2015年4月21日、Googleの公式ブログにていよいよスマホでの検索結果がスマホに最適化されたページを上位に表示させるという内容が公開された。

世界的にスマートフォンの普及率が急速に伸びているため、Googleとしてもスマートフォンユーザーの満足度は無視できないのである。

スマホユーザーの満足度を高めることで、検索の利用回数を増やし、PPC広告などの広告収益の増加や拡大につなげるのが狙いである。

Googleのこの公開に伴ってこちらのブログでもモバイルフレンドリー(スマホ最適化)とはどういうことかについて紹介していく。

 

モバイルフレンドリー(スマホ最適化)とは?

モバイルフレンドリーとは、ウェブページの表示がモバイル(主にスマートフォン)でも見やすいものであること。

パソコンで表示されるのと同じように表示されるのではなく、画面の小さいスマホでもストレスなく見られるように配慮されているページが「モバイルフレンドリーなページ」と呼ばれている。

具体的にはこれらの基準が挙げられる。

【モバイルフレンドリーなページの基準】

  • ズームしなくても文字が見やすい
  • 縦のスクロールのみで表示されていて、横のスクロールをする必要がない
  • リンクの表示が適切で指でタップしやすい
  • 再生できないコンテンツが含まれていない

 

WordPressを利用している人、ウェブサイトを構築している人などは一度スマホ最適化がされているかチェックをすべきである。

モバイルフレンドリーでないページであれば、今後検索結果が大きく落ちる可能性が高い。

それではビジネスに大きな影響を及ぼすので、ここで紹介する3つの簡単なチェックポイントを見て、サイトをモバイルフレンドリーにしよう。

 

 

【Check①】「スマホ対応」のラベルがあるか見てみよう

まずは実際にスマートフォンから自分のサイトが出てくるように検索をしてみて、「スマホ対応」のラベルがあるかどうか確認してみよう。

スマホ対応

 

この表示があるということはGoogleから「このページはモバイルフレンドリーなページである」と認められている証拠であるので、検索結果に響くことはないだろう。

 

 

【Check②】モバイルフレンドリーテストでチェックしてみよう

Google Developersにおいて「モバイルフレンドリーテスト」があるのでこちらでチェックしてみよう。

ウェブページのURLを入力するだけで分析してくれるのでここでチェックしておこう。

モバイルフレンドリーテスト

モバイルフレンドリーテスト

http://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

 

分析をしてみて、「問題ありません。このページはモバイルフレンドリーです。」と表示が出ればOKだ。

分析

 

 

「モバイルフレンドリーではありません」という表示が出たら最適化対策を行おう。

具体的にどんな部分がダメだったかも教えてくれるのでその部分を修正しよう。

モバイルフレンドリーテスト

 

 

「Pagespeed Insight」というリンクがあるのでこちらをクリックするとどの部分を改善すべきなのかを丁寧に教えてくれているのでここを参考にしよう。

モバイルフレンドリー

 

 

【Check③】モバイルガイドを確認してスマホ表示に対応させよう

スマホ表示に対応させるためにGoogleがウェブマスター向けモバイルガイドというものを提供してくれているので、これを参考にスマホ表示対策をしていこう。

モバイルガイド

 

Googleウェブマスター向けモバイルガイド

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

このモバイルガイドにはスマホ表示の最適化のためにどうすればいいのかが丁寧に書かれているので、参考にして実際に自分のサイトを対応させよう。

特にWordPressを利用している人はスマホ対応がされていないテーマもあるので気をつけたいところだ。

 

 

まとめ

Googleは今年2月から「スマホ対応に力入れていきますよ〜」と言っていたが、この4月21日から正式に動いてくるようだ。

企業の担当者も対応に追われていることだろう。

モバイルフレンドリーテストに合格しても、それはGoogle目線でOKだったので、実際に自分でもスマホから表示を確認して見にくい部分はないかチェックしてみると良い。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SPONSORD LINKS

コメントを残す