「個人メディア」と聞くとあなたはどういう印象をもつでしょうか?

もしかすると、とても大げさな表現で実態を伴っていないと思うかもしれませんし、あるいはただの「虚業」だと感じるかもしれません。

しかし多くの企業が、これまでの既存メディアを利用したプロモーションから、ネットの各種媒体を使って顧客との関係を築くことに重きを置くようになった昨今、自分自身をメディアと考える視点が重要視されるようになってきました。
特にスモールビジネスで成功を収めている人々は、誰しも自分自身をメディアとして活用することによって、顧客と良好な関係を作り上げているのです。

今回は、特に個人事業やそういったスモールビジネスで特に役立つ「個人メディア」という考え方について説明します。

 

メディアの核となるコンテンツ

これからは「自分」がメディア?

インターネットが普及して、いわゆるオンライン・ビジネスが発展するようになってから、様々なデジタルコンテンツが登場してきました。ウェブサイト、ブログ、メールマガジン、動画、SNSなどです。

これらはネットユーザーの趣味として活用されてきたことはもちろんですが、登場してから一定時間が経過すると、どれも必ずビジネスと結びついてさらなる発展をしてきたのです。今ではどの媒体もビジネスで使われる機会の方が多いといっても過言ではありません。

そういった流れのなかで、このようなオンラインコンテンツ自体を「メディア」とみなし、様々な情報を発信する拠点と考えるビジネスパーソンや起業家が登場してきました。そうすることで、個人でもマスメディアほどとはいかないものの、かなりの情報発信能力を備えられる時代になったのです。

では、あなた自身が「メディア」だと言われたらどう思うでしょうか?

多くの人は自分自身がメディアだという感覚をもってはいないでしょう。たとえネットで何らかの情報発信をしていたとしても、自分自身がメディアだという考え方には違和感を覚える人が多いはずです。
しかし本来のメディアの役割を考えてみることで、この意味がわかってくると思います。

 

コンテンツ=メディア

メディアとは本来、顧客になりそうな人々(ターゲットとしている人々)が一体何に興味を持っているのかをなるべく詳細に把握し、彼らの欲求や問題解決ニーズを持たすことができる情報を提供するのが役割です。
テレビで流れるCMや通販番組はもちろん、ニュースや天気予報、あるいはバラエティ番組も広い視点で捉えれば、視聴者のニーズを満たして見る人を増やすことを目的としていることがわかるでしょう。

同様に、今では本当にたくさんの人が自分自身のウェブサイトを持ち、ブログを立ち上げ、動画を配信するなど、様々なコンテンツを生み出しています。
そして企業はネットコンテンツを通じてお客さんに直接働きかけられるようになり、顧客の方でもネットで情報を検索し、自分が関心のある製品やサービスについての知識を簡単に得られるようになったのです。

これまでの大手メディアと私たちに馴染みのあるネットコンテンツ―――これらを比較して考えてみてください。視聴者に有益な情報を提供することで彼らの関心を集め、ビジネスを発展させたり広告収入を得るというシステムに、大きな違いはないのではないでしょうか?

つまり、現代ではオンラインでコンテンツを発表すること自体が、大手メディアと変わらない構造になっているのです。

もっとも一昔前はコンテンツを提供するというと、資本力のある一部の大企業だけのものであるという認識がありましたが、今では個人ですらオリジナルのメディアをもてるようになったと考えることができるのでしょう。

すなわち「オンラインコンテンツ=メディア」という図式が成立しているのが、今のネット社会なのです。

 

個人メディアの時代

事実、今ではほとんどすべての企業がオンラインコンテンツ作りに躍起になっていますし、それがなくてはビジネス自体が成り立たないという業種も増えているのです。
なぜならば、企業のマーケティングにとって最も重要なのは、自分たちの商品やサービスを「正しい市場(マーケット)」に向けて適切なプロモーションメッセージを「正しい方法」で送ることだからです。

そして現代において「正しい方法」とは、すなわちオンラインを通じて顧客に直接的にメッセージを伝えることを意味します。圧倒的多数の顧客は、自分たちに必要なものをネットで検索する時代だからです。

ネットが登場する以前は、広告というと広告会社に制作してもらうなど、誰かに依頼して「やってもらう」ものでした。またいかにマスメディアをうまく使って宣伝するかという考えが一般的だったはずです。

しかし今や、中小零才企業はおろか個人ですらオンラインで自分のメディアをもてる時代になっているのです。言い換えれば、誰もがメディアとしての役割を担っているともいえるでしょう。メディアを正しく運営し、適切な情報やメッセージを顧客に伝えることが、今のビジネスでは最も重要なことといっても過言ではないのです。

 

個人メディアの最も重要な役割とは?

個人メディアの最大のメリット

それでは、個人メディアをもつことのメリットとは具体的に何でしょうか?

メディアをもつことの最大の利点とは、顧客とのコミュニケーションによって信頼関係を構築することが可能になることです。しかもマス広告のように一定の層に大量に同じ情報をばら撒くのではなく、やり方さえ工夫すれば顧客一人ひとりとの関係構築が可能になるのです。

特に既存の顧客との信頼関係の維持は重要です。なぜならば、いかなる分野のビジネスでも、売り上げのほとんどは既存客のリピート購入によってもたらされるからです。これはビジネスに関わっている人ならば、ほとんど誰でも知っていることでしょう。

個人メディアを利用すればそういった既存客と定期的に接触をはかり、関係性を維持することは容易にできますし、さらに新しい商品・サービスが完成した際には真っ先にそこでプロモーションをすることができます。

 

すでに彼らとの間にチャンネルは開かれているわけですから、メディアから直接メッセージを送るだけで、かなりの売り上げが期待できるようになるのです。これは以前の社会では考えられないことでしょう。

たとえそれが新しく立ち上げたビジネスであったとしても、既に確立されたメディアとそれによって信頼関係を築いてきた顧客が存在していれば、成長させるのは簡単にできる話になります。なぜなら、あなたはビジネスを立ち上げた時点で何千もの顧客リストと、彼らにメッセージをほとんどコストなしで送ることのできる状態になっているからです。

これこそが個人メディアの力です。あなたがメディアを管理している限り、あなたは好きなときに顧客にメッセージを送ることができるでしょう。そのために、メディアを利用して日頃から既存客との関係を維持しておくことが肝要なのです。

 

顧客との関係構築が重要なワケ

ある調査によると、ほとんどのビジネスにおいて既存客からリピート購入をしてもらえない一番の原因は、彼らとの関係構築がうまくいっていないからだそうです。

つまりあなたがもしビジネスをしているならば、お客さんの多くはあなたの提供する商品・サービスが気に入らなかったのではなく、他でもっとよいものを発見したからではなく、単純にあなたとのコミュニケーションが不足していたからリピートをしなかったというケースがほとんどということになります。

たとえば購入した商品がどこから買ったものだったかを覚えていなかったり、逆に顧客の側があなたに存在を忘れられているのではないかと感じている場合もあるようです。

 

あなたの部屋にもどこで買ったのかすっかり忘れてしまったようなモノがひとつやふたつあるはずですし、一度買い物をした店にもかかわらず何となく近づき難かったり、何となく入りづらいという店があるのではないでしょうか?

こういった顧客の流出を止める手段は、彼らとの積極的なコミュニケーション以外にはありません。定期的にメッセージを送るだけで、彼らの多くが2回目以降の購入をしてくれるようになるのです。これは様々なマーケティングの研究で明らかになっています。

個人メディアはそういった既存客との関係維持のために最も有効な媒体なのです。あなた自身が顧客へのフォローを諦めない限り、いつでも彼らにメッセージを送ることができるでしょう。

 

個人メディアによるマーケットリサーチ

個人メディアを所有するメリットはまだあります。
それは簡単に市場調査が可能になるということです。時間とコストをほどんどかけずに綿密なマーケットリサーチができるのです。

あなたが個人メディアを通じて顧客との対話ができるような関係を構築すれば、その後は彼ら自身の悩みや欲しいモノについて直接聞くことができるでしょう。
ブログで尋ねればコメント欄に記入してくれる顧客もいるでしょうし、メールマガジン内で発信すれば、返信という形で教えてくれる人もいるはずです。

「こんなモノが欲しい」とか「このような問題を抱えている」というのは、顧客の直接的な声に他なりません。そして多くのマーケットリサーチ会社が大規模に行う調査よりも信憑性のある生の声を手に入れることができるのです。それはあなたの顧客との間に信頼関係が構築されているからに他なりません。

あなたはそういう他者の知らない貴重な情報をもとに新商品を開発したり、問題解決手法を販売したりすればよいのです。コンサルタント業に従事している人ならば、彼らが本当に悩んでいる問題について解決すること自体が、主な収入源になるでしょう。

もし個人メディアなしでここまでの状態にもっていくためには、一体どれぐらいのコストと労力が掛かるか知れません。しかもそれによって得られた情報が本当に正しいのかも保証されないでしょう。なぜならば、ほとんどの消費者は大規模な市場調査に対して本音をさらけ出すことをしないからです。

一方、あなたが個人メディアを通じて安定したビジネス基盤を構築できていれば、ほんの少しの質問を既存客に投げかけるだけで他の事業者が欲しがっている情報がすぐに手に入ることでしょう。これは驚くべき費用対効果といえるのではないでしょうか?

 

顧客との関係性がすべて

「あなた自身」を体現するのが個人メディア

何度も繰り返しになりますが、ビジネスで最も重要なのは顧客との信頼関係を構築することです。そのため、あなたが個人メディアとして利用する媒体はできるだけ広い視野で柔軟に捉える必要があります。なぜならば、媒体によって微妙に得手・不得手があるからです。
たとえばブログはあなたのビジネスに対する考え方や提供する商品・サービスに関する有益な情報を体系的に伝えるのに重宝する媒体ですが、メールマガジンではあまりにも長い文章や堅苦しい表現は敬遠されます。

逆にメールマガジンは顧客へ直接的に呼びかけたり、あるいはビジネスに関する本質的なメッセージを印象深く伝えることに長けていますし、動画の場合はあなた自身の人となりを彼らの視覚に晒すことによって、信頼感を醸成するのに役立つでしょう。
このように、それぞれのネット媒体を適材適所で使い分ける必要があるのです。

重要なのは、いずれの媒体をいかに利用するにせよ、どれも「あなた自身」であると顧客に思ってもらうことです。
ブログ、メルマガ、動画、ツイッター・・・こういった媒体をあなた自身の手足であると顧客に認識してもらわなければなりません。これらの媒体すべてを掛け合わせて「個人メディア」となるのです。

 

まとめ

本記事では「個人メディア」という視点からネットのコンテンツ媒体を捉え、いかにビジネスに応用していくかについて述べてきました。
記事内でメリットばかりを説明してきたかのように思われるかもしれませんが、驚くべきことに「個人メディア」を構築することに対するデメリットというのはほとんど存在しないのです。

あなたが顧客に対して真摯に向き合い、彼らの問題解決に寄与する商品・サービスを提供して真っ当にビジネスをする限り、個人メディアは最強のプロモーションツールであり、信頼関係構築の武器となります。

特にスモールビジネスに従事している個人や中小企業にとって、自分自身がメディアであるという発想はこれからますます重要になるのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す