Facebookは2014年11月に「いいね!」を強制させるような仕組みを施すことを禁止しました。

それによって多くのFacebookアプリを利用しているページがいいね!を集めにくくなり、Facebookアプリを提供している会社も業績が傾きました。

巷では「もういいね!には価値がない」と言われてきました。

Facebookでアフィリエイトする人も現在は少なくなっています。

しかし、まだFacebookでビジネスはできるはずだ!と意気込んで今回Facebookアフィリエイトに取り組んでみました。

僕がこの3月4月の2ヶ月間です。

実験的ではありましたが、しっかり毎日記事更新を欠かさず行ないました。

しかし意気込んだは良いのですが、このアフィリエイト手法が見事にコケました。

僕はスーパーアフィリエイターなんかではないので、やってみて失敗することも多いです。

今回もこうやって失敗してしまいましたので、失敗を晒すことでこの恥ずかしさをバネにして成長できたらと思います。

では紹介していきます。

 

今回取り組んだアフィリエイト手法

「98,000」

さて、これは何の数字でしょうか。

 

……

 

…実はこれ、今回使ったFacebookページのいいね!の数です。

2015年3月時点で98,000件のいいねがあったのです。(スクショ撮り忘れていたため、正確には覚えていません)

アクセスを流すには充分な数字でした。

さて、今回行なったアフィリエイト手法は、簡単に言うとFacebookページとトレンドアフィリエイトを合わせたようなアフィリエイトです。

やることは、あらかじめ作ってあるウェブサイトにトレンドの記事を書いていき、その記事URLを、持っているFacebookページに貼ってFacebookページのファンにアプローチをかけ、ウェブサイトにアクセスを流すという作業です。

そのウェブサイトでは、まずつかみの文章が表示され、続きが見たい方は「続きはこちら」という感じでボタンがあるので、それをクリックすると本文が表示される仕組みです。

こういうページってたまに見かけますよね。僕もその手法を使ってみたのです。

その記事に2つ3つアドセンス広告を貼ってあるので、クリックをしてもらえたら30円ほどが広告収入として頂けます。

 

Facebookページのジャンルはノンジャンルのようなもので、基本的になんでも投稿するという形で以前から使っていましたのでトレンド記事のURL貼っても何ら問題はありませんでした。

トレンド記事は毎日6~7個をあげました。(結構大変でしたが)

タイトルや記事にSEOは全く意識していません。

FacebookはGoogle検索に現れないクローズドなSNSなので、Facebookページからの流入が見込めるようにタイトルや記事を工夫しました。

やはり重要なことはファンの方に「読みたい!」と思わせるような記事を書くことですね。

テレビやニュースサイト、はてなブックマークなどから情報を一生懸命仕入れ、2ヶ月間毎日欠かさず記事をアップしていきました。

 

 

結果

泣く

ということで2ヶ月間の成果を発表します。

ですが、Googleアドセンスは収益に関するスクショなどをアップすると規約に抵触する恐れがあるので端的に。

最も多かった日の見積もり収益額は3,198円、最も少なかったのは245円。

だいたい平均すると1日900円くらいでした。

割合としては決してよくありませんね。

1日分記事をあげるのに2~3時間ほどはかかってましたが、それで900円はアルバイト以下ということになります。

ブログなら検索エンジンの評価が上がってくると収益に結びつけやすいですが、Facebookはそうはいきません。

いいね数と濃いファンかどうかが重要になってきます。

 

 

分析

今回の結果を自分なりに分析してみました。

紹介していきます。

 

 

誘導したいサイトへ人は流れない

まず思ったことは、なかなか人は誘導したいサイトへ流れないということです。

この画像を見てください。

スクリーンショット 2015-05-13 17.09.23

ある投稿の詳細なんですが、リーチ数というのはニュースフィードに表示されたユーザーの数です。

この投稿では5,660人に表示されています。にも関わらず、ウェブサイトのリンクURLをクリックしてくれた人の数(Link Clicks)は156人です。割合でいうと、2.7%です。

リーチ数が5,660人というのはちょっと少ない方でした。

平均すると1万人ほどのリーチ数はありました。

1万リーチの時はこちらです。

スクリーンショット 2015-05-13 16.56.30

10,060リーチに対してリンククリック数は398。3.9%。

もちろん投稿内容によっても多少クリック率は変わってきますが、良い反応でも10%までは届かないほどでした。

リーチ数が比較的良かったときの画像も載せておきましょう。

スクリーンショット 2015-05-13 16.59.01

22,552リーチに対して1,672クリック。7.4%といったところです。リーチ数が増えればクリック率も良くなる傾向ですね。

10万近い「いいね!」を持っていて、投稿のリンクURLをクリックしてくれるのは1000人前後なので1%というわけですね。

つまりリンク先を見る人はファンの中の1%なのです。

 

 

リンク先で広告にクリックする人はさらに絞られる

これは当然のことなのですが、ファンの中の1%の人がトレンド記事を訪れてくれてさらにそこの広告をクリックしてくれる人はさらに1%程度になります。

10万人のファンのうち、1%にあたる1000人がリンク先に飛び、さらに1%にあたる10人が広告をクリックします。

単価30円だとしても1記事で300円。1日6記事だと1,800円となります。

単純計算になりますが、こうなりますね。

とはいえ、1000人がリンク先に飛ぶのは良い方です。1万人のリーチが平均的なので1000人よりは少なくなります。

んー、決して良いとは言えませんね。

 

 

リンク投稿をしていると「いいね!」が減った

今回、リンク投稿でウェブサイトへアクセスを流す手法を行なったが、これを続けているとどんどん「いいね!」が減っていきました。

これは2015年5月10日現在のいいね数です。

スクリーンショット 2015-05-13 14.02.25

数にして2000ほど減りました。

通常の投稿をしていた時は伸びていたものが、リンク投稿は徐々に減っていったのです。

今までと投稿が違ったやり方になって、見づらいと思ったファンが離れてしまったのかもしれません。

 

 

まとめ

この2ヶ月間、Facebookと向き合ってきましたが、やはりFacebookは難しいですね。

とはいえ、失敗は糧となるのでこれにめげずに様々な検証をしていこうと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SPONSORD LINKS

3件のコメント

  1. だいたい同じようなやり方で、少し少ないぐらいのいいね数なのですが、月50万ほどの収益です。少しの違いなのでしょうね〜。

    1. あらい様

      月に50万の収益とはすごいですね!確かに少しの違いなのかもしれません。バイラルを生み出すのが僕よりも圧倒的に上手なんですかね^-^

  2. 私も同じような時期、同じようないいね数で月50~60万でしたね。今年に入ってある仕組みを導入したところ数倍にハネましたが。

コメントを残す