あなたはYouTubeで動画を見たことがあるだろうか?

おそらくほとんどの人が見たことがあるだろう。毎日のように見ている人もいるかもしれない。

ちなみに僕は毎日見ている。ほとんど毎日だ。よく見るのは趣味のアコースティックギターの演奏動画や、おもしろ系の動画だ。

YouTubeは大好きで、知らない間に時間が過ぎてしまっていることはよくあることだ。

他の人もそういう経験はきっとあるだろう。

 

そんな大人気なYouTubeでアフィリエイトをし、大金を稼いでいる人がいることもご存知かと思う。

いわゆる「YouTuber(ユーチューバー)」と呼ばれている人たちだ。

代表的な人にはHIKAKINさん、マックスむらいさん、はじめしゃちょーさん、ジェットダイスケさんなどが挙げられる。

彼らは年収数千万円〜1億円以上稼いでおり、子どもたちに間では将来なりたい職業にもランクインしたりと、影響力は底知れない物がある。

そこで今回はYouTubeでアフィリエイトをする方法、また、YouTubeにはどういう使い道があるのかを紹介していく。

実はユーチューバーになる以外にも、使い道はあるということを知っていただきたい。

 

1.YouTubeで広告収入を得る

まずはユーチューバーの人たちの方法を説明しておこう。YouTubeで稼ぐとなるとまずはこれを思いつく。

1−1.どういう仕組み?

ユーチューバーの人たちはどうやって収入を得ているのか?

これは、投稿した動画についてくる広告を見たり、クリックしてもらうことでGoogleから(YouTubeはGoogleが買収済みなので)広告収入を得ているのである。

下の写真の矢印で示した部分がそうだ。

example

 

このタイプの広告はクリックされることで成果発生となる。

動画再生前に流れるCMタイプの広告は最後まで再生されるか30秒以上見てもらえれば成果となる。

動画の再生回数が多ければ多くなるほど、収入にも直結するのである。

 

1−2.どのくらいの収入になる?

収入の目安は「再生回数の10分の1」ほどである。つまり、1万回再生で1,000円。100万回再生されて10万円だ。

こう見ると一個の動画を当てれば大きな収入となりえるのだが、少々割に合わない。

なのでユーチューバーと呼ばれる人たちは定期的に新しい動画を配信していくことで、複数の動画の合計の再生回数で収入に結びつけているのだ。

 

1−3.どうやって始める?

おおまかな流れとしては、

  1. YouTubeのアカウントを作る
  2. ログインし、「収益の受け取り」を有効にする
  3. Google AdSenseのアカウントを取得する(すでにある場合はそのアカウントでOK!)
  4. Google AdSenseとリンクさせる
  5. YouTubeで動画を投稿する際、「収益化」の設定をする

YouTubeでの広告収入はGoogle AdSenseから支払われるのでそのアカウントも取得してリンクさせる必要がある。

詳しいやり方は「Youtubeアフィリエイトの始め方|簡単な動画でも月10万円以上稼げる時代到来!」を参考にすると良いだろう。

 

1−4.収益に結びつけるコツは?

重要なのは「チャンネル登録者数」を増やすことだ。

自分のチャンネルを登録してもらうことで、定期的な配信を届けることができるのだ。

HIKAKINさんのチャンネル登録者数は2015年3月25日現在で157万5000人となっている。ファンが157万人以上いるということになる。

チャンネル登録をすれば、ログインした時にサイドバーにお気に入りとしてチャンネルが登録されるので、すぐに新しい配信もチェックすることができるのだ。

またトップページにも登録したチャンネルの動画も出てくる。

この「チャンネル登録者数」が実質的にファンの数となるのである。

日々、ユーザーが興味を抱くような質の高い動画を提供していくことが大事だと言える。

 

2.YouTubeを集客に使う

movie

ここからは一味違ったYouTubeの使い方を紹介していく。

2−1.「集客に使う」とは?

YouTubeは動画配信であるのでこんなメリットがある。

  • 声や音を届けられる
  • 動きがあるため文章や画像よりも伝わりやすい
  • 生配信もできる

こういったメリットを活かして、メルマガ、ブログ、セミナーなどへの集客に利用しているのだ。

「メルマガではこんなことを日々届けていますよ。よければあなたも登録お願いします」

「次回のセミナーが◯月△日に開催されます。参考までに前回のセミナーの模様を動画にしておきます」

といったように動画を使ってユーザーにアピールしているのだ。

あくまでYouTubeでは収益をあげるわけではなく、集客媒体として利用するのである。

 

2−2.どうやってやるの?

やり方は集客したい先のURLを載せれば良いのだが、そのリンクの作り方は大きく分けて2通りある。

  1. 動画の説明文にリンクを載せる
  2. 動画の中にリンクを載せる

動画の説明文にリンクを載せる

これはその通り、動画の説明文にリンクを貼り付けるだけである。

表示されるのはこの部分だ。

youtube

 

このように説明文にリンクを載せるだけで良いので簡単である。

動画の中にリンクを載せる

動画の中にリンクを載せることもできる。が、こちらのやり方はリンクをクリックしてもらいやすい反面、少し動画の編集技術を要する。

詳しいやり方はこの「YouTube動画中の画像にリンクを貼る方法」で見るのが分かりやすい。

「YouTube動画中の画像にリンクを貼る方法」→ https://www.youtube.com/watch?v=rOI8FmnAZYw

 

3.YouTubeで既存客とのつながりを強める

people

3つめは少し収益をあげる目的とは異なったものかもしれないが、間接的につながりを持つものなので紹介していく。

3−1.「既存客とのつながりを強める」とは?

すでに自身の顧客やファンとなっている人に対して、「私は今こういうことをしています」といったアピールのような形であったり、

「私はこういう人間です」というブランディングであったりを発信して、身近に感じてもらうのが目的。

3−2.どういうメリットがあるの?

メルマガやブログ、SNSなどですでにつながっている人に、生の声や表情を届けることができる。

文字では伝えきれないイントネーションなども動画なら存分に伝えられるところに大きなメリットがあると言える。

自身がどういう考えをしているかというのを最も伝えやすい媒体なのである。

 

まとめ

ここまでユーチューバーたちの稼ぎ方や、それ以外のYouTubeの使い道について紹介してきたが、頭をフル回転させればもっと様々な使い道があるはずだ。

大事なのは、「YouTubeにどういう役割を持たせるか」ということだ。

そこが明確になっていなければ、毎日のよくわからないものをアップしていっても徒労に終わってしまう。

うまくYouTubeを活用して、あなたのビジネスを拡大させていこう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SPONSORD LINKS

コメントを残す