みなさんは検索上位に表示されたいですか!?

僕はされたいです。だいたいの人はそうですよね。

僕の別の方で運営しているブログではいくつかの記事が狙ったキーワードで上位に表示されているのでそっちは嬉しいですが絶対的に検索数が少ないのでPV数にあまり響いていません。

そしてこちらのブログはまだまだです。

こちらのブログは初めてまだ2ヶ月ちょっとしか経っておらず、記事数も現在これが46記事目なのでこれからですかね。

ブログは続けないと話になりませんから(汗)

さて、今回はブログのSEO対策というかデザインというか、テクニックをまとめました。

僕がいろんなキーワード(と言ってもこのブログがアフィリエイト関連なのでそういうキーワード)でGoogle検索をかけ、上位表示されているブログを30個ほど見てみて、どのブログを見ても徹底されているブログテクニックを9個と、どのブログもというわけではないが多くのブログで使われているブログテクニックを5個まとめました。

割合で言うなら9個のテクニックは30個のブログ中8〜9割。5個のテクニックは6〜7割といった感じです。

(いろんな方のブログを見たのでChromeのタブがエライことになりましたね)

検索上位に表示されているブログのほとんどが使っているテクニックです。ブログを作りたてだと言う人は真似してみると良いですよ。

 

 

目次

【徹底されているブログテクニック】

  1. サイドバーに最新記事と人気記事を
  2. サイドバーにソーシャルプラグイン
  3. サイドバーにカテゴリを設置
  4. 記事の前後にSNSボタン
  5. アイキャッチ画像の設定
  6. 見やすい見出し分け
  7. パンくずリストを設置
  8. 運営者情報を設置
  9. 「お問い合わせ」を設置

【多くのブログで使われているブログテクニック】

  1. サイドバーにアーカイブを設置
  2. 記事に目次
  3. 記事下に関連記事を設置
  4. サイトマップを設置
  5. 右サイドバーの2カラムレイアウトが多い

 

1.サイドバーに最新記事と人気記事

どのブログにも必ずと言っていいほどこの2つはありました。

30個のブログのうち、サイドバーやフッター部分に最新記事が設置されているブログは26個、割合にして86%ですね。

また、人気記事を設置しているブログは25個で83%。

名称は様々でしたがやはりこの2つはとても重要なブログパーツのようです。

最新記事の方は「新着記事」、「最近の投稿」、「New Entry」、

人気記事の方は「人気エントリー」、「人気のある投稿」、「よく読まれている記事」などブログによってもその名前は様々です。

最新記事がある意味としてはやはり新しい情報が見たい読者のためと、最近も更新しているよってことをアピールするためですね。

人気記事の意味としては、ここに拡散力の強い記事(バイラルコンテンツ)を置いたり、アフィリエイト成果に繋がる記事を置いたりしてうまく読者を誘導することですね。

 

最新記事においては投稿された日付を表示させてるブログもいくつかありましたが、表示していないブログも多くありましたのでその点はどちらでも良いようです。

人気記事も同様にPV数を表示させているのもあったり、表示させてないのもあったりなのでこの辺りは好みで良いかと思います。

表示させる記事数は少ない方だと最新記事、人気記事ともに5記事ほど、

多い方だと片方に15〜20記事ほどを載せていました。

 

2.サイドバーにソーシャルプラグイン

SNS

ソーシャルプラグインもみなさん設置されていました。

数にして30個中27個のブログでサイドバーに何らかのソーシャルプラグインがありました。割合は90%ですね。

ソーシャルプラグインの種類はだいたいFacebookTwitterGoogle+RSS購読の4種類がほとんどですね。

イレギュラーなところだとフリッカーとか。

これからブログを作る人はこの4つを抑えておけば問題ないでしょう。

 

また、ソーシャルプラグインは記事下に表示させている人も何人かいらっしゃいました。

記事下だけの人、サイドバーと記事下両方の人などもいましたが、ほとんどのブログでサイドバーには必ずソーシャルプラグインがありました。

やはりブログとSNSを連動させることは非常に重要な事なんですね。

 

3.サイドバーにカテゴリを設置

カテゴリは必ずと言って良いほど設置されていました。

数にするとこちらも27個のブログで見られました。90%です。

ただサイドバーにだけという人の他に、サイドバーとフッターの部分に設置している人やサイドバーとヘッダー下のナビゲーションバーに設置している人などがいました。

また、バズ部さんなどはサイドバーには置かず、ナビゲーションバーにだけカテゴリを設置していました。

フッター部分だけにカテゴリを設置しているブログも一つだけありました。

一概にサイドバーに置かなければいけないとは言えませんが、やはり圧倒的にサイドバーに置いてる人が多数でした。

カテゴリも重要なブログパーツということが分かりました。

 

またカテゴリの数ですが、少ない人で7つほど、多い人だと30以上にも分けられていました。

30以上分けてある人は大カテゴリ、小カテゴリと細分化されていましたね。

 

4.記事の前後にSNSボタン

Like me

ここからは記事について。

記事には前後にSNSボタンがありました。

前後どちらかにSNSボタンが入っていた数はなんと30個中30個!! 100%入っていました。

記事の前部分、タイトルの下辺りだけに入っていて、記事の後にはなかった数が30個中2個だけ。 6%。

記事の後にだけ設置されていたのは30個中11個。 36%。

そして記事の前後両方ともSNSボタンが設置されていたブログは30個中17個でした。 割合では56%ですね。

 

記事をシェアしてもらうためのSNSボタンはやはり必須アイテムと言えますね。

記事の前より記事の後の方が設置率が高いのは、記事を読んでもらってそのままスムーズにボタンを押して貰えるのが理由でしょうか。

 

また、記事のページではなく、トップページの段階で記事の人気度を表すためにSNSボタンのシェア人数を表示させているブログもいくつかありましたね。

気になったのは、記事の前後ではなく、SNSボタンを固定コンテンツ(スクロールしてもついてくるやつ)に設置しているブログも3個ほどありました。

これは記事前でも記事後でもSNSボタンがクリックできるということで「両方とも設置」ということでカウントさせて頂きました。

この設定を行なう場合はウェブサイトのデザインを担当するCSSというものをいじる必要がありますね。(JQueryとかも必要なのかな?この辺は疎い…)

 

 

5.アイキャッチ画像の設定

机

続いてはアイキャッチ画像について。

記事の冒頭部にアイキャッチ画像を設定している人も多かったですね。

数にすると30個中24個で80%でした。

これはギリギリ8割をキープ。

アイキャッチ画像はトップページでも表示されるので、設定されているとどんな記事なのかがイメージしやすいですね。

これも重要なブログテクニックです。

また、記事の中でも随所に画像を取り入れていて非常に記事を読みやすくしているものばかりでした。

記事を更新する時は必ずアイキャッチ画像を設定するようにしましょう。

 

6.見やすい見出し分け

見出し分けも記事を書くうえで必須のブログテクニックと言えますね。

見出し分けされていたのは30個中29個でした。96%です。

見出し分けは記事を読み進めていくのに手助けとなるため必ず取り入れるべきですね。

SEOの観点から見ても見出しの部分にキーワードを入れることは重要なのでやはり検索上位に表示されるブログはみんなそういった部分も徹底しているのでしょう。

参考になります。

 

7.パンくずリストを設置

パンくずリストとは自分がそのサイトの中のどのページにいるのかを示したもので、階層構造で表示しているものです。

こんなやつですね。いろんなウェブサイトで見られると思います。

パンくずリスト

パンくずリストを設置していたブログは30個中25個でした。 83%です。

パンくずリストはSEO対策としても必要な要素です。

検索エンジンにブログやウェブサイトの階層構造を伝えることができるので設置しておくべきだと言えます。

「Google|検索エンジン最適化スターターガイド」においてもパンくずリストの重要性が述べられています。

「パンくずリスト」でユーザーの利便性がアップする

パンくずリストとは、ページの上部か下部にある内部リンクを1 列に並べたもので、サイトのナビゲーションを明確にする上 で役立ちます。これを使えば、ユーザーは1つ前の階層やトップペ ージに素早く戻ることができます。 多くのパンくずリストはもっとも左にトップページを置き、詳細 なセクションに入るたびに右側に伸びていきます。

「Google|検索エンジン最適化スターターガイド」

Googleがこう言っています。ぜひ設定しておきたいですね。

 

8.運営者情報を設置

これは当然なのかもしれませんが全てのブログで見られましたね。

場所は様々でしたね。主にはサイドバー、ナビゲーションバー、記事下、フッターなどに見られましたね。どこか分かりやすい場所に一箇所載せていればオッケーでしょう。

あとは運営者情報の中にも自身のSNSボタンを設置している人も多くいました。

ファンを獲得するためにはしっかりと誘導しないといけませんね。

 

9.「お問い合わせ」を設置

運営者情報と合わせて「お問い合わせ」も必ずと言っていいほど設置されていましたね。

ナビゲーションバーに設置されているブログが多数派でした。

運営者と連絡を取りたいユーザーのためにも分かりやすい場所に設置しておくべきですね。

 

 

 

【多くのブログで使われているブログテクニック】

クリエイティブ

ここからは6割前後のブログで見られたブログテクニックを紹介してきます。

僕個人的には特に最後のが印象的でしたね。

 

1.サイドバーにアーカイブを設置

アーカイブを設置しているブログもいくつか見られましたね。

アーカイブとは月別にどれくらいの記事をアップしたかなどを確認できるもので、パシさんのアフィリエイト野郎のようにフッター部分に設置している人もいらっしゃいますね。

スクリーンショット 2015-05-06 15.47.37

アフィリエイト野郎より引用)

 

主にはサイドバーに設置している人が多かったです。

これは過去記事にさかのぼりやすいというメリットがあります。

また、ブロガーにとってはそのブログが単月にどれだけの記事をアップしているのかを見ることもできますね。アフィリエイト野郎なんてひと月に192記事とかいうのがありますね。

恐ろしい。1日に16記事もアップしている日もあります。

ブログはどれだけ記事を書くかということを教えられているようです。

 

2.記事に目次

記事に目次を入れている人も結構いらっしゃいました。

タイトルがあって、アイキャッチ画像があって、つかみの冒頭部分があって、「さて本題に入っていきます」という前に目次を置いてますね。

僕もこの記事では目次を書いてみました。

やはり記事の文量が多くなったり、見出し分けの数が多くなったりする場合は目次を効果的に使うのが良いですね。

見たい部分に飛べるようにページ内リンクを貼っておくとなお親切ですね。

WordPressを使っている人は「Easy Smooth Scroll Links」というプラグインを使えば簡単にページ内リンクを作ることができますよ。

実際に僕もこのプラグインを使っているのでオススメできます。

 

3.記事下に関連記事を設置

記事下の部分にはブログによって結構様々に設置物が変わっていましたが、半分くらいのブログで「関連記事」が見られました。

アフィリエイト関連のブログだと、「こちらの記事を見るとさらに力がつきます」というようにさり気なく関連記事に誘導するように施策を講じていたりしていましたね。

記事を読んだ後の部分はやはりユーザーがアクションを起こしやすい場所であるのでSNSボタンだったりAdSense広告だったり、関連記事だったりを設置しておくべき場所だと言えますね。

関連記事を設置しておくことで訪問者の直帰率(一つのページだけを見てサイトから出たり、ブラウザを閉じたりする割合)を下げる効果もあるのでしょう。

 

4.サイトマップを設置

ブログによってはユーザーのためのサイトマップを設置しているものもありました。

サイトマップは2種類あります。

検索エンジンにサイトの構造を分かりやすく教える「検索エンジン向けサイトマップ」と、ユーザーがそのサイトを効率よく閲覧できるようにまさにサイトの地図のようにしてくれている「ユーザー向けサイトマップ」の2種類です。

僕がココで言う、多くのブログで見られたサイトマップというのは後者のほうです。

サイトマップはヘッダー部分か、タイトル下のナビゲーションバーに多く見られました。サイトマップはページの上部に設置しておけば良いみたいですね。

サイトマップの中身はカテゴリごとの記事や、階層構造で分かりやすく表示されていました。

 

5.右サイドバーの2カラムレイアウトが多い

タブレット

最後のこれは僕が思ったことなんですが、右サイドバーの2カラムレイアウトにしているブログがかなり多かったですね。

僕のブログも同じレイアウトで行なってはいますが、やはりこのレイアウトがSEO的に良いのでしょうか。

おそらくSEOに関しては大きな意味はないとは思いますが、強いていうならソースを読み込ませる時にヘッダーの次にコンテンツ部分が来る方が検索エンジンのロボットには優しいんではないかと思いますね。

左サイドバーだと「ヘッダー→サイドバー→コンテンツ→フッター」、

右サイドバーだと「ヘッダー→コンテンツ→サイドバー→フッター」となりますからそういった点から右サイドバーの2カラムにしている人が多いのではないかと思います。

左サイドバーにしてもHTMLをいじってコンテンツ部分を先に持ってくることもできますので左サイドバーの人も重要なコンテンツ部分を早く読み込ませることはできます。

こういった細かな部分でも理にかなったレイアウトになっているんですね。

3カラムが少ないのは単純にメインコンテンツの部分が小さくなっちゃって見づらいからだと思います。

僕もこのブログを作るときに3カラムはまず除外しました。

 

まとめ

いかがでしたか。

ブログ運営にもテクニックがあるのですが、やはり検索上位に表示されるようなビッグブログはみな似たようなテクニックをしっかり押さえていました。

今回のテクニックは主にデザインだったりレイアウトだったりの部分でしたが、もっと細かく言えばタイトルの付け方、記事の書き方、画像の使い方などなどたくさんテクニックを持ってらっしゃると思います。

おもしろい!と思ったブログはブックマークに入れたりFeedlyなどのRSS配信に登録したりして逐一チェックし、研究していくことが大事だと言えますね。

最後に言わせていただきますが、この記事から「ですます調」で書くことにしました。今までは「だ、である調」で書いていましたが、やはりこの書き方では自分の主張などが書きづらいので、

急ですが「ですます調」で書いていきますので引き続きよろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す