キャッチコピーが商品や作品を表現するのに、とても大事なポイントであるのは、誰もが知る周知の事実ですよね。

だからこそ、キャッチコピーは奥が深く、誰もが印象に残るフレーズを作れるかと言えば、そこが難しく、時代を取り入れるセンスも大事ですよね。

記憶に残る言葉を五感にどうやって訴えていくか。
最近は、映像や音など、様々なツールで五感に響かせることができますよね。
時には、商品や企業のイメージにも大きく影響することができますので、わかりやすく簡単に示す必要があります。
今もなお、後世に続くような素晴らしいキャッチコピーが世の中には溢れていますよね。どうすれば、そうなれるのか、探っていきましょう。

そもそも、キャッチコピーって何でしょうか。
改めて、wikipediaで調べてみました。

キャッチコピー、キャッチフレーズとは、主に商品や作品の広告など、何らかの告知や宣伝に用いられ、謳い文句や煽り文句となる文章である。惹句とも呼ばれる。
1文、1行程度のものから、数行に亘る物まで形式は様々である。広告や宣伝においては、キャッチコピーで商品の印象が決まると言え、その出来如何によっては商品自体の売れ行きが大きく左右される事になるため、重要視される。

出典元:

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC#cite_note-1

 

ポイントを押さえるだけで、心に刺さりやすくなります。ちょっとしたテクニックを習得するだけで、格段にアップしますので、ぜひ五感を発揮してください。

 

心に刺さるテクニック5選

1.ターゲットをクリアにしよう

apple-watch-1694985_640

万人用のキャッチコピーより、コンセプトを作り、ターゲット像を具体化しましょう。誰がどうなるかという提示方法が心に刺さりやすいです。

どこに住んでいる人なのか、何歳なのか、興味のあるものはなんなのかなどなど、その人が鮮明に頭の中に出てくるほどターゲット像を明確にすると、的確なキャッチコピーを作ることができます。

 

2.恐怖心をあおる

未来を想像するようなキャッチコピーより現状のままだと、~になると言った要素があるキャッチコピーにしたほうが、不安に駆られて、自然と考えやすいです。疑問を投げかけて、思考してもらうのも大切です。「あなたは大丈夫?」と問いかけられると、ハッとしませんか。

 

3.有効な数字を利用する

cube-442544_640

仕事でもそうだと思いますが、具体的な数字があると、商品説明力が格段にアップしますよね。例えば、「従来比5倍の洗浄力!」とあると、どうでしょう。商品力としては、以前より随分改善しているだろうとわかります。

そして、5倍より4.7倍のほうが、細かい従来比を表現しているとして、より一層洗浄力のリアルさが伝わり、購入意欲の感度が上がりますよね。

現実的だけれども魅力的な数字をうまく利用することで印象的なコピーにすることができます。

 

4.簡単さを伝える

「面倒」「時間がかかる」などの内容だと、キャッチコピーとしては、失敗です。継続してもらい、かつヤル気になるような、心を動かす表現を考えてみましょう。

「◯◯するだけ!」「◯◯いらず!」「なにをしなくても!」などなど、印象的な簡単ワードを含めると良いでしょう。

 

5.驚きを与える

surprise

インパクトが残ることはとても大切です。意外性のあることを表現できれば、反応はもっと良くなります。かと言って、事実と異なるような過激さは、不要です。ギャップをうまく見せて、その結果や成果をキャッチコピーの一部に入れられると、驚きに変わり、目に留まりやすくなります。

 

最後に

不快かどうか

これらのテクニックを活かしながら、キャッチコピーを生産していくことになりますが、つい埋もれがちになるのが、不安だと感じるのなら、脅迫をしてしまったほうが、効果的な場合もあります。とは言え、脅迫だと、度が超えてしまいますので、「不快にしていないかどうか」が、分かれ道だと思います。インパクトに欠けるなあと思ったときは、ぜひ優しい脅迫で、人々の心を動かす、キャッチコピーを作り続けて欲しいです。

 

キャッチコピー自動作成サイト

世の中には、便利なサイトが溢れています。緊急を要するものや量産が必要なもの、様々な状況があるかと思います。キャッチコピーも運に任せてしまうという方法も時には、ありますので、どうしても困ったときは、検索してみるのも、新鮮な結果が出るかもしれません。最低限、これら5選を身に付けて、ぜひコピーライターの道を極めてみましょう。


SPONSORD LINK

コメントを残す