最近、バイナリ―オプションという言葉をよく聞きますよね。投資関係を考えようと調べてると出てくることが多いかもしれません。
調べていると、簡単、短期取引など初心者向けの言葉が並んでいる反面、詐欺や海外業者には気をつけてなどの文面を見ることもあります。
バイナリ―オプションは、簡単に始めることができるのでしょうか。
安全でしょうか。
買った分は、きちんと出金できるのでしょうか。
勝ち負けは、すぐ決まるのでしょうか。
皆さんが気になることを中心に今回は、わかりやすくご紹介しますね。

 

バイナリ―オプションとは

bank-note-209104_640

バイナリ―オプションは、金融派生商品です。金融工学を駆使して作られた投資商品のことを指しますが、簡単に言うと、「オプション取引」という金融商品であることを理解してもらえればわかりやすいですね。

その「オプション取引」は、「権利を売買する取引」のことです。
例えば、「米ドル/円を1時間後に100円で購入できる権利」を売買する。これがオプション取引と言えます。
その取引が、1時間後や2時間後、はたまた1分後かが、業者選びのポイントの1つになってきます。
国内業者は、金融庁管轄ということもあり、数分後などという取引はありません。
比較的早く結果を知りたいというのであれば、海外業者が選択肢と出て来ます。

 

バイナリ―オプションのメリット

いろんなメリット・デメリットがありますが、特に強調したいメリットは、証拠金取引(レバレッジ)がないので、取引開始時に最大損失額が確定できます。
安心した投資が可能で、FXのような最悪の場合、借金を抱えてしまうことがないのが魅力です。
また、正しい知識を身につけることで、ハイロー取引など、勝敗率が50%ずつの勝率を上げることができ、勝ちやすくすることもできます。

 

具体的な始め方

始めるにあたって、どの業者も手続き方法は大きく変わりませんが、海外業者の例を中心にご紹介します。

 

業者を決める

computer-506756_640

いろんな業者がありますから迷いますよね。業者比較など検索すれば、代表的な業者についての案内がありますので、そちらでより細かく比較頂くことをオススメしますが、ほとんどの証券会社では、インターネットからの口座開設でキャッシュバックなどのキャンペーンを実施しています。このキャッシュバック分を投資に回すことができるので、ぜひキャンペーンなどをうまく利用して、登録するきっかけを作りましょう。
また、1つの業者にこだわる必要はありません。
いくつか口座を作ってみて、比較しながら絞り込んでいくのもいいかもしれません。

 

口座開設手続きをする

国内業者は、確認書類やマイナンバーの提出が必要ですが、海外業者は、インターネット手続き5~10分で完了します。
日本語での記入例なども用意されているサイトがほとんどですので、あまり心配する必要はないです。
初めての人向けには、「ハイローオーストラリア」をオススメします。
なお、オーストラリア金融庁の規定がありますので、日本で銀行口座を作成する時と同じで、本人確認書類(免許証、パスポート、住基カードなど顔写真が載っている確認書と、電話ガス水道などの公的な郵送物の両方)(保険証は顔写真が載っていないので不可です)
が規定通りに提出されていないと口座を作る事ができないので、本人確認書類は必ず提出しましょう。

 

開始にあたって入金する

口座開設が完了すると、すぐに取引開始が可能です。そのために、入金が必要です。
海外業者の場合、入金は、銀行振込よりクレジットカードで入金手続きができるので、簡単で便利です。

 

取引開始

お金

いよいよ開始ですが、デモ取引を終えていたとしても、実際の体験は、まず、取引最低金額で始めることが望ましいです。
少額取引で練習しながら経験を積みましょう。
口座を作るので、燃え尽きてしまったということがないよう、まずリアル取引してみましょう。

 

取引の種類

海外業者は、短期取引が最大の魅力ですよね。
また、購入ボタンを押した時点から数分後に高いか?低いか?たったそれだけです。
取引することに大切な知識は、特に必要ありません。
数分後も、業者によって、1分後なのか3分後なのか、確認することもオススメします。
定番、基礎中の基礎は、「ハイロー」タイプですが、他にも種類がワンタッチ型、レンジ型、などありますので、自分に合った取引方法を探してみるのもいいでしょう。

 

最後に

バイナリ―オプションの始め方は、いかがでしたでしょうか。
思ったより、簡単に始めることができるんだと思われたのではないでしょうか。
海外業者、特に簡単で手続き時間もそれほどかかりません。
クレジットカードは、インターネットショッピングでも、必須アイテムになっていますので、インターネットを活用されている皆さんには、馴染みやすい取引です。
ただ、業者選びを間違えると、詐欺にあったり、詐欺まがいなことがあったりする報告も金融庁のホームページで確認できますので、事前に確認したうえで、口座登録なども進めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。