ネットビジネスを始めようと調べていると、SEO対策という言葉を頻繁に見かけますよね。SEOって一体なに?との疑問から解決しながら、基本知識を理解頂くと、これからのネットビジネスに必ず役に立ちますので、ぜひ最後までお読みくださいね。

SEOとは

SEOは「検索エンジン最適化(search engine optimization)」または「検索エンジン最適化業者(Search Engine Optimizer)」の頭文字です。

出典元:https://support.google.com/webmasters/answer/35291?hl=ja

「検索エンジンを最適化する」対策のことを、SEO対策と言っています。では、なぜSEO対策が必要なのかってことですよね。

検索して見てもらわないと、そもそも始まらないってのが、ネットビジネスの難しさであり、醍醐味です。ネットビジネスには、SEO対策は、不可欠です。

理由はたくさんありますが、代表的なものは、以下です。

  • ホームページの順位を上げるため。
  • 検索トラフィックを増やすため。
  • リンクとコンテンツ両方へ対策をするため。
  • 以前はリンク対策のみで効果がありましたが、Googleアルゴリズムが変更されたため。
  • 今後もGoogleの仕様は変わる前提で対策を長期で考えるため。

SEOは、ネットビジネスに必要不可欠なのは、わかったとして、具体的に何に気を付けて、何をしていくべきなのかをまとめました。

 

SEOにはキーワード選定が重要

seo-963269_640

自分が作っているサイトにSEO対策をする場合、まずは「選ばれるキーワード」を選定しているかが、そもそも重要になってきますよね。新宿の美味しい店を紹介しているのに、新宿の評判の悪いお店として自分のコンテンツが上位に表示され閲覧されても、全く見当違いで、見に来た人も二度と見ないことになりますよね。見て欲しい人を想定したキーワード選定になっているかが、見直しの大きなポイントです。

 

月単位でSEO対策をする

常に検索上位になるようにと、日単位で対策をしてしまうなんて人が初期にいるようです。熱が上がって、真剣に取り組む姿勢は、とても素晴らしいのですが、検索上位に来ることが目的になってはいけません。上位に来るのは、あくまでも結果として、定期メンテナンスは行うにしても、過度なメンテナンス(日・週単位)は避けて、せめて月単位にメンテナンスするように心がけましょう。

 

前提条件は良い商品・コンテンツを扱うこと

online-marketing-1246457_640

敢えて書く必要もないと思ったのですが、基本を忘れてしまうこともよくありますよね。改めて振り返って頂く機会があればと思い。

SEO対策云々の前に、まずは、良い商品・コンテンツであることは言わずもがなです。

ここが、欠けているとせっかく訪れた方も、次のステップへ行くことはおろか、再度訪問してくれる可能性も極めて低くなるでしょう。

良い商品なのに、きちんとアピール出来ていない、適切なキーワードが使えていないなど思い当たるようなことがあれば、原石をしっかり磨き上げるところから始めることが大事です。SEO対策は、その次のステップでと考えましょう。

 

巨大サイトに簡単に勝てたりも

SEO対策も所詮オカネでしょ、と思ってる方は、ちょっと思考のエッセンスを変えて欲しいです。有名コンテンツや有名商品には、勝てないそう諦めている人も、思考を変えて欲しいです。インターネットの世界を改めて思い返してください。無限の力に引き寄せられて、なにかをしようとなにかを得たくてSEOが気になるとここに辿り着きましたよね。

検索上位に来るのは、オカネだけではないんです。定期メンテナンス、分析が重要です。競合を知ることももちろん大事です。ビジネスとして成り立たせるわけですから、どんな境遇に自分は置かれているのかも知ることはとても重要です。自信のある商品・コンテンツであれば、長期的な視点で進めれば、巨大サイトも気にすることはありません。

 

充実したコンテンツサイトか客観的に見直す

アナリティクス

これも、SEO云々以前の話しになってしまうのですが、大事なことですので、振り返ってみてください。疑問に思うようなことは、解消されるコンテンツになってますか、決断出来そうなコンテンツですかなど、客観的にこのサイトは満たされているかぜひ分析してみましょう。

 

最後に

今回は、SEOの基本知識についてご紹介しましたが、結局やるか、やらないか、やるからには過ちを何度も繰り返さないと仕事の基本になってしまいます。

そうです、PDCAを回し続けるのが、最短の正攻法です。経験値を上げ、検証を続ける。数字はうそをつきません。定期計測はマスト。

短距離走ではなくマラソンスタイルで実践しても効果が出ないようであれば、オカネをかけて業者を使ってみることも検討する余地がありますが、オカネをかければ成功するわけでもないので、十分吟味する必要があります。

まずは、自ら実践。PDCAを回すことから始めてみては、いかがでしょうか。


SPONSORD LINK

コメントを残す