「プラグインって何だよ」

という人のために今回は「プラグインとは何ぞや」の説明と、WordPressを始めたばかりの人にも参考にして頂きたい、「最初に入れておくべきプラグイン」を10個紹介していく。

今回紹介するプラグインはどれも僕が実際にインストールしていて、使っているプラグインばかりなので自信を持ってオススメできる。

これらのプラグインを使ってWordPressをより良いものにしてほしい。

 

「プラグイン」とは?

まずはプラグインの説明から行おう。

プラグインとはWordPressをより使いやすく、より見栄えよくするための拡張機能のことである。

プラグインを使うことで記事を書きやすくしてくれたり、ページに様々な装飾を施すことができたり、プラグインには様々な種類がある。

こんな機能があれば良いのにと思ったら「◯◯◯ プラグイン」とGoogleで検索すれば出てくるのでたくさんプラグインを見てみて自分のブログに合ったものを選んでいこう。

ここではWordPressを始めたら最初にインストールしておくべきプラグインを紹介しているのでぜひインストールしておいてブログをパワーアップさせよう。

では一つずつ紹介していこう。

 

1.Akismet

スパムコメントを自動的に防いでくれるプラグインだ。

WordPressを使ってブログ運営をしていると、スパムコメントは意外と多くやってくる。

それらを一つ一つ処理していては無駄な時間である。

このAkismetをインストールしておけばそのスパムコメントを自動で処理してくれるのでぜひ入れておきたいプラグインだ。

インストールした後、有効化して無料登録を行ない、無料キーを取得して完全に有効化しよう。

 

2.Broken Link Checker

これはリンク切れがないかをチェックしてくれるプラグインだ。

記事数が100や200と溜まっていくとリンク先のページがちゃんと表示されているか一つ一つチェックしていくのは大変な作業である。

それを自動でやってくれるのがこのプラグインだ。

成果報酬型アフィリエイトの広告を貼っているとリンク切れで成果を取りこぼすのは非常にもったいないことだ。

このプラグインを使って取りこぼしは防ごう。

 

3.Google XML Sitemap

これはサイトマップを簡単に作成できるプラグインである。

サイトマップはGoogleのクローラーにウェブサイトの全容を知らせるためのものである。

サイトマップを作っておけばクローラーロボットが全ページを簡単に見てもらえるのだ。

SEOの観点から見ても、サイトマップは作っておく必要があるのでこのプラグインをインストールしてサイトマップを作ろう。

 

4.Shortcodes Ultimate

これは記事にお好みで装飾が施せるプラグインだ。

約40種類もの装飾コードが用意されている。

WordPressのデフォルトの装飾ボタンは数が少なく限られた装飾しかできない。

このプラグインを使えば格段に記事の見栄えが美しくなる。

僕もこのプラグインには非常にお世話になっている。

このようなボックス表示で文章を強調することもできたり、

このようなボタンもオリジナルで簡単に作ることができる。

いいね!

 

 

5.WP Social Bookmarking Light

これはソーシャルシェアボタンを簡単に表示させられるプラグインだ。

ソーシャルシェアボタンはこのようなものだ。

sns

SNSは拡散力が強く、SEO効果にもつながるため必ず入れておくべきプラグインである。

記事のトップ部分には必ず設置しよう。

記事の下部にも入れておくと、読者が記事を読んだ後に押してもらえる可能性が高いのでできれば両方に表示させておこう。

 

6.Breadcrumb NavXT

これはブログにパンくずリストを簡単に設置できるプラグインだ。

パンくずリストとはページのこのようなものだ。

スクリーンショット 2015-04-08 0.21.24

パンくずリストはブログを訪れてくれるユーザーが、よりブログを見やすくしてくれるものであり、またSEO的にも導入しておくべきものと言える。

パンくずリストを見ればユーザーは自分がこのページのどの部分を見ているのかすぐに把握でき、一気にホームに戻ったりすることができたりと非常に便利なものである。

 

7.Contact Form 7

これはお問い合わせページをを簡単に作ることができるプラグインだ。

お問い合わせページはサイトを作る上で必須のページと言える。

当サイト「アフィリエイトで稼ぐ方法!!〜収入の増やし方〜」においてもお問い合わせページを設置しているが、このページはこのプラグインを使って作ったものだ。

 

 

8.Add Post Footer

これは記事の下部分に定型文を組み込めるプラグインだ。

記事の下部分は重要なポジションで、関連記事を表示させたり、広告を表示させたりと様々に使えるため、ぜひ入れておいて損はないプラグインと言える。

特に、関連記事を表示させることでうまく成果報酬アフィリエイトのページへ誘導することもできたり、記事下にはGoogle Adsenseの広告を貼っておくことで効率良くアドセンス収入につなげられる。

 

9.My Category Order

これはカテゴリの順番を自由に変えられるプラグインである。

記事を分類するカテゴリはサイドバーに表示させるのに順番を入れ替えることができない。

そこでこのプラグインを導入することによってカテゴリの順番を自分の好きなように変えることができるのでぜひインストールしておくべきと言える。

 

10.Ptengine

これはアクセス解析のプラグインである。

グッドデザイン賞を受賞したほどの非常に見やすいデザインなので僕はGoogle Analyticsよりもこちらの方が好みである。

ptengine

このように基本的に日本語表示となっており、非常に見やすくなっている。

項目は、

  • 訪問数
  • UU(ユニークユーザー数)
  • PV(ページビュー数)
  • 新規率
  • 再訪問率
  • 訪問数
  • PV/UU
  • 平均滞在時間
  • 直帰率
  • 平均ロード時間

このように最低限解析に必要なデータが表示されるので便利である。

プラグインをインストールして無料の登録をすることでWordPressの管理画面でアクセス解析をチェックできるのでぜひインストールして試して頂きたい。

 

まとめ

いかがだろうか。

プラグインはWordPressでは切っても切り離せないものである。

どんなプラグインがあるのか、Googleでもいろいろと検索をしてみて、自分のブログに合ったプラグインを見つけていこう。


SPONSORD LINK

コメントを残す