ブログアフィリエイトをしていくうえで、単純に記事を書いていくだけでは成果にはなかなか結びつかない。

成果に結びつけるためのコンテンツを作らなければならない。

このページの出来によって成約率は大きく変わってくるからいつも以上に力を入れて作る必要がある。

100人がこのページを訪れて5人がアクションを起こすか10人がアクションを起こすかはそのそのコンテンツの魅力度にかかってくる。

これから紹介する「成果につながるコンテンツの作り方」をしっかりと実践して成果に結びつけていただきたい。

 

 

1.インパクトを持たせたタイトル

title

まずは記事に訪問してもらわければいけない。

読むか読まないかを判断されるのはタイトルである。

タイトルに抜群のインパクトを持たせなければ成果を挙げたい記事が他の記事に埋もれてしまう。

タイトル付けに関してはホッテントリメーカーを参考にするのも良い。

タイトルをつけるときに心がけたいのはこの3つだ。

【インパクトを持ったタイトルのつけ方】

  1. 数字をうまく使う
  2. 簡単さをアピールする
  3. 逆説表現を使う

 

1−1.数字をうまく使う

タイトルには必ず数字を入れよう。

数字を使うことで一気に具体性が増す。

「簡単にできるダイエット方法」よりも、

「2ヶ月で簡単に10kg落とせるダイエット方法」

の方がユーザーはイメージがしやすくどんな方法なのかと読んでみたくなる。

 

1−2.簡単さをアピールする

「◯◯するだけ!」「◯◯の必要なし!」

といったように内容の簡単さをアピールすることも重要だ。

読み手はすぐにできるものでなければ取り掛からない。

ユーザーの負担をできるだけ取り払うという意味でも簡単であることはしっかりとアピールしておきたい。

 

1−3.逆説表現を使う

逆説は強いインパクトを持たせることができる。

「お腹いっぱい食べられる裏ダイエット術」

「パソコンなんていらないネットの稼ぎ方」

このようにユーザーに「ん!?」という疑問を持たせるような逆説表現のタイトルは、ユーザーを記事に引き込んでくれる。

うまくこの表現方法を使ってみよう。

 

2.内容に沿ったアイキャッチ画像

eye catch

 

アイキャッチ画像は重要な要素の一つである。

人は文字だけでは何について書かれているのか理解するの時間がかかり、画像はその手がかりとすることができるのだ。

視覚的に一瞬で判別できるのは画像である。

内容に沿った画像を記事の最初に入れておくことで、スムーズに記事を読んでもらおう。

また、アイキャッチ画像は記事で投稿した時にどのように表示されるのかしっかり確認をしておこう。

 

3.読み手の心をつかむ一文目

タイトル、アイキャッチ画像と来たら次は一文目に力を入れよう。

読み手がタイトルで読む気になって、アイキャッチ画像で簡単にイメージをしてもらい、一文目は読み手の心をつかむようなものにしよう。

一文目の出来次第で、その後を読んでもらえるかが分かれるから非常に重要なポイントでもある。

有効的な言葉としては、読み手の心情を表現した言葉であったり、タイトルで逆説表現を使ったのならそれを再度強調するように使うのも良い。

【例】

  • 「食べながらダイエットなんてできるのか!?」と思っていませんか?
  • 「ネットビジネスにもはやパソコンはいらないんです。」

 

4.この記事を読むことで得られるメリットの説明

続いては一文目からつながるように、記事のトップ部分で「この記事を読むことでどんなメリットを得られるか」を説明しよう。

記事のトップ部分とは見出し分けが始まるまでの最初のつかみの部分である。

ここで簡単にでもしっかり伝わる説明をしておく必要がある。

読み手が抱えている悩みを解決できるという内容だったり、「こんな情報を得られますよ」という内容だったり、記事に合わせてここは適切に簡潔に説明しよう。

また、その記事がどのくらいの労力で読みきれるのかを書いても良い。

「この記事は3分あれば読めます」

と書いたり、長い文章になる場合は

「お仕事の休憩中など、ゆっくりできる時に読んでみてください」

といったように伝えると良い。

 

5.成果につなげたい広告の概要

mac

記事のトップ部分で説明をしたら、記事を書いていこう。

その際、広告をどこで差し込むか、あらかじめプランニングをしておいて、その前の段階で成果につなげたい広告の概要を説明するようにしよう。

大まかにどういったことを伝えるべきかをまとめておく。

  • どういった商品か
  • その商品がしっかりしたものであること
  • 商品の良い点と悪い点
  • どのくらいの価格か
  • 商品を購入(登録・申し込み)するにはどういう手順で進めるのか

これら全てを盛り込めばいいというわけではないので、その商品に合わせて説明をしていこう。

 

6.ユーザーがアクションを起こすことで得られるメリットの説明

good point

これも重要な説明の一つだ。

ユーザーはその広告の商品を購入(登録・申し込み)をすることでどんなメリットが得られるのかを説明する必要が有る。

これを的確に伝えられれば成果につながってくる。

ここで伝えたいことをまとめると、

  • こんなことができる
  • 以前よりも時間を短縮してできる
  • 以前よりも簡単にできる
  • 悩みを解決できる

これも商品に合わせて説明をしよう。

 

7.記事に自然に溶け込ませた広告

ここまで来たらしっかりと広告商品の説明ができていることだろう。

あとは不自然にならないように広告リンクを貼ろう。

それと、リンクを貼るときは青文字に下線をつけよう。

人は無意識のうちに青い文字はリンクだと思い込んでしまう。

また、バナー広告を貼る場合も記事の文章の中に貼ったので良い。

広告の貼り方でも成約率は変わってくるので、一度公開した記事でも後から広告位置を変えたりして最も成果が出るように試行錯誤してみよう。

 

まとめ

いかがだろうか。

記事をただ書いていくだけではなかなか成果には結びつかない。

成果につなげたい記事はそれなりに凝ったものにしなければならない。

また、成果記事に誘導するために他の記事の下に関連記事として表示させたり、サイドバーの人気記事に表示させたりしておくことも重要なことである。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SPONSORD LINKS

コメントを残す