突然だがみなさんは「LINE」は利用しているだろうか。

おそらく「YES」の人が多いだろう。

日本国内のユーザー数はFacebookよりも多い5800万人(ガイアックス ソーシャルメディアラボ 参照)という驚異の数字であり、2~3人に1人は利用している巨大サービスである。

ではあなたは「LINE@(ラインアット)」は利用しているだろうか。

これは利用している人は少なくなるだろう。

LINE@とは簡単に言うと商用利用が可能なビジネス向けのLINEアカウントサービスのことである。

私もこのLINE@を利用していたのだが実はこのLINE@には使う上で大きな落とし穴があることに気がついた。

それに気がついてからは私も利用するのを辞めた。

この落とし穴はビジネスとして使っていくにはあまりに大きすぎる危険な穴なのである。

ここではLINE@に潜む重大な危険性について紹介していく。

 

そもそも「LINE@」とは?

疑問

まずは「LINE@」というものがどのようなサービスなのかを説明しておこう。

公式ホームページはこちらである。

>>LINE@

 

LINE@のサービスは以前から店舗を構えてビジネスを行なっている方に提供されていたが、2015年2月から個人での利用が解禁された。

LINE@とはLINEのビジネス向けアカウントのことで、自分のビジネスとファンとの距離を縮めるために最適なサービスである。

LINEの個人アカウントと公式アカウントの中間地点のような感覚である。

代表的な機能としては、友達登録をしてくれた顧客やファンに一斉にPR情報やクーポン情報などのメッセージを送れたり、顧客やファンから送られてきたメッセージにキーワードが含まれていると、あらかじめそのキーワードで設定しておいたメッセージを自動返信してくれる機能などがある。

こういった機能は個人アカウントではできず、公式アカウント寄りの機能と言える。

また、個人アカウントに寄った機能としては普通に顧客やファンと1対1でのメッセージやりとりもできるところだろう。

 

公式アカウントにはあってLINE@にはない機能も存在する。

例えばよくあるのは、公式アカウントでは自社のLINEスタンプを作成して、「友達登録してくれたらスタンプを無料プレゼントしますよ」という機能をつけることはできるが、LINE@ではそれができない。

 

このように、LINE@というのは企業レベルの公式アカウントまではいかなくとも個人的なビジネスをしている人やバンド活動をしている人などがファンとの交流をよりやりやすくしてくれるフレンドリーなビジネス向けアカウントなのである。

FacebookでいうところのFacebookページのようなものだと考えていただければイメージしやすいかもしれない。

 

アフィリエイトにはどう使える?

机

LINE@を活用しているアフィリエイターの方も少なくはない。

現在年に億単位の収益をあげている川島和正さんや小玉歩さんといったトップアフィリエイターもLINE@サービスの個人利用が解禁されるとすぐにアカウントを取得し、友達登録を募っていた。

ではLINE@はアフィリエイトに使えるのか。

メールマガジンと似たようにリストを取ってメッセージの一斉送信することができるのだが、LINE@はガイドラインにより、アフィリエイトのリンクを貼ったりすることはできない。

なのでメルマガと同じようにLINE@でも情報商材をアフィリエイトするということはできないのだ。

アフィリエイターの多くは、自分のビジネスの情報発信の場として活用していることが多い。

開催したセミナーの様子を紹介したり自分の現在の活動状況を発信したりして使われている。

いずれもLINE@では直接ビジネスに結びつく媒体として利用するのではなく、自分のブランディングなど間接的に利用するのが良いだろう。

しかしLINE@はある大きな落とし穴があるため、僕は利用することを辞めた。

 

LINE@に潜む大きな落とし穴

穴

私もLINE@は利用していた身(自作LINEスタンプの販促活動のアカウント)だが、友達登録者数が300人ほどいた。

メッセージの一斉送信などで定期的に情報発信を行なったり、1対1のトークも利用していたのだが、ある日突然アカウントが停止されてしまったのだ。

めちゃくちゃ焦った。

どうやら調べてみるとLINEのスパム判定のアルゴリズムが異常に厳しいために同じ内容を多くの人に送っているとすぐにスパムと判定されてしまうようだ。

私も同じ内容を送ったが利用規約に触れるような、スパム判定されるような内容ではないうえ、4人に送った時点で何の催告もなしに突然停止された。

ググってみると結構被害があるようだ。

 

そして一度アカウントを停止させられるとそのアカウントは再利用できないようだ。

 

この方はLINEの個人アカウントであるようだが、一度アカウントを消されてしまうと登録されていた友達やトーク履歴なども一気に吹き飛んでしまう。

これはLINE@でもかなりの痛手である。

苦労して獲得してきたファンとなる友達は全て消えてしまう。

水の泡である。当然1からのスタートとなってしまう。

何千人、何万人も友達数が増えてきてから「へへ!やってやったぜ!」とばかりにLINE側に一吹きで消されてしまってはたまらない。

 

まとめ

LINE@に限らずLINE自体を使う上で注意すべきことなのだが、同じ内容を複数人に送ることは避けなければならない。

その上でなら使用していて問題ないとは思うが、また何が原因でアカウントが停止されるからわからないので私はLINE@から手を引くことにした。

LINE@は優れたサービスであるが危険性が重大であるので、ビジネスで利用するならアカウントを消されても特に問題ないというくらいのスタンスで利用することをおすすめする。

 


SPONSORD LINK

コメントを残す