「あぁーーー!!全くやる気が出ない!!!」

こんな日ありませんか?

やるべき仕事が残っている、今日中にこの仕事を終わらせなければいけないのに全くモチベーションが上がらないってことあると思います。

自分なりのモチベーションアップ方法を持っている人は良いですが、そうでない人は「どーすりゃ良いんだよー」ってなりますよね。

そんな方のために今回は「モチベーションを上げる方法」をまとめてみました。

ぜひ参考にして、仕事を捗らせてください!

 

目次

  1. 寝る
  2. ライバルを思い浮かべる
  3. モチベーションが上がるような映画やドラマを見る
  4. 本を読む
  5. 偉人たちの名言を検索してみる
  6. 掃除をする
  7. プラスな言葉を言いまくる
  8. 憧れの人になりきってみる
  9. 5分間だけマジになって取り組んでみる
  10. 55分集中法に取り組んでみる
  11. 暇つぶしや遊びだと考える
  12. ゲームをする
  13. 軽く運動をする
  14. 料理をする
  15. 部屋の模様替えをする
  16. 辛いことを思い出してみる
  17. やるべきことをやらなかった時の自分を想像してみる
  18. 成功体験を思い出してみる
  19. 普段行かない所に行ってみる
  20. 手足をグゥーンと伸ばしてみる
  21. 音楽を聴く

 

1.寝る

どうしてもやる気が起きないという時は寝るのも一つの手です。

ただし、だらだらと寝てしまっては時間がもったいないので、「◯◯分だけ!」というふうに時間を決めて寝ましょう。

しっかりとスマホのアラームでも目覚まし時計でもかけて寝すぎないことに気をつけましょう。

 

2.ライバルを思い浮かべる

もしあなたに「絶対あの人にだけは負けたくない」と思えるようなライバルがいるなら、その人のことを思い浮かべてみましょう。

もしかしたらあのライバルは今もしっかりと自分の仕事をこなしているかもしれません。

「負けたくない!」というライバル意識をあなたの原動力に変えるのです。

ライバルに勝つにはどうすれば良いのかを考えると少しずつでも力が湧いてくるはずです。

 

3.モチベーションが上がるような映画やドラマを見る

映画やドラマを見ることは非常に効果的です。

僕は受験勉強の時によくドラマの「ドラゴン桜」を見て勉強に対するモチベーションを上げていました。

今なら映画の「ビリギャル」が良いかもしれませんね。

仕事関係ならドラマの「半沢直樹」、「ルーズヴェルト・ゲーム」、「リッチマン・プアウーマン」なんかは僕は今でもたまに見ていてモチベーションにつながっています。

映画でなら「ウルフ・オブ・ウォールストリート」なんかがすごくやる気にさせてくれます。

参考までに僕の好きなものを紹介しました。

 

4.本を読む

本を読むのもモチーベションを上げるには効果的です。

あなたの好きな偉人の本や自己啓発本などを読んでみるとやる気が湧いてくるはずです。

また、そんなのを読む気になれないという人は自分の好きなマンガや小説でも良いでしょう。

僕もモチベーションが上がらない時は、iPad内に入ってるマンガの「キングダム」を読んでいます。

ハマっていっちゃうとずーーっと読んでしまうので、うまく区切りをつけて読むのをやめて、仕事に取り組んでみると良いですね。

 

5.偉人たちの名言を検索してみる

Google検索で「偉人 名言」、「やる気が出る 名言」などと打ち込むと、名言をまとめたサイトが出てきます。

それらの名言を見てみましょう。

今のあなたに突き刺さるような言葉が見つかるかもしれません。

この記事を見ているあなたにも一つ、僕の好きな言葉を贈ります。突き刺さるかどうかはわかりませんが(笑)

「Done is better than perfect」(完璧を目指すよりも、まず終わらせろ)

by マーク・ザッカーバーグ(Facebook創業者)

 

「人生は30,000日しかない。9,000日を過ぎた時にそれに気づいて焦ったよ」

by ドリュー・ヒューストン(Dropbox創業者)

 

6.掃除をする

あなたの周りはごちゃごちゃと散らかってはいませんか?

一度すっきりと整理してみてはいかがでしょう。

綺麗に掃除をすると気分もすっきりして「さぁやるぞ!」って気分にさせてくれます。

部屋やデスク周りに要らないものが多い場合は思い切って捨ててみましょう。

ものを捨てて気分を一新させ、やるべきことに取り組みやすい環境を作りましょう。

 

7.プラスな言葉を言いまくる

自己暗示ですね(笑)

無理やりモチベーションを上げる方法です。

「よし!やるぞ!」

「俺ならこんなもの楽勝だ!」

「俺はできる男だ!」

はい、せーのっ!

 

8.憧れの人になりきってみる

一旦自分自身を忘れ、あなたが憧れている人になりきってみましょう。

しゃべり方から仕草からあの人を演じてみましょう。

「あの人だったらどう考えるかな」と演じながら何かに取り組んでみると良いですね。

いつものあなた以上の力が発揮されるかもしれません。

 

9.5分間だけマジになって取り組んでみる

しのごの言わずに始めよう!

とりあえず5分だけ集中してやってみよう!

何事も始める時が難しいので、何でも良いから始めてみるのが得策です。

さぁ!始めましょう!

 

10.55分集中法に取り組んでみる

これは東大卒の芸人である藤本淳史さんが実際に勉強で取り入れていた方法だそうです。

ある物事に1時間を使うものなのですが、まず最初の5分間はひたすら時計を見るだけで他は何もしません。さっきの「5分間だけマジになって取り組んでみる」とは逆ですね(笑)

5分間時計の針を目で追うだけを行ない、いかに5分という時間が重要な時間かを知り、自分に植え付けます。

そして、残りの55分間を全力で物事に取り組みます。

5分を最初に捨てることで、時間の大切さを身に染みさせ、残りの55分を無駄にしないように意識が働くというわけですね。

ぜひ興味がある人は試してみてください。

 

11.暇つぶしや遊びだと考える

やらなきゃいけない仕事や課題があるとき、それをそのまま仕事や課題だとはとらえずに、「これは単なる暇つぶしに過ぎない」、「これは僕にとっては遊びだな」と思い込んでみましょう。

仕事や課題だと思うと、「ちゃんとやらなきゃ」と思ったりして、逆に思考が硬くなってしまい、取り組むことができません。

暇つぶしや遊びだと思えば気楽になり、スムーズに始められるはずです。

自己暗示の一種ですが、考え方を変えることは非常に重要です。

 

12.ゲームをする

もはやゲームをして気分転換をしましょう。

ゲームは何か勝負ものだと負けたときに気分を下げますので、楽しめるジャンルのゲームにしましょう。

実はゲームの中からビジネスのヒントを得たりすることもあるのです。

世界の長者番付に名を連ねるような経営者たちはトランプのポーカーが大好きだったりします。

現にマイクロソフト創業者のビル・ゲイツはポーカーが会社経営に通ずる部分があるとも言っているくらいです。

モチベーションが上がらない時は思い切ってゲームをしましょう。

 

13.軽く運動をする

モチベーションが上がらないなら気分転換をするのが良いですよね。

気分転換の方法の一つに軽い運動があります。

ちょっと近くの公園まで歩いてみたり、近くにバッティングセンターがあるという人は2、3打席ほど打ってみるのも良いですね。

あまり疲れるような運動だと後から眠くなってしまう恐れがありますので軽めにしておきましょう。

体を動かすことですっきりしますので、その後思い切ってやるべきことに取り組みましょう。

 

14.料理をする

料理も良い気分転換方法の一つです。

普段全く料理をしない人はできるもので良いので料理をしてみましょう。

普段から料理をしているという人は、作ったことのない料理にチャレンジしてみましょう。

また、いつも料理をする時は見た目までこだわらないという人は、ちょっと見た目にもこだわった料理を作ってみると良いですね。

 

15.部屋の模様替えをする

掃除をするのと似ていますが、部屋の模様替えをしてみるのも良いでしょう。

自宅ならデスクやテレビ、本棚の配置などを変えてみたり、パソコン周りのレイアウトなどを変えてみましょう。

気分一新でモチベーションも上がるはずです。

環境を変えることは重要なのでぜひ試してみてください。

 

16.辛いことを思い出してみる

今よりも辛かった経験を思い出すことで、今悩んでいることなんて小さいものだと思い込むためのものです。

「こんなことでつまいでいてはダメだ」と自分にムチを打ちましょう。

きっと過去の自分があなたの背中を押してくれます。

 

17.やるべきことをやらなかった時の自分を想像してみる

「もしあなたがそれをやらなかったらどんな事態が待っていますか?」

「もしあなたがそれをやらなかったらあなたはどんな気分でどんな表情になっていますか?」

想像してみてください。

いろいろととても後悔していると思います。

そんなことにならないために今やっちゃいましょう!

 

18.成功体験を思い出してみる

成功体験を思い出してみるのも一つの手です。

以前にうまくいった経験が誰にでも何かしらあると思います。

その時どういう考え方だったか、どんな行動をしていたか思い出してみましょう。

モチベーションが上がらない原因が分かるかもしれません。良いイメージを持つことで直接モチベーションにつながるかもしれません。

 

19.普段行かない所に行ってみる

普段行かない所に行ってみると気分が一新され、モチベーションが上がるでしょう。

普段行っているカフェとは違うカフェに行ってみてはいかがでしょう。

また、家の中でも同じことが言えます。

普段リビングや仕事部屋に長居することが多いと思いますが、長居することがないキッチンやベランダなどで長居してみたり、仕事に取り組んでみると良いと思います。

これも環境を変えるということですね。

 

20.手足をグゥーンと伸ばしてみる

体全体を伸ばしてみましょう。

小さいころ学校でもたまにやったと思います。

体を伸ばすことで溜まった疲れを軽減させることができますのでぜひ試してみましょう。

軽くストレッチをするのも良いですね。

 

21.音楽を聴く

気分転換の手段の一つとしては音楽を聴くのもアリですよね。

自分の好きな曲や気分が上がる曲、作業のBGMにピッタリな洋楽などを聴いてみましょう。

音楽をパソコンから流すならYouTubeで流すことが多いかと思いますが、

僕が以前書いた「Chrome拡張機能まとめ|作業が10倍はかどる拡張機能30選」という記事で簡単にBGMを流せる「Streamus」という拡張機能を紹介していますので、Chromeユーザーの方はインストールして使ってみてください。

 

まとめ

いかがでしたか。

人間ですからモチベーションが上がらない時はあります。

気分転換をしたり、自分なりのモチベーションアップ法に取り組んで、やるべきことに全力を注げるようにしましょう。


SPONSORD LINK

コメントを残す