ブログを書いていても、検索上位に表示させることってなかなか大変なことですよね。

決して簡単なことではありません。それが簡単にできる人もそれまでに多くのことを学んできたからこそできるのです。

しかし、検索上位が簡単に取れる方法があることをご存知でしょうか。それも月間何万と検索されているビッグキーワードでですよ。

それを今回は紹介していきたいと思います。

決してブラックなやり方ではなく、れっきとした戦略なのでぜひ参考にして頂きたいですね。

 

間違いキーワードで検索上位を狙う

keyboard-70506_640

ズバリ、間違いキーワードを狙えばビッグワードで検索上位を狙うことができます。

Googleキーワードプランナーを普段から使っている人はわかると思いますが、だいたいビッグキーワードって競合性が「高」になってますよね。

実際にググってみても圧倒的な情報量を持ったウェブサイトが検索上位を占めています。

そこで、もう一度キーワードプランナーで「間違いキーワード」を使ってみましょう。

例えば、「アフィリエイト」「アフェリエイト」「アフリエイト」

一見すると違いがわかりにくいですが、こういった間違ってワードを打って検索してくる人は多くいるのです。

このように敢えて間違ったキーワードをタイトルに盛り込ませ、間違って検索してきた人からの流入を狙うというやり方もあるのです。

 

間違いキーワードの他の使い方

office-583841_640

ついでに間違いキーワードの面白い使い方を紹介しておきます。

ヤフオクでものを買ったことはありますか?

ヤフオクでも間違いキーワードは使えるんですよ。

例えばルイ・ヴィトンの財布が欲しいとき、「ルイ・ヴィトン 財布」と打ち込むよりも、「ルイビトン 財布」などとちょっとだけ間違えて検索すると驚くほど安くルイ・ヴィトンの財布が手に入れられたりします。

出品する人も人間です。ルイビトンというワードを含めたタイトルで出品してしまうことがあるのです。

買う側はそこを狙います。

実際この手法で通常よりも破格の安さでブランド物を手に入れ、通常の相場価格で売りさばいている人もいます。

せどりの一つのテクニックかもしれませんね。

試しにヤフオクを開いて欲しい商品の間違いワードで検索してみてください。

 

まとめ

キーワードは必ず間違えて検索する人がいます。確かに多くはないかもしれませんが、そういった人たちをしっかり狙って確保することも戦略の一つです。

ブログを書いている人、ヤフオクを利用している人は「間違いキーワード」を試してみてください。

思わぬお宝を見つけるかもしれませんよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す