ブログ運営において重要Webツールっていろいろありますよね。

Google AnalyticsやGoogle Search Console(旧Googleウェブマスターツール)といったものは必ず登録しとけみたいな風潮もあります。

もちろんこの二つはブログを分析するうえでなくてはならないツールと言えます。

今回はGoogle Search Console(旧Googleウェブマスターツール)について説明していきます。

どんなツールなのか、そして登録方法を詳しく紹介していますので参考にしてください。

 

目次

 

 

Google Search Console(旧ウェブマスターツール)とは?

以前はGoogleウェブマスターツールという名前でしたが、2015年5月に「Google Search Console」という名前に変わりました。

とはいえ、まだまだウェブマスターツールの名前の方が認知度が高いですね。

ではこのGoogle Search Consoleでは何ができるのか。

これは、登録したウェブサイトがGoogle検索からの流入に関するデータなどを見ることができるツールです。

ユーザーがどんなキーワードで検索してウェブサイトを訪れたのか、Googleの検索エンジンロボットはしっかりウェブサイトのコンテンツを認識しているかなどなど、見られる情報は様々です。

ウェブサイトの集客においては非常に重要なデータが多く見られます。

Google Analyticsと合わせて登録しておくべきツールと言えます。

ぜひこの記事を見ながら登録を済ませておきましょう。

 

Google Search Consoleの登録方法

ではここから登録方法を説明していきます。

登録にはGoogleのアカウントを持っている必要がありますのでまだの人は先にGoogleのアカウントを取得してください。

>>Googleアカウント作成

 

1.Search Consoleを開いてログインする

まずはSearch Consoleを開いて自分のGoogleアカウントでログインしましょう。

すでにログインした状態であればSearch Consoleを開くだけで大丈夫です。

>>Google Search Console

 

2.プロパティを追加する

次にプロパティを追加しましょう。入力欄に登録したいウェブサイトのURLを入力して、 プロパティを追加をクリックします。

スクリーンショット 2015-05-25 18.02.02

 

3.サイトの所有権を確認する

登録はこのサイトの所有権を確認して終了となります。

サイトの所有権を確認する方法はいくつかあります。

Googleがおすすめしている方法として「おすすめの方法」タブがあります。

スクリーンショット 2015-05-25 18.03.30

これは指定のHTMLファイルをダウンロードし、FTPソフトなどで自身のウェブサイトにアップロードする方法です。

FTPに疎い方はちょっと難しいかもしれません。

 

また、「別の方法」タブには4種類の方法があります。

スクリーンショット 2015-05-25 18.37.27

 

僕がこのブログを登録した際は「HTML タグ」の方法で所有権の確認をしました。

なので今回は「HTML タグ」でのやり方を紹介します。

なおWordPressでのやり方を説明しますので無料ブログの方はブログサービスのヘルプをご覧ください。

 

4.「HTML タグ」で所有権を確認する

「HTML タグ」のボタンにチェックを入れると、具体的なやり方とmetaタグが出てきます。

このタグを丸コピーして<head>〜</head>の中の最後に貼り付けます。

スクリーンショット 2015-05-25 20.09.25

 

WordPressでは左のメニューバーから「外観→テーマの編集」を選びましょう。

スクリーンショット 2015-05-25 20.34.18

 

右のテンプレートの中から「ヘッダー」を選びましょう。

その中の<head>〜</head>タグの中の最後の部分に貼り付けてください。

貼り付けたら一番下の ファイルを更新をクリックしましょう。

スクリーンショット 2015-05-25 20.36.42

 

ここまで完了したら、もう一度Google Search Consoleの所有権確認の画面に戻って 確認ボタンをクリックしましょう。

このような画面になったら所有権の確認が完了しました。

スクリーンショット 2015-05-25 20.53.20

Google Search Consoleへの登録はこれで完了です。

 

サイトマップの登録

続いてサイトマップを作成しておく必要もあります。

サイトマップというのは検索エンジンにウェブサイトの構成を伝えるものです。

これによって検索エンジンロボットに効率良くコンテンツをインデックスしてもらえます。

SEOにおいてもサイトマップは重要なので必ず登録しておきましょう。

 

1.サイトマップを作成する

まずはサイトマップを作成しましょう。

WordPressを使っている人はGoogle XML Sitemapsプラグインで簡単に作ることができます。

>>Google XML Sitemaps

ここからダウンロードするか、プラグインの新規追加画面から検索してインストールすることができます。

Google XML Sitemapsの使い方はAdmin Web 〜Google XML Sitemapsの使い方〜あたりが非常に分かりやすいと思いますのでコチラを参考にしてください。

 

2.サイトマップを追加する

サイトマップが作れたらGoogle Search Consoleで登録しましょう。

メニューから「クロール→サイトマップ」をクリックして サイトマップを追加をクリックします。

そこにサイトマップのURLを該当部分だけコピーして貼り付けます。

サイトマップを送信をクリックすればサイトマップの登録完了です。

スクリーンショット 2015-05-26 1.27.20

 

まとめ

いかがでしょうか。ブログを作ったらただひたすら記事を書きまくるだけじゃなく、分析することも重要です。

Google Search Consoleを使って検索からの流入もしっかり対策を講じましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

5件のコメント

  1. ピンバック: Google Search Consoleの登録 | asanovic1998's
  2. ピンバック: アフィリエイトブログ開設までの流れ。
  3. ピンバック: GDN動的リマーケティングの設定のすすめ(EC編) – リスティング運用1年目の備忘録

コメントを残す