インターネット環境が私たちの生活に定着するにつれ、ネット上ではいわゆる「情報販売」に代表される様々な「ノウハウ」や「解決法」を情報として売る市場が拡大してきました。
こういった「ノウハウ市場」はネットが登場する以前の社会ではほとんど存在せず、誰でも手軽に様々な情報を手に入れられる社会になったがゆえに興隆した市場だといえます。

しかし同市場は非常に栄枯盛衰の激しい市場としても知られており、また様々な批判もある分野としても知られています。
そこで今回は、ネット上でノウハウを販売する市場の現状について説明します。

 

情報起業という分野の登場

「情報を売る」というコンセプトの登場

censorship-610101_640

インターネットが社会に張り巡らされるにあたり、たくさんのネットビジネスが誕生してきました。
そのなかでも特に「コンテンツビジネス」はゲームコンテンツなどを中心に本当に多種多様なものが登場し、それは2016年の現在でも変わることはありません。

一方、ビジネスの世界でも多くの起業家がネットビジネスに参入してきました。それまで対面でしか商品を売ることのできなかった人も自社のWEBサイトを制作したり、ネット上のショッピングモールに出品したりといった手法によって新しい販路を拡大することができるようになったのです。

そして徐々に自分の経験による問題解決手法や問題解決ノウハウなどをネット上で販売する人がたくさん登場するようになりました。

彼らの特徴としては、企業に属さずにあくまでも個人としてビジネスを始めていることや、起業に関わるリスクを最小化することをテーマとして、場合によっては「パソコン一台で稼ぐ」といったスタイルを確立する人も増加してきたのです。

事実、それまでのキャリアで培ってきた知識やスキルを「情報」としてコンテンツにまとめてネット上で販売する人はいまだに増え続けていますし、それをとっかかりとして本業のビジネスをプロモーションするという手法を採用する中小企業や個人ビジネスも増加し続けています。

また、それに伴っていわゆるアフィリエイト市場は今でも拡大し続けており、つまりは情報商材の販売を促進するための情報を提供するという市場まで誕生してきたのです。
さらには既にビジネスを確立させていた多くの企業も、本業と連携させるかたちでネットビジネスへの参入を続けてきました。

今ではネットコンテンツはあらゆる企業で当たり前のものとなっており、規模の大小を問わずにビジネスに欠かせないほどの地位を確立したのです。

 

情報起業に対する懐疑

怪しい男

しかしその一方で、あまりにも多くの「情報起業家」が誕生したことにより、その弊害も顕在化してきました。
即ち、明らかに見込み客の求めている情報や、そのクオリティに満たないノウハウを売りつける人が目立ち始めたのです。

ネットにおけるコンテンツビジネスは非常に裾野が広く、やり方によっては様々なビジネスを立ち上げることが可能です。
そうなると、残念ながらそのなかには詐欺商材を扱うような者も出てきましたし、明らかに顧客の求めるクオリティに満たないような手抜き商材も散見されるようになってきたのです。

特に情報やノウハウを販売する市場では、質の悪いコンテンツが蔓延することによって、ノウハウ販売という市場そのものが懐疑の目で見られるようになってきたことは否定できません。

それにこういった市場ではごく一部の成功者とその他大勢の利益の出ない人々というふうに、いわゆる「成功者」とそうでない人々がはっきりと分かれてしまう傾向が非常に強く、
そういう側面もあってか「ノウハウ販売は詐欺だ」と市場自体を否定する人もたくさんいるのです。

しかしそれでもネットを利用した情報販売市場が減少することはないようです。今でも右肩上がりに増加し続けており、新しい起業家が常に参入し続けている市場でもあります。

その背景としては、やはりネットコンテンツ市場自体が元手となる資本がなくても参入しやすい市場であり、個人でビジネスを始めやすいというところにあるのでしょう。
そしてリスクを極限まで減らして起業できるということも大きな魅力であり、提供するコンテンツとプロモーションのやり方次第で、たとえ一人でも成功を収められる分野であることも人気の理由といえるでしょう。

 

コンテンツの重要性

コンテンツが勝負を分ける

ipad-820272_640

古くはブログやメルマガ、最近ではユーチューブなどの動画プラットフォームなどを利用したプロモーションなどがどんどん発達し、いまやコンテンツこそがマーケティングの中心とでもいわんばかりの状態になっています。

多くの中小企業や個人ビジネスにとっては、従来のダイレクトメールや電話による営業などの古めかしい手法だけを使っていたときとは比べ物にならないほど、自分たちのビジネスやブランドの認知を向上させるための機会が増えたといえるのです。

そのためマーケティングという考え方が大企業だけでなく個人のビジネスであっても非常に重要になってきたともいえます。インターネットコンテンツの発展は、こういったマーケティング手法の躍進にも一役買っているわけです。

むしろ、優れたコンテンツを作りさえすれば購入したお客さんがネットで評判を広げてくれたり、様々な場所で共有してくれたりする可能性もあります。
そういう意味では、インターネットがすっかり定着した今日においても「コンテンツこそがビジネスの勝敗を分ける」といっても過言ではないのです。

 

ノウハウを「売れる」コンテンツとして売る方法

ではあなたの持っている知識やスキルと「売れるノウハウ」としてコンテンツ化するにはどうすればよいのでしょうか?

ポイントとしては、その情報が人々の注意を集めるようなものでなくてはならないでしょう。しかし、前項で述べたネット上に溢れる「詐欺商材」のように、誇大広告によって集客をした挙句、全く役に立たないコンテンツを売りつけるということは絶対にしてはいけません。

つまり、あくまでもお客さんを第一に考え、彼らの抱える問題を解決できる方法をしっかりと提供することを念頭に置かなければならないのです。
本当に役に立つノウハウが説得力のあるセールス文章によってプロモーションされることにより、売れるコンテンツとして開花するわけです。

しかし見込み客に効果的にアプローチし、彼らが実際にそのノウハウに価値を見出し、そこから継続的に自分のビジネスからコンテンツを購入し続けてくれるようにするのはとても骨の折れる仕事なのです。

 

多くの人が興味をもつ情報とは?

google

ビジネスの規模の大小を問わず、これからは多くの人が興味をもつ情報コンテンツを提供することが、ビジネスに利益をもたらすもっとも大きな要因となることは確かでしょう。
コアな見込み客を開拓するためのコンテンツを制作し、彼らをあなたのビジネスのファンにすることができるならば、それが継続的なビジネスの利益に繋がっていくのです。

これはノウハウ販売市場でも例外ではありません。
見込み客が本当に探している情報やノウハウを提供している人は、適切なプロモーションをすることができれば、たとえ個人のビジネスであったとしても大成功を収めることも不可能ではないのです。

これからビジネスを始めようと考えている人も、具体的にお客さんになってくれそうな人々が「何に興味があり、どういった問題を抱えているのか」を知ることが最も重要なことであり、その解決に役立つノウハウを提供するというスタンスを貫くのであれば、立派なビジネスとして長期的な繁栄を築くことも夢ではありません。

ただし、特にノウハウを提供することをビジネスとする者は、さきに述べたような市場全体に対する「懐疑の目」をいかに払拭するかも考えなければならないでしょう。
「この情報商材は怪しい」とか「きっと購入しても役に立たないものだろう」といったお客さんの不安を取り除く努力をしなければならないのです。

 

「コンテンツ」を充実させてビジネスを成功させよ

辞職

ノウハウなどの情報をネットで提供する者は、実際に顧客に提供する商材以外にも気を使わねばならないことがたくさんあります。
特にあらゆる人が「メディア」となりうるネットの世界では、充実したコンテンツを提供する者だけが勝ち残れるということを忘れてはいけません。

「コンテンツ」とは、あなたがネット上にアップするウェブサイトに記載される文言や画像などのデータ全てを指します。
最近ではフェイスブックやツイッターなどのコミュニケーションツールが充実していますが、こういった媒体に投稿する内容自体もコンテンツなのです。

そういったコンテンツを総合的に利用することで、あなたの扱う商材の素晴らしさや利便性を見込み客に伝えていくわけであり、そのためには核となる「戦略」が必要となります。

「戦略」と聞くと大げさに聞こえるかもしれませんが、成功しているネット事業者のほとんどは明確な戦略のもとでビジネスを展開しています。
あなたも「単なるノウハウの販売」と考えるのではなく、長期的に利益の上がるビジネスを構築するのだという気概を持たねばなりません。

どれほど規模が小さくても、お客さんに何かを売ることを始めた時点で「起業家」なのです。あなたは起業家としての視点をもたなければならないのです。

 

 

まとめ

これまで述べてきたように、今ではネット上に数え切れないほどの「ノウハウ販売業者」が存在します。

そんななかで、あなたのビジネスが見込み客にとって「重要な情報」や「無くてはならない情報」を扱っていると知らしめるためには、あなた自身が顧客の「情報源」としての地位を確立しなければなりません。

あなたのビジネスのターゲットとしている人々は、普段どんなことに興味を持ち、何を見て、何を知りたいと思っているでしょうか?

あなたのやるべきことは、そういった顧客の関心にそった情報を絶えず提供し、貴重な情報源として認知してもらうことです。そうすれば、あなたの提供するノウハウは彼らに貴重な解決法として理解されるでしょう。

決してノウハウを売ってそれで「おしまい」にしてはいけないのです。それでは長期的に利益を上げることなどできません。巷にはそういった「売り切り」でノウハウを販売している人がたくさんいますが、決して長続きすることはないのです。

まずはあなた自身がよき情報源としての地位を確立させる方法を考えましょう。そうすることで、市場全体を覆っている懐疑の目から逃れることができますし、そういった情報を単なる宣伝とみなしてしまう人々の心も動かすことができるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。