「SEOって何をどうすればいいの!?」

僕の周りの友人からこんな質問がよく聞かれる。

SEOと言われるとパソコンに詳しい人たちの暗号みたいだと言ってくる人もいる程だ。

そこで今回は「SEO対策の基本」と題して、SEOとはどういうものか、どういう対策をすれば良いのかなどを解説していく。

 

目次

・SEOとは?

・SEOは進化している

・SEO対策の基本

1.キーワードの選び方と使い方

2.タグを正しく使う

3.画像のalt属性を設定する

4.「meta description」、「meta keyword」を設定する

5.サイトマップを作成する

6.SNSボタンを設置する

7.コンテンツの質と量

SEOとは?

Google

まずはSEOというのがどういうものか説明していこう。

SEOというのは「Search Engine Optimization」の頭文字を取ったもので、日本語ではよく「検索エンジン最適化」と表現されている。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンにおいて、自分のウェブページが検索結果の上位に表示してもらえるための施策のことで、多くの企業や個人で取り組まれている。

検索結果で上位に表示されれば圧倒的にアクセス数を確保できるのでビジネスにおいては非常に有利になる。

ウェブページの広告収益にも大きな影響を与えるので、みんなこぞってSEOを勉強し、自分のページを上位に表示させようと必死なのだ。

 

SEOは進化している

グラフ

SEOに関する取り決めは検索エンジンの最大手であるGoogleで決められている。

Googleは世界中にあふれた情報を整理して、より価値ある情報を提供しているウェブページを検索ユーザーに届けることを目的にしている。

そのために検索エンジンロボットもアップデートをすることで進化している。

数年前、「SEOでは◯◯◯が常識だ」と言われていたことは今では使い物にならないということも多い。

 

代表的なのはパンダアップデート、ペンギンアップデートの2つのアップデートだ。

どちらも2012年に導入されたもの。

当時価値ある情報を提供しようとせず、裏技的で悪質なSEO(ブラックハットSEO)によって検索結果が不毛なページで汚されていた。

これではしっかりと整理された情報を届けられないので、パンダアップデートによってコンテンツの内容が価値を持った有益な情報であるかを重要視して大幅に検索結果を変えた。

 

しかしまだブラックハットSEOは行われていた。

検索エンジンロボットはウェブページの被リンク(自分のページのリンクを他のページで貼ってもらうこと)について重要視していて、被リンクの数が多ければ優良なウェブサイトだと判断していた。

そこにつけ込んだブラックな手法として中身のない薄っぺらなウェブサイトを量産し、低質な被リンクを大量につけることで検索上位に表示させた。

そこでペンギンアップデートによって被リンクが低質で大量なサイトを排除し、被リンクの質とやはりコンテンツの質をサイトの価値として判断するようになったのだ。

【パンダアップデート】

コンテンツの質を重要視した

 

【ペンギンアップデート】

被リンクにも質を求め、優良サイトかを判断

 

SEO対策の基本

SEO

SEOについて基礎的な説明をしたところで、続いては実際にはどんな対策を行えば良いのかを解説していく。

WordPressやブログを始めたばかり、SEOについて勉強し始めたばかりという人はぜひ参考にして頂きたい。

1.キーワードの選び方と使い方

まずはSEO対策において欠かせないキーワードについて。

ユーザーはGoogleで検索するとき文章ではなく単語を検索窓に打ち込んでいる。

なのでその単語にヒットさせれば上位表示が可能になってくる。

 

例えば引越しを考えているユーザーがいたとすると、Googleで検索してくると思われるワードは、

「引越し 業者」、「引越し 業者 おすすめ」、「引越し 費用」、「引越し 相場」などが挙げられる。

こういったキーワードをコンテンツのタイトルなどにうまく盛り込ませることが重要なのだ。

ブログタイトルのつけ方はブログタイトル7つの法則〜アクセスはこれだけで伸びる〜を参考にして頂きたい。

ユーザーが検索しているキーワードを調べるならこれらのツールを使おう。

  • 「Googleキーワードプランナー」

https://adwords.google.co.jp/keywordplanner

  • 「goodkeyword」

http://goodkeyword.net/

 

2.タグを正しく使う

続いてはタグの使い方について。

タグは正しく使わないと検索エンジンのロボットが混乱してしまい、SEOにも悪影響が出てしまう。

タグというのはウェブサイトを表示させるためのHTMLという言語の中の、スクリーンショット 2015-04-17 17.13.05のことであり、

これはボディタグという。

特にSEOで正しく使うべきなのは「見出しタグ」である。

見出しタグは「h」で表されるが、h1〜h6まで数字が小さいほど大きな見出しというわけだ。

基本的に「h1=大見出し(記事タイトル)」、「h2=中見出し」、「h3=小見出し」といった形だ。

この記事でいうとh1は記事のタイトル、h2は「SEOとは?」「SEOは進化している」などの部分で、h3は「キーワードの選び方と使い方」「タグを正しく使う」の部分である。

見出しは記事を読みやすくする意味でも重要なので適度に使おう。

見出しで注意すべきなのは順番を前後させないことである。

h2の中でh3を使うべきところをいきなりh3をブッこんできたりするのはタブーである。

これには十分気をつけて頂きたい。

 

3.画像のalt属性を設定する

画像のalt属性はSEOの効果は薄いと言われているが、やらないよりはマシである。

alt属性とはユーザーがウェブページを見たときに何らかの理由で画像が表示されなかった時のためにテキストを表示させるHTMLのパーツである。

スクリーンショット 2015-04-17 17.31.24

WordPressの記事作成画面では「代替テキスト」という形で入力欄があるのでここにテキストを入力しておこう。

画像がパソコンの画像であれば「パソコン」と入力しておけばOKだ。

 

4.「meta description」「meta keyword」を設定する

続いてはメタ関係について。

「meta description(メタディスクリプション)」、「meta keyword(メタキーワード)」とは、サイトの情報を検索エンジンに提供するためのものである。

メタキーワードは「このページはこんなキーワードに関連したものですよ」というのを提供し、メタディスクリプションは「このページではこんなことを書いていますよ」という概要を知らせるものである。

特にメタディスクリプションで書いた文章は、検索結果のタイトルの下に表示されるので必ず設定しておこう。

ディスクリプション

 

 

5.サイトマップを作成する

SEOにおいてはサイトマップは初めの段階で作成しておこう。

サイトマップは検索エンジンにサイトの全容を伝えるものである。

WordPressでは「Google XML Sitemaps」というプラグインがあり、これで簡単にサイトマップを作れるのでオススメである。

このプラグインの使い方はAdmin WebmさんのGoogle XML Sitemapsプラグインの使い方が分かりやすいのでこちらを参考にして頂きたい。

 

6.SNSボタンを設置する

SNSボタンを設置しておくのはSEOの外部対策として重要である。

記事の前後、ウェブサイトのサイドバーなどにSNSを設置しておくことで良質なコンテンツであれば記事の拡散が期待できる。

拡散されることが多くなれば良質な被リンクを得られる可能性も大きくなるので、SNSボタンは必ず設置しておこう。

ペンギンアップデート後、被リンクは重要ではないと言う人も出てくるほど被リンクの重要性が下がったが、それでも良質な被リンクが多くあればサイトパワーにつながる。

良質なコンテンツを提供しているなら、それを効率良く広めるためにSNSボタンは必須のパーツと言える。

SNSボタンは「WP Social Bookmarking Light」というプラグインを使えば簡単に設置できるのでおすすめである。

 

7.コンテンツの質と量

SNSボタンを設置したり、サイトマップを作ったりするよりもやはり最も重要で欠かしてはならないのはコンテンツである。

Googleもコンテンツの質を重要視していることから、ユーザーにとって有益なものを提供し、Googleに認めてもらう必要がある。

しかし、良質なコンテンツも10や20個ほどではなかなか上位表示させるのは難しい。

安定してアクセスを獲得するなら100記事程度は揃える必要がある。

圧倒的な情報量こそ最強のSEO対策と言える。

いろんなウェブサイトを見て、良質なコンテンツとはどのようなものか、どんな構造をしているか、どんな言葉を使っているかを勉強して、SEOの達人になろう。

 

まとめ

「SEO対策の基本」と題して説明をしてきたが、いかがだろうか。

SEOはかなり奥が深いもので学問のようなものだ。

勉強しても勉強してもすべてを知ることはできないくらいだ。

いろんなサイトを参考にして勉強を怠らないようにしよう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SPONSORD LINKS

2件のコメント

  1. ピンバック: SEO対策の基本|最低限行なうべき7つの対策 | アフィリエイト大将軍 | 今速☆ニュース!

コメントを残す