バイナリ―オプションは、リスクが小さい、わかりやすい、利益も損も確定しやすいなど言われており、最近急上昇中の金融商品です。

特に、海外バイナリ―オプション業者が人気で、書き込み内容も多義に渡ります。
特に、詐欺などの書き込みや金融庁からも注意喚起されたりしていますので、始めるなら注意が必要です。

そこで、今回はオススメ業者を紹介してみようと思います。
特に、海外業者と国内業者の双方視点で紹介し、選択の幅を広げてぜひデモでやるのももちろんですが、実際に手続きなど経て、取引までやって頂きたいです。

そのために、悩まれるであろうポイントもクリアできる内容にてまとめていますので、参考にしてみてください。

 

バイナリーオプションとは

wikipediaによると、このように書かれています。

バイナリーオプションとは:

バイナリーオプションは為替金融商品の一種である。一般的な株式や外国為替証拠金取引(FX)は、値段が「上昇する」か「下落する」かを予測し、その後の「値動き」に応じて「利益か損失」が確定し、その「値幅」に応じて「損益金額」が変動する。

バイナリーオプション取引の「ハイ・ロー」も、値段が「上昇する」か「下落する」かを予測し、その後の「値動き」に応じて「利益か損失」が確定する点は同じだが、「損益金額」は「値幅」によって変動することなく固定される。またレバレッジが無いので追証が無いのも特徴。よって、「最大損失額」を限定して取引できる。
ただ、国民生活センターは「一見すると簡単な取引に見えるが、リスクの高い取引である。短期間に繰り返し取引した場合、損失額が大きくなるおそれがある」と警告している。
出典元:Wikipedia「バイナリーオプション

まとめると、為替金融商品の一種でFXとは異なり、損益金額の値幅が変動ないため、損失額もわかるため安心。

デメリットとして海外業者は詐欺が多いため、注意・見極めが必要です。

 

デモ口座を利用

詐欺が多く見極めが大切となると、なかなか積極的に取り組もうと思えなくなりますよね。そこでどの業者もデモ口座を利用して取引ができるので、特に初心者にはおすすめです。

もちろん資金は不要ですし、破産しても再挑戦が可能なので安心です。

そこでの勝率の気持ちで、本取引にいこうとは思わないようにしたほうが賢明です。あくまでもデモですので、勝ちやすく操作されているかもしれないと思いながら本取引を進めるようにしましょう。

金融商品全般に言えますが、冷静さを失わないことも大事なポイントの1つです。

 

オススメTOP3【海外業者】

海外業者の大きなポイントは、クレジットカード入金・出金期間・口コミ・警告書の発出を行った業者かどうかです。

※警告書の発出・・・金融庁ホームページで最新情報が確認できます。

 

1. ハイローオーストラリア

出典:ハイローオーストラリア

~特長~
日本円の即時出金サービスあり。
ASICライセンスを取得し、監督下にある金融業者。
日本人による丁寧な日本語の電話サポート。
口座開設+取引でボーナスを獲得できる場合あり。

ペイアウト2倍、最低入金5,000円、取引額1,000円から利用可能なため始めやすい。
初心者でも利益が出やすいとの口コミも見かけます。

 

2. Yバイナリ―

出典:Yバイナリー

~特長~
最高400%のリターンで一口1,000円からリアルタイムトレードが可能。
業界最高倍率100%ペイアウトでハイリータン。
ライブチャットができ、いつでも気軽に問い合わせができるサポート体制。
日本語の学習センターがあるので、基礎からバイナリ―オプションを習得可能。

ライブチャットなど、丁寧な対応が魅力。
また、約2時間で払い戻しが完了する場合もあり、出金にも良心的。

 

3. オプションビット

出典:オプションビット

~特長~
オプションビットだけの専用シグナル予想ツール『アルゴビット(Algobit)』が使える。
最低入金額1万円・最低取引額1,000円と低コストで始められる。
ライブチャット・コールバックサービス・LINEなどすべて日本語サポートで充実。
無料研修ビデオを展開。

LINEなど日本人向けの取り組みにも積極的なところが魅力。
出金に1週間程度要するので、事前の確認が必要。

 

海外業者は、どれも悪質とは限りません。
ただ、金融庁管轄でないとなると、なにかと金融トラブルにおいて、よりリスクを自分で負わなければいけない、覚悟が必要です。

元本保証型ではないので、国内外業者関係ありませんが、どうしても不安という方向けに、国内業者のご紹介をしますね。

 

オススメTOP3【国内業者】

国内業者の大きなポイントは、信用力・手続きに時間がかかる・マイナンバー登録が必要です。パッとみた感じ、デメリット情報が多いような感じですが、金融庁管轄で管理・経営されているという信用力は絶大です。
そのために本来、手続きを取らなければいけない書類・期間と考えると、海外業者は開始までは簡単、その後が不安と対極関係にあるといえるでしょう。

 

1. GMOクリック証券 ―外為オプション―

出典:GMOクリック証券 ―外為オプション―

~特長~
1,000円未満で取引可能。
スマートフォン専用アプリで取引可能。
預けて安心、信託保全。
充実の総合サービス。

最大の魅力は、外為オプション以外にも、株式や先物・オプション・FXなども取り扱う証券会社ということでしょう。

外為オプションの結果を待ちながら、日本株への投資やFX取引など、資産を有効活用できる取引環境があります。

 

2. YJFX! オプトレ!

出典:YJFX! オプトレ!

~特長~
業界最多の8通貨ペア。
選べるオプションタイプ。
専用ツール・アプリでスムーズな取引が可能。
初心者も熟練者も納得の取引環境。

親会社がヤフー株式会社となると、信用度が増すのではないでしょうか。特に、100%の子会社のため、しっかりした管理下での事業会社という印象があります。

また、「お客さまの声一覧」を公表して、改善に取り組んでいます。顧客中心主義を感じるので、使ってみようかなと思う商品ですよね。

 

3. みんなのバイナリー

出典:みんなのバイナリー

~特長~
通過ペアは3種類。
取引は、3ステップで準備完了。
取引画面で最新のニュース、経済指標の予定がチェック可能。
みんなのFXも取引でき、画面切替や資金振替が瞬時に行えます。

iPhone、Android、iPadに完全対応しているので、モバイル利用向けには安心して取引できるように強化されています。

 

国内業者の取引に適した時間

取引ができる時間帯は会社によって異なっていて、24時間取引の出来るところもあります。海外業者同様、好きな時に、空いた時間に取引ができるのは、大きな魅力の1つです。

ただ、取引する時間によって値動きが違うことは頭に入れたほうが賢明です。現在の為替相場は、各国の金融政策の影響を受けやすいという特徴があります。

特にアメリカの影響は、最も大きいです。
雇用情勢によって相場が動く状態になっていますので、政府発表の雇用統計などには、注目するとともに、急騰あるいは急落が激しい期間ということを理解した方がいいでしょう。

これらと時差を加味しながら、適した時間を探し出すと、勝率がアップするでしょう。

 

ゲーム感覚

FXよりもゲーム感覚が強い金融商品です。
二者択一というのが、初心者でも経験者でも取引方法に変わりがないというのがシンプルでわかりやすいですよね。

FXや株をやる前にまず始めてみたいと思う金融商品のため、最近注目されています。

FXや株のように仕事中に気になったらしょうがないという状況にはならないので、空き時間を有効に活用できるのも、はまり過ぎなくていいですよね。

 

いつでもリターンが狙える

相場の上げ幅が大きくても小さくても一定のペイアウト額なので、相場があまり動かない場合でもリターンが狙えるのが嬉しいですよね。

バイナリ―オプションはFXよりコツコツ稼ぐイメージが強いので、一攫千金より積み重ねが好きな人に向いている商品といえます。

さらに、1,000円という少額で気軽に挑戦できるのが楽しいですよね。

 

2chの情報もうまく活用を

2chと聞くとあまりよくイメージしない人もいますが、バイナリ―オプションはいかにたくさんの情報を仕入れるかというのがポイントになりますので、2chだからといって毛嫌いする必要はまったくなく、むしろその情報もうまく利用する価値があるといえるでしょう。

スレッド内には意外と親切な人が多く、新しく始めようと思っている人には丁寧に説明をしてくれたりします。

まずは閲覧するところから始めて、情報に偏りなく世界情勢をつかむのも1つの方法です。

経験者に習えではないですが、2chの溢れる情報から成功事例・失敗事例を自分なりに情報を分別し、使える情報はどんどん取り入れてみましょう。

 

最後に

バイナリ―オプションは元本保証型ではありません。まずは、ここをしっかり理解して始めることが重要です。特に、株などやったことがない人からすると抵抗があるかもしれません。ある程度の情報は必要ですが、インターネットに溢れる情報をすべて鵜呑みにしていると今度はチャレンジする意欲がなくなってきます。

とっかかりの情報はほどほどにまずはやってみることをおすすめします。特に資産が心配などであれば、まずは国内業者の1,000円から始められるところからスタートしてみるのもいいかもしれません。

すぐに始めたい人は海外業者のほうが手続きがラクですよね。FXなど国内業者を利用している人は、簡単な手続きですぐに始めることもできますので該当している業者があれば、確認してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す