ブログのアクセスは増えていますか?

僕のブログも順調にアクセスは増えております。感謝です。

とはいえブログを開設して3ヶ月ほどになりますが、まだまだ100記事にも満たないゆっくりペースの記事更新なのでこれではいけません。

これから自分に鞭をバシバシ打って更新頻度を増やしていかなきゃと思っています。

さて、自分の話は置いておきまして、ブログ運営をしている方にはアクセスが増えないとお悩みの方はかなり多いかと思います。

アクセス数はモチベーションにも繋がってきますからね。

記事を書いても書いてもアクセスが増えないとやる気がなくなってしまいます。

ということで今回はそんな方にぜひチェックしてほしい記事です。

今回の記事を読んで行動してもらうとアクセスは必ずと言えるほど増えてきますのでぜひ参考にしてみてください。

 

書くことが決まっていてもすぐに書くな!!

ookawapin_549620140927113834500-thumb-815xauto-5691

今日どんな記事を書くか決まっている日って楽ですよね。

すぐに行動に移せませすから。

でもちょっと待ってください!!

まだ書かないでください。

重要なことは記事を書く前なんです。

書くことが決まっていていきなり記事執筆画面を開くのは辞めましょう。

やみくもに記事を書いてもアクセスには結びつきません。

書くことが決まったなら次にすべきことは「調査」になります。

調査をしないと意味がありません!

ビジネスで言うとマーケティングですね。

 

ライバルサイトのチェックを怠るな!!

YOTA93_minogasanai15133536-thumb-815xauto-14184

ブログのマーケティングで重要なのはライバルサイトのチェックです。

その前段階で狙うキーワードはしっかり決めておいてくださいね。

キーワードなんて意識したことないという方は一度キーワード選定について勉強してみることをおすすめします。

ブログタイトルの7つの法則〜アクセス数はこれだけで伸びる〜で簡単にキーワードについて紹介していますので参考までに。

また、簡単にお宝キーワードが見つかる!Googleキーワードプランナーの使い方まとめではキーワードプランナーの有効的な使い方を紹介しているのでこちらもチェックしてみることをおすすめします。

 

では、検索上位表示を狙うキーワードを決めれば、次はライバルサイトをチェックしましょう。

これが最も重要なことです。

実際に狙うキーワードでGoogle検索をかけてみるのです。

例えば、「寝ながらダイエットができる驚きの方法」というのを書こうと思っていて、「寝ながらダイエット」というキーワードを狙うのであれば、Google検索で「寝ながらダイエットと検索窓に打ち込みましょう。

そして検索結果の1ページ目に表示されているウェブサイト、記事をチェックしてみましょう。

だいたい1ページ目に表示されるのは10個ほどが表示されるかと思います。

全部をチェックしなくても構いませんが、重要なのは1ページ目に表示されている記事よりも優れた記事を書けるかどうかです。

単純に良い記事(ユーザーに有益な情報を提供している記事)ほどGoogleは上位に引っ張ってくれます。

なのでライバルサイトをチェックすることは、自分がどういう記事を求められているのか、どのクオリティまで高める必要があるのかが分かるのです。

書くことが決まっていても、ライバルサイトをチェックしてみて実際には記事にしないということもあります。

ライバルサイトをチェックしてみて、狙い目でないと判断した時はもう一度キーワード選定からやり直します。

 

狙い目でないと判断する基準

domino-665547_640

検索結果1ページ目を見て、狙い目でないと判断するのは、大手のサイトや他の独自ドメインブログが多く表示されている場合です。

すでにそのキーワードではコンテンツが充実しており、今からそのキーワードで記事を書いてもライバルサイトを抜くことは難しく、上位表示される可能性が低いからです。

すでに上位に表示されているブログ・サイトの方がドメイン自体もパワーがあり、参入する側は圧倒的に不利な立場となります。

【狙い目でないと判断する基準】

  • 大手サイトがいる
  • コンテンツが充実した独自ドメインブログが多い

 

狙い目だと判断する基準

education-548105_640

このキーワードなら検索上位を狙えると判断する基準は、大手サイトがいない、無料ブログが上位にいる、独自ドメインブログがあってもコンテンツが充実していないなどがあります。

コンテンツを見てみて、それよりも優れた記事を書けると思ったら真似できないほどの圧倒的な情報量で記事を書き上げれば短期間で検索上位に表示させることが可能です。

無料ブログについては、ドメインが無料ブログサービスのドメインよりも独自ドメインでWordPressを利用している方が有利になります。

実際にGoogle検索の責任者もWordPressを利用することをおすすめしています。

WordPress is a great choice.

WordPress automatically solves a ton of SEO issues.

WordPress takes care of 80-90% of Search Engine Optimization (SEO).

(日本語訳)

ワードプレスは、とてもよい選択と言えます。

何故かと言うと、ワードプレスは、SEOに関連する様々な課題を自動的に解決してくれるからです。

ワードプレスは、SEOの方法の80~90%に対応できるように設計されています。

「WordCamp San Francisco 2009」より引用

 

自分は無料ブログで運営しているという人でも重要なのはコンテンツの質ですので、優れた記事を書ける場合は独自ドメインのWordPressよりも上位を狙うことはできます。

僕も無料ブログで運営している別のブログではキーワードプランナーで月間検索ボリュームが1000くらいのスモールキーワードで検索結果の1位と2位に位置付けられていて安定してアクセスを集めてくれています。

ライバルサイトには独自ドメインのウェブサイトがありますが、僕のコンテンツのオリジナリティを評価してくれているのかもしれません。

【狙い目だと判断する基準】

  • 大手サイトがいない
  • 無料ブログが上位にいる
  • 独自ドメインブログがあってもコンテンツが希薄

 

まとめ

いかがでしたか?

今までキーワード選定はしていたという人も、ライバルサイトまでしっかりチェックしているという人は結構少ないのです。

もちろんコンテンツの質が重要なのは言うまでもないのですが、自分が戦える場所なのかを知ることも同じくらい重要なことです。

「敵を知り、己を知る」ってやつですね。

アクセスが増えないと悩んでいる方はぜひ記事を書く行程の中でライバルサイトのチェックを取り入れてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SPONSORD LINKS

コメントを残す