
  • 中古車を買う人はどんな疑問を抱えているか
  • その人はどういうワードで検索してくるか
  • その検索は安定して多く検索されているのか
  • ライバルサイトはどんな情報を提供しているのか

________

などが挙げられる。

中古車を買いたがってる人を具体的にイメージできるのが理想だ。

その人はこんなことを悩んでいるかな、こういうのを教えてあげれば解決できるかな、と考えて記事の構想を練ろう。

また、買いたいと思ってもらえる文章を作るのは、一般に「コピーライティング」と呼ばれる。

読んだ人の購買意欲をそそる文章を考える。

こういった技術は「はてなブックマーク」というサイトの人気記事を見たり、実際の広告文などを参考にし、

実際に記事を書いていかなければ身につかないものである。

コンテンツの質にこだわった文章を書いていれば自ずと身についてくるはずだ。

 

4.ブログに貼る広告は1ページに3つまで!!

writing

広告というのは読む人からするとかなりうっとうしいものである。

事実、YouTubeの広告などは不満に思っている人も多く、中には「広告が出てきたら見たかった動画も見るのを諦める」という人もいるほどだ。

従ってブログにおいても広告は出来る限り読み手に不快感を与えないようにしなければならない。

成果報酬型アフィリエイトであればコンテンツの中にしっかり組み込ませることだろう。

クリック報酬型アフィリエイトを設置するなら記事の下かサイドバーの一番上が効果的である。

ブログアフィリエイターの中にはサイドバーの一番上に一つだけ広告を載せて、十分な収益をあげている人もいる。

アフィリエイト広告を貼る位置にはしっかりと注意を払おう。

また、いろんな場所に掲載してみてアクセス解析で比較チェックし、最適な場所を探すのも大事なことである。

 

5.メルマガでリストを集める

mail-magazin

 

今まで述べてきたように、内容の濃いコンテンツが満載のブログで、成果報酬型アフィリエイトとクリック報酬型アフィリエイトを組み合わせていればかなりの収益が期待できる。

しかし、更に大事なことはリストを集めるということである。

基本的にブログは見に来てもらわなければならない。

それとは違い、メルマガはリストを集めることでいつでも読み手に届けることができる。

また、リストさえあれば収入がなくなるということはないだろう。

ブログのように検索エンジンに左右されることもない、安定した媒体といえる。

 

しかし、自信のメルマガ登録に誘導するのに、ブログの中身にそれほど重要な情報を載せず、

「もっと詳しい内容が見たい人はこちらまで」というようにしている人がたまにいるが、それはすべきではない。

ブログ自体が大したことないものになると検索結果などにも影響してくる。

 

「でも、ブログで全部の情報を載せたらメルマガで書くものがなくなるじゃないか」

という声が聞こえてきそうだが、そのぐらいブログに力を入れたので構わない。

それだけ突き詰めたものを作ることができれば、メルマガではさらに洗練された情報を届ければ良い。

ブログに100%、メルマガに120%

という気持ちで両方共取り組むべきである。

というより、ブログをハイクオリティに作ることで自分の中でも最新情報に敏感になっていき、結果的にメルマガに載せる情報も出てくるはずだ。

決してブログを中途半端にしてメルマガで稼いでやろうとは思わないように。

読んでくれるお客様に大変失礼である。

 

具体的にメルマガでどのような情報発信をするかというと、ブログで扱ってるテーマに沿って、その豆知識や、ブログよりもディープな情報

それに加えて付随として成果報酬型アフィリエイトや情報商材アフィリエイトの広告を載せて良いものを紹介していけば良い。

 

6.成果が出てきたら、その成功の秘訣を売る

book_earth

ここからは本格的な情報商材アフィリエイトとして宣伝をしていくことになるが、

宣伝していくのは自分で作り上げてきた「成功の秘訣」である。

その情報を売ることで更に収益を伸ばしていく。

 

インフォトップなどの情報商材アフィリエイトを取り扱ってるASPの商材を宣伝しても、

実際の販売価格の何割か(それでもかなり報酬は高いのだが)になってしまうが、

自分の情報を売るのであれば利益は100%である。

 

また、情報を売る際にはその情報がどのくらいの値段が妥当なのかも慎重に決めよう。

あまりに高い値段ではなかなか買う人は現れず、かといって良い情報であれば安売りはするべきではない。

 

最高の商材を作り、買ってみよう!と思わせるコピーライティングを考え、相応しい値段で自分の培ってきた情報を売ろう。

ここまで来ればあなたもかなりの収入になっているはずだ。

 

まとめ

ブログを収益につなげる方法はいくつもある。

今回紹介した方法ではなく、また別の媒体を使って大きく収益をあげている人もいる。

大事なのは集客をいかに効率よくできるかであるので、それを意識しながら自分のブログにはどのような媒体を使えば良いか考えて仕組みづくりをしていこう。

単純にブログを更新していくだけでは大きく収益をあげることは難しいので、

ブログを始める前にすでにどういう収益モデルにするのかもプランニングしておくのが理想である。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SPONSORD LINKS

コメントを残す