Googleアナリティクスはブログのアクセス解析では必要なツールの一つになっていますね。

アクセス解析ツールはGoogleアナリティクス以外にもいくつかありますが、その中でも特に細かな分析ができるのがGoogleアナリティクスです。

しかし、細かな分析ができるがゆえ、若干見方が複雑だという意見もあります。

実際僕も直感的なインターフェイスで解析が見られる「Ptengine」と、細かく解析できる「Googleアナリティクス」の二つを利用しています。

Googleアナリティクスはじっくりブログを分析するのにとても役立つと思いますので、今回は初心者向けに最低限抑えておくべき箇所を3点紹介していきます。

 

1.「ユーザー」→「サマリー」

iphone-410324_640

まずは最も見るところですね。Googleアナリティクスの左のメニューバーから「ユーザー」→「サマリー」を選択しましょう。

ここは基本的なアクセス解析情報を見ることができます。

ページビュー数や、平均セッション時間、直帰率など代表的な項目が見られます。

グラフを見てどう推移しているかをチェックしておきましょう。

それぞれの語句説明を簡単にしておきます。

 

セッション

セッションというのは積極的にブログを見てくれた回数です。

一人の人が短時間の間に複数ページを見てもセッションは「1」ですが、30分ほど経ってからまたブログを見てくれた場合はセッションが「2」になります。

 

ユーザー

ユーザーは純粋に、ブログを見てくれた人の数です。同じ人が何ページ見てもユーザーの数は「1」のままです。

ただし、別IP、別端末からブログを見た場合はユーザーとしてカウントされます。パソコンで一度ブログを見た後でスマホからブログを見るとユーザーは「2」となります。

 

ページビュー数

ページビューは見てくれたページの数になります。同じ人でもブログ内の5ページを見てくれたらページビューは「5」となります。

よくブログの媒体としての力を表すのでこの項目は覚えておくべきでしょう。

 

ページ/セッション

これはページビュー数をセッションで割った値です。

人がブログを見てくれた時に何ページくらい見てくれているのかを知ることができます。

1セッションで3ページも4ページも見てくれていると積極的にブログに関わっている証拠となります。

この値が高ければ高いほど、いろんなページを見てくれて、ブログの価値を感じてもらっていると言えます。

 

平均セッション時間

これは何分ブログを見ていたのかという値です。時間が長いほど熟読してくれていることになりますが、一概にこの値が長ければ良いというわけでもありません。

ただ、極端に短い場合はコンテンツを見た瞬間に離れていってしまっていることになりますので、何が悪いのか一度コンテンツをチェックすることをおすすめします。

 

直帰率

直帰率とはユーザーがブログを訪れた際、最初に見たページから別のページを見ずにブログから出ていってしまった割合のことです。

直帰率は低いほうが良いのですが、特別気にすることはありません。

ですが、直帰率が85%や90%にもなるようでしたらブログに対して価値を感じてもらえていない可能性が高いので、サイドバーに人気記事を設置したり、記事下に関連記事を載せたりして、直帰率を下げる策を講じましょう。

 

新規セッション率

新規セッション率とは、ブログに初めて訪れた人の割合のことです。逆に以前に訪れたことのある人はリピーターとなります。

これは一概に率が高いからどう、低いからどうだとかはありません。率が高ければ新規の人たちが多く訪れてくれて、率が低ければリピーター、つまりファンの人が多く見てくれているということになります。

 

2.「集客」→「検索エンジン最適化」→「検索クエリ」

adwords-793034_640

こちらはGoogle Search Console(旧ウェブマスターツール)と同期させることで見ることができる部分ですね。

どのページがどんなキーワードで検索された時に訪問されているのかを知ることができます。

平均掲載順位なども見られるため、しっかりと狙ったキーワードで検索上位を獲得できているかここで確認しておきましょう。

「検索クエリ」というのは検索するときに打ち込まれる単語やフレーズのことです。

キーワードと言われることもありますが、厳密にはこの二つは違うようです。

Google Adwordsヘルプにそのことが書かれてあります。

検索語句とは、Google 検索や検索ネットワークのサイトでユーザーが検索するときに入力する語句やフレーズのことです。一方、キーワードとは、AdWords の広告主様が適切なユーザーに的を絞って広告を表示するために、広告グループに設定した語句やフレーズのことです。

Google Adwordsヘルプより引用」

 

 

3.「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」

この情報も見ておくべきです。

ここでは、ブログ内のどのコンテンツがどのくらい見られているのかを知ることができます。

デフォルトではページビューの多い順にコンテンツが並びますので、どのコンテンツがページビューを稼いでいるのかがわかります。

直帰率や離脱率、ページ滞在時間などもわかりますので直帰率や離脱率が高いコンテンツ、ページ滞在時間が早いコンテンツなどは見直しすると良いでしょう。

アフィリエイトにおいてもアナリティクスのこの項目をチェックしながらページの改善を図るのが良いでしょう。

 

まとめ

今回は初心者向けに最低限見ておくべきアナリティクスのチェック項目をご紹介しました。

全部を理解するのは複雑で難しいですが、最初はこの3点を見ておけばOKです。

徐々にGoogleアナリティクスに慣れていって、細かな情報も見ていけば良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SPONSORD LINKS

コメントを残す