SEO界隈でコンテンツが重要と言われてしばらく経ちます。コンテンツの長さ、つまりブログでいうと記事の文字数はどのくらいが良いのかという論争は多く繰り広げてこられました。

少なくとも800文字だ!いやいや1000文字は書こう!念のため2000文字くらい書いた方が良いんじゃない?

様々な憶測が飛び交っていますが、結局のところ、文字数は多い方がSEOに強いんです!文字数はSEOに大きく関係するのです!

 

SEOと文字数の関係

記事の文字数とSEOはどう関係してくるのでしょうか。

Googleの検索エンジンはコンテンツの質の良し悪しを判断しています。なので言ってしまえばコンテンツの質が有用なものであるなら文字数は関係ないと言えます。

しかし、文字数が少なくて有益なコンテンツというのはなかなかないものですよね。なので文字数はある程度多くないと良いコンテンツとはなりません。

それに当然ですが、Googleは信頼性の高い記事を上位にランキングするしようとするので、素人が書く文章よりも専門家が書く文章の方が高く評価されます。

 

 

専門家の方がより詳しく、正確な情報を持っていることは言うまでもないでしょう。

そうなるとやはり多くの情報、正確な情報を持っている専門家の文章というのは必然的に文字数も多いものとなります。

 

文字数が多いことでSEOにどう影響するのか

blog

当然ですが、単に文字数が多いだけでは意味がありません。

コピペや内容の薄い文章を書いて、ただ文字数を稼いだり、話を脱線させまくってたりしていては、文字数が多くても検索上位に表示させることはできません。

 

 

では正当に文字数を多くすることでどうしてSEOに効くのでしょうか。

それは、出てくるキーワードの数に違いが出てくるからです。

1000文字の記事と5000文字の記事では出てくるキーワードの種類や数が大きく異なってきます。

Googleはこういったキーワードの出現をしっかりと見ています。

例えばアフィリエイトに関する記事を書いていたとすれば、パッと思いつくキーワードだけでも数十個は出てくるんじゃないでしょうか。

 

「アフィリエイト」、「SEO」、「アドセンス」、「ASP」、「メルマガ」、「コンテンツ」……

挙げていけばきりがありませんが、こういったキーワードがどれだけ出ているかも重要となってくるのです。

 

 

記事を書くときに気をつけたいこと

ブログ記事を書くときには無理やり文字数を稼ごうとしてはいけません。

必ず文章がおかしくなりますし、それによってユーザビリティから遠いコンテンツになってしまいます。

そうなってしまっては本末転倒なので、第一は記事内容です。

内容がしっかりしたもので、文字数がそれなりに多いものが理想的です。

 

 

どのくらいの文字数が良いの?

タブレット

文字数に関してはコレ!という文字数はないのですが、個人的には4,000文字ほどある記事は十分読み応えのある記事だと思います。

人はだいたい500〜600文字程度を1分で読みますので4,000文字の記事だと7、8分ほどで読み切れます。

僕の考えるSEOに効果的な文字数は4,000文字前後だと考えています。

読み応えのある記事だとそれだけで訪問者の滞在時間の長さにもつながります。

滞在時間の長いコンテンツはしっかり読まれている記事とGoogleも判断します。

結果的にSEOにも効果的というわけです。

 

 

文字数の多い記事を書く3つのポイント

文字数の多い記事を書くためにはいくつかポイントがあります。

基本的なことかもしれませんが、良質なコンテンツを作るポイントとも結びつきますので紹介します。

 

 

【文字数の多い記事を書くときに3つのポイント】

  • 「◯つの方法」、「◯つのポイント」などの数を多くする
  • 例え話を取り入れる
  • 切り口を変えた文章を書く

 

 

「◯つの方法」、「◯つのポイント」などの数を多くする

強引な方法かもしれませんが、効果のあるやり方です。

まとめ記事などでリスト形式の記事を書く場合はその数を多くすると必然的に文字数も多くなります。

3個よりも4個、4個よりも10個リストを増やせば記事の長さにつながり、記事の質にもつながってくるでしょう。

あまり多すぎると書く気が失せてしまう恐れもありますのでその辺りは4,000文字〜5,000文字程度の長さになるほどを目安にすれば良いです。

Chrome拡張機能まとめ|作業が10倍はかどる拡張機能30選」や、

ブログネタに困ったら!?ネタを生み出す22の方法」、

スゴ過ぎ感動!WordPressテーマ『Gorgeous』のスゴすぎるポイント10個!

などはちょっと頑張って数を伸ばした記事ですね。

 

 

 

 

例え話を取り入れる

例え話は話をより分かりやすくするためにも重要な文章技術と言えるでしょう。

うまく例え話を取り入れることで記事自体の文字数にも結びつきます。

ただし、当然ですが例え話を使いすぎるのはよくありません。

全体的に見ると逆に読みにくい文章になってしまう恐れがあります。

小難しい話を自分の得意なスポーツなどと結びつけて話したりしても良いですね。

 

 

切り口を変えた文章を書く

文章を書くときは起承転結を意識して文章を書くと良いと言われますが、”転”の部分でそれまでとは異なった視点から物事を捉えてみると良いですね。

同じ視点、同じ考え方の文章よりも、別の視点、別の考え方の意見もスパイスとして取り入れた方が当然文字数も多くなりますし、断然文章全体の質が高まります。

注意したいのは、あまりにも論点がずれていてはおかしな文章になってしまうということです。

こういった意見もある、こんな考え方もできる、というのを紹介することが重要で、同じ記事内の話ではないようなずれた話にはしないようにしましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

SEOにおいて文字数は関係ないと言われてきましたが、全く関係ないことはないと思います。

もちろん文字数が多ければ多いほど良いというわけではありませんが、良い記事というのはそれなりに文字数が伴っていることも事実です。

「読み応え」という点で見ても、よく言われている1,000文字や1,500文字程度では若干少ないのではと思います。

多すぎる文章も最後まで読んでもらえなくなるので難しいところですが、そのあたりの塩梅はいくつも記事を書きまくって身につけるしかないですね。

 

 


SPONSORD LINK